映画『孤狼の血 LEVEL2』で元サッカー日本代表・播戸竜二が俳優デビュー

白石和彌監督の映画『孤狼の血 LEVEL2』で播戸竜二が俳優デビューすることが発表された。

柚月裕子の原作小説『孤狼の血』シリーズには描かれていないオリジナルストーリーとなる同作。前作から3年が経過した広島を舞台に、裏社会を治めていた大上章吾の遺志を受け継ぎ、権力で暴力組織を取り仕切る日岡秀一刑事の前に現れた1人の「悪魔」によって事態が急転していく様を映し出す。呉原東署刑事二課の日岡秀一役を松坂桃李が続投し、日岡の前に立ちはだかる「悪魔」の男・上林組組長の上林成浩役を鈴木亮平が演じる。8月20日から公開。

播戸竜二は兵庫・姫路出身の元プロサッカー選手。ガンバ大阪やヴィッセル神戸、セレッソ大阪など複数のチームを渡り歩き、2006年から2008年にかけて日本代表としてもプレイした。2019年に現役を引退し、現在は解説者を務めている。

播戸は同作で賭場で勝負する男役にキャスティング。尾谷組が取り仕切る賭場のシーンに出演し、白石監督から演技指導を受ける一幕もあったとのこと。今回の発表とあわせて新たな場面写真が公開された。

播戸竜二のコメント

映画出演のお話をいただいたときからずっと「どういう風な感じなんやろな」と思っていましたが、現場はやはり相当な緊張感があり、サッカーで言うと“絶対に負けられない試合”みたいな空気がお芝居のやり取りの一瞬一瞬にありました。
監督には「貧乏ゆすりをしたり、『次、勝たなきゃ!』みたいな気持ちをもっと出して」といったことや、「周りの客を気にして窺うような仕草をして」といったことを言っていただき、前日のリハーサルも含め役作りに活かすことが出来ました。
“目の前のことに集中する”というのはサッカーでもお芝居でも同じで、賭博でも何でも、やる時はやるぞという気持ちで挑みました。

作品情報

『孤狼の血 LEVEL2』

2021年8月20日(金)から公開
監督:白石和彌 脚本:池上純哉 原作:柚月裕子『孤狼の血』シリーズ(角川文庫/KADOKAWA) 音楽:安川午朗 出演: 松坂桃李 鈴木亮平 村上虹郎 西野七瀬 音尾琢真 早乙女太一 渋川清彦 毎熊克哉 筧美和子 青柳翔 斎藤工 中村梅雀 滝藤賢一 矢島健一 三宅弘城 宮崎美子 寺島進 宇梶剛士 かたせ梨乃 中村獅童 吉田鋼太郎
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 映画『孤狼の血 LEVEL2』で元サッカー日本代表・播戸竜二が俳優デビュー

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて