ホン・サンス監督『逃げた女』に吉岡里帆、満島真之介、行定勲らがコメント

ホン・サンス監督、脚本の映画『逃げた女』に寄せられた著名人コメントが到着した。

『第70回ベルリン国際映画祭』銀熊賞を受賞した同作の主人公は、5年間の結婚生活で一度も夫と離れたことのないガミ。韓国・ソウル郊外を舞台に、夫の出張中に初めての1人旅に出たガミが、バツイチで面倒見のいい先輩ヨンスン、気楽な独身生活を謳歌する先輩スヨン、旧友ウジンとの会話の中に隠された本心と、それをかき乱す男たちの出現を通して、少しずつ変わり始めていく様を描く。「愛する人とは何があっても一緒にいるべき」という夫の言葉を執拗に繰り返すガミ役にキム・ミニがキャスティング。6月11日から公開される。

コメントを寄せたのは、吉岡里帆、満島真之介、小堺一機、行定勲、大島葉子、岨手由貴子、斎藤真理子、古家正亨、北村紗衣。今回の発表とあわせて新ビジュアルが公開された。

吉岡里帆のコメント

含みのある会話から、主人公の微細な心の変化を感じる。何気なさすぎる時間は余白を纏いこちら側に考える時間をくれる。
エンドロールが流れた瞬間、その不思議な世界観にどっぷりと引き込まれていた事に気付きました。
女性ならではの強さに共感し、同時に隠そうとしていた弱さにも対峙せざるを得ない時間。

満島真之介のコメント

山が見えた。鳥が泣いた。風が吹いた。
息をするだけでお腹が空くの…
リンゴの硬い皮を剥く音が、心の皮をも剥がしていく。
裸の心で、また息を吸う。ああ、お腹すいた。
わたしの逃げる場所は、あなたの逃げられなかった場所なのかもしれない。

小堺一機のコメント

語り部であるはずの主人公のガミの人生が、物語が進むにつれ段々とわからなくなって来る。再会した人々の人生がはっきりするに
つれて、ラスト、ガミの観ている映画のシーンが『甘い生活』に重なった。観客は逃げられない。

行定勲のコメント

まるで、久しぶりに友人に会った後のような感覚。この映画で交わされる会話を聞きながら、自分の人生の選択について考えさせられた。
それぞれの事情、それぞれの恋情を語る女たちに魅了されっぱなしだった。

大島葉子のコメント

女は現状に満足しない「欲どしい」生き物だ。
ホン・サンスはズームの様に女の心の内を自然体で語らせる。一言も聞き逃せない。
「自分で髪を切ったの。」
そこにどんな意味が含まれてるのか…
私も最近キム・ミニみたいに髪を切った…

岨手由貴子のコメント

キム・ミニがまとう“人が本来持っている謎”みたいなもの。
それが立ちのぼるスリルに、何気なさを刻むズームに、高揚しっぱなしでした。
2度出てくる窓を開ける行為がとりわけ印象的で、主人公の“謎”に触れられたような気がします。

斎藤真理子のコメント

女性たちは話し込む。
話し込めば話し込むほど、映画も、監督も、背景に取り残される。
なのに何かが妙に鮮明になってくる。
あれ、ホン・サンス、結晶してきた?
どこへ向かっていくのかわからないけれど、この結晶化はとても気になる。

古家正亨のコメント

焼酎はワインに置き換えられた。口あたりは、確かに爽やかだ。
でも、孤独で行き場のないキム・ミニのその姿はホン・サンスの描く世界そのもの。
スクリーンは果なき航海を意味する海なのか。77分。短いが深い。

北村紗衣のコメント

一見、何の変哲もない会話を撮っているだけに見えますが、実は女性が人生で直面する様々な問題にさりげなくも鋭く切り込んでいます。女同士の会話に男性が介入することで男女間の権力構造が浮かび上がる、ヴァージニア・ウルフ的韓国映画です。

作品情報

『逃げた女』

2021年6月11日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督・脚本・音楽:ホン・サンス 出演: キム・ミニ ソ・ヨンファ ソン・ソンミ キム・セビョク イ・ユンミ クォン・ヘヒョ シン・ソクホ ハ・ソングク 上映時間:77分 配給:ミモザフィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ホン・サンス監督『逃げた女』に吉岡里帆、満島真之介、行定勲らがコメント

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて