『渋谷キャスト4周年祭』開催 齋藤精一らが登壇するトークセッションも

『渋谷キャスト4周年祭』が4月24日、25日に東京・渋谷キャスト ガーデン、オンラインで開催される。

昨年の3周年祭は緊急事態宣言下において開催を断念したが、今年は人々の行動様式や街の在り方が見直されている中、日常から離れて街に出ることで街の在り方を考え、新たな気付きが得られるような企画を展開。

渋谷キャスト ガーデンで展開される『PLAY DISTANCE』では、広場に現れた小屋や様々な道具を使い、ディスタンスという制限を遊びに変えて楽しむイベントを実施。「みんなのダンボールマン」によるディスタンスを楽しむワークショップも行なわれる。

渋谷キャスト スペースから配信される『202X URBAN VISIONARY vol.7』では、ディベロッパーやクリエイターなど様々な立場のスペシャリストたちによるワークショップを非公開で行なった後にトークセッションを開催。司会の齋藤精一(パノラマティクス)をはじめ、後藤太一(リージョンワークス)、山本恵久(日経クロステック、日経アーキテクチュア)、田中陽明(春蒔プロジェクト、co-lab)らが登壇する。参加申込はPeatixで受付中。

  • HOME
  • Life&Society
  • 『渋谷キャスト4周年祭』開催 齋藤精一らが登壇するトークセッションも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて