フランソワ・オゾン最新作『Summer of 85』第1弾予告編&ビジュアル公開

フランソワ・オゾンの最新作『Summer of 85』の第1弾予告編とビジュアルが到着した。

8月20日から公開される同作は、オゾンが17歳の頃に出会い、影響を受けたというエイダン・チェンバーズの小説『Dance on my Grave』を映画化したもの。1人で沖に出た16歳のアレックスが、突然の嵐に見舞われて18歳のダヴィドに救助され、やがて2人は恋愛感情で結ばれるが、不慮の事故によりダヴィドとの永遠の別れを迎えるというあらすじだ。アレックス役にフェリックス・ルフェーヴル、ダヴィド役にバンジャマン・ヴォワザンがキャスティング。

THE CUREの楽曲“In Between Days”が使用された予告編には、アレックスがダヴィドに恋心を寄せる様子や、バイクで2人乗りをするシーン、「彼を拒めるはずがなかった、ほんの一瞬も離れたくなかった、それでも満たされなかった、愛していたから」というアレックスのセリフ、アレックスとダヴィドが喧嘩をする場面などが映し出されている。

ビジュアルでは「あの夏の君を、心に刻んだ」というコピーと共に、アレックスがダヴィドの肩に顔を寄せる様子が確認できる。

フランソワ・オゾンのコメント

いつか長編映画を監督する日がきたら、その第一作目はこの小説だと思った。

作品情報

『Summer of 85』

2021年8月20日(金)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国で順次公開
監督:フランソワ・オゾン 原作:エイダン・チェンバーズ『Dance on my Grave』 出演: フェリックス・ルフェーヴル バンジャマン・ヴォワザン ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ メルヴィル・プポー 配給:フラッグ、クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • フランソワ・オゾン最新作『Summer of 85』第1弾予告編&ビジュアル公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて