神木隆之介、中村倫也らが声の出演 映画『100日間生きたワニ』予告編

上田慎一郎、ふくだみゆき監督のアニメーション映画『100日間生きたワニ』の予告編が到着した。

5月28日から公開される同作は、きくちゆうきが自身のTwitterアカウントで100日間連続投稿した4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』をもとにした作品。神木隆之介演じるワニ、中村倫也演じるネズミ、木村昴演じるモグラ、新木優子演じるセンパイらが織り成す物語を描く。上田慎一郎監督は、制作が始まった矢先にコロナ禍によって世界が一変したことに伴って脚本を大きく書き直し、タイトルを『100日間生きたワニ』に変更した。

いきものがかりの書き下ろし主題歌“TSUZUKU”を使用した予告編では、車に轢かれそうになる鳥、桜が舞い散る中で宙を舞うフォトアルバム、画面が割れたスマートフォン、ワニ、ネズミ、モグラ、センパイ、映画オリジナルキャラクターのカエルらの日々、「愛おしかった、当たり前の日々」「もう『君』がいいない」「ワニが生きた100日と、それから100日後の物語」というコピーなどが確認できる。

作品情報

『100日間生きたワニ』

2021年5月28日(金)から全国公開
監督・脚本:上田慎一郎、ふくだみゆき 原作:きくちゆうき『100日後に死ぬワニ』 コンテ・アニメーションディレクト:湖川友謙 主題歌:いきものがかり“TSUZUKU” 音楽:亀田誠治 アニメーション制作:TIA 声の出演: 神木隆之介 中村倫也 木村昴 新木優子 ファーストサマーウイカ 清水くるみ Kaito 池谷のぶえ 杉田智和 山田裕貴 配給:東宝
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 神木隆之介、中村倫也らが声の出演 映画『100日間生きたワニ』予告編

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて