リー・シンジエと阿部寛が共演、トム・リンが贈る映画『夕霧花園』7月公開

マレーシア映画『夕霧花園』が7月24日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

『第56回金馬奨』最優秀スタイリングデザイン賞を受賞し、『第15回大阪アジアン映画祭 』オープニング作品に選出された同作は、タン・トゥアンエンの小説『The Garden of Evening Mists』をもとにした作品。マレーシア史上2人目の女性裁判官ユンリンは、かつて愛した中村有朋が「山下財宝」の秘密を握るスパイ疑惑をかけられていることを知り、彼の潔白の証拠を探すことを決意するというあらすじで、日本軍の占領によって主従関係にあった日本とマレーシアの因縁を超えて惹かれあう2人の姿を、1940年代、1950年代、1980年代の3つの時間軸を通して描く。「山下財宝」は終戦時に日本軍が埋めたとされる埋蔵金。

ユンリン役をリー・シンジエ、庭師で芸術家の中村有朋役を阿部寛、1980年代のユンリン役をシルヴィア・チャンが演じるほか、ジョン・ハナー、ジュリアン・サンズ、デヴィッド・オークス、タン・ケン・ファ、セレーヌ・リムが出演。トム・リン監督がメガホンを取り、脚本をリチャード・スミス、音楽をオン・サンが手掛けた。

今回の発表とあわせてビジュアルと場面写真が公開。ユンリンと中村の姿が写し出されたビジュアルには「交差する記憶と終わりの想い」というコピーが添えられている。

トム・リン監督のコメント

この度、『夕霧花園』がようやく日本で公開される運びとなり、大変嬉しく思っています。過去3作品にわたって私の映画が日本で公開されてきましたが、今回が一番興奮し、また同時に緊張もしています。
激動の時代の禁じられたロマンス──『夕霧花園』はそんな重厚な題材を扱っていますが、その中に強い愛や、哀れみ、そして救済のメッセージを伝えています。
私が愛情を注ぎ手掛けたこの作品の物語が、みなさまに感動をもたらすことを願っています。

阿部寛のコメント

トム・リン監督より出演依頼がマレーシアのastro Shawという制作会社経由で事務所までメールで連絡を頂きました。
話を進めるにつれ、監督の熱意が伝わってきました。
まず脚本を読ませて頂き、そこから一年近く監督とのやり取りを経て本作品への出演を決めました。
その後、歴史背景についてはドキュメンタリーや本などを通して色々リサーチし、有朋(アリトモ)の役は、日本庭園の庭師であり、また彫り師でもあり、日本の精神性を表現する文化ですから、実際に庭師の先生や、彫り師の先生、また茶道の先生たちにも直接ご指導頂きました。
有朋のキャラクターはミステリアスとも言えるかもしれませんが、武士道のような一種の美学が彼にはあり、それは日本人の僕としてとても共感できるもので、そういう意味ではとても親しみが持て、演じやすい人物でもありました。
監督から聞いた言葉でもありますが、悪者と善人を単純に描くという良くある戦争映画ではありません。
戦争で傷ついた心をもつ人物たちが愛を通して理解し、許し合うラブストーリーです。そこを皆様にはぜひ観て頂きたいです。

作品情報

『夕霧花園』

2021年7月24日(土)からユーロスペースほか全国で順次公開
監督:トム・リン 脚本:リチャード・スミス 原作:タン・トゥアンエン『The Garden of Evening Mists』 音楽:オン・サン 出演: リー・シンジエ 阿部寛 シルヴィア・チャン ジョン・ハナー ジュリアン・サンズ デヴィッド・オークス タン・ケン・ファ セレーヌ・リム 上映時間:120分 配給:太秦
  • HOME
  • Movie,Drama
  • リー・シンジエと阿部寛が共演、トム・リンが贈る映画『夕霧花園』7月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて