『茜色に焼かれる』尾野真千子の魅力をオダギリジョー、永瀬正敏らが語る

石井裕也監督の映画『茜色に焼かれる』で主演を務める尾野真千子に寄せられたコメントが到着した。

5月21日から公開される同作は、哀しみと怒りを心に秘めながらも、我が子への愛を抱えて気丈に振る舞う母と、その母を気遣って日々の屈辱を耐え過ごす中学生の息子が懸命に生きる姿を描く作品。多難の時代に逆風を受けながら、前向きに歩もうとする田中良子役を尾野真千子、良子の息子・純平役を和田庵、純平が憧れを抱く良子の同僚ケイ役を片山友希、交通事故で命を落とす夫・陽一役をオダギリジョー、良子とケイを見守る風俗店の店長役を永瀬正敏が演じる。

尾野について、石井裕也監督は「田中良子役には尾野真千子さんしか考えられませんでした。芝居を本気でやることの崇高さ、俳優がうなされるほど考えて見せる芝居の熱量、その素晴らしさ。たとえば、普段の会話のときよりも、夢中になって芝居をしている尾野さんに僕は『尾野真千子』を感じます。その芝居に真実が見えてくる。誠実にお芝居をしている人の姿は「祈り」のように見えるときがあります。こちらが引くくらいに演じる役を信じようとする。尾野さんのそんな姿は、僕にとってはそのまま希望につながるものでした」とコメント。

和田庵は、「撮影前、尾野さんには怖い人というイメージがあったけれど、実際はそんなことはなくて優しくて明るくて面白い人でした。本当の親子のように接してくださって、僕も自然に演技ができました」と述べている。良子の同僚ケイ役を演じた片山友希は「撮影中は尾野さんの明るさには救われました。すごく包容力のある方で、共演のプレッシャーみたいなものを全然、感じさせないんです。きっと尾野さんは私ができるまで待ってくれたんだと思います。すごくありがたかったです。尾野さん、メチャクチャかっこいいです。尾野さんみたいになりたい」と尊敬の念を語った。

オダギリジョーは「もし陽一の存在が作品を通じて強く感じられているとしたら、それは尾野さんの表現力のおかげです。当たり前のことですが、それはもう尾野さんの底力ですし、そのすごさ、ですね」と述懐。永瀬正敏は「尾野さんはいろんなものに立ち向かっていました。それでいて、現場ではみんなを包み込んでいた。良子さんのように『まあ頑張りましょう』という感じで現場をハグされていましたね。コロナ禍という特別な状況下で作品を作っているという部分を含めて、とても見事で立派な主演の姿だったと思います。時に明るく、時に締めて。この作品をちゃんと背負っている感じがありました」と評している。

作品情報

『茜色に焼かれる』

2021年5月21日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開
監督・脚本・編集:石井裕也 主題歌:GOING UNDER GROUND“ハートビート” 出演: 尾野真千子 和田庵 片山友希 大塚ヒロタ 芹澤興人 笠原秀幸 泉澤祐希 前田勝 コージ・トクダ 前田亜季 鶴見辰吾 嶋田久作 オダギリジョー 永瀬正敏 上映時間:144分 配給:フィルムランド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『茜色に焼かれる』尾野真千子の魅力をオダギリジョー、永瀬正敏らが語る

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて