ロロが高校生に捧げる『いつ高シリーズ』ファイナルは新作2本立て上演

ロロの『いつ高シリーズ』vol.9『ほつれる水面で縫われたぐるみ』、vol.10『とぶ』が6月26日から東京・吉祥寺シアターで上演される。

「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校」を舞台にした青春群像劇『いつ高シリーズ』は、『全国高等学校演劇大会』の出場ルールを守り、「まなざし」をテーマに様々な物語を展開。高校生の観劇料を無料に設定しているほか、全戯曲を無料公開し、部員数に合わせた2次創作を歓迎している。

シリーズファイナルの今回は2本立てとなり、プールが舞台の『ほつれる水面で縫われたぐるみ』には板橋駿谷、亀島一徳、森本華、多賀麻美、重岡漠、体育館が舞台の『とぶ』には板橋駿谷、亀島一徳、篠崎大悟が出演。脚本と演出を三浦直之が手掛ける。チケットは5月29日10:00から販売開始。前売チケットを購入すると『いつ高シリーズ』過去作8本の映像が視聴できる。

イベント情報

『「いつ高シリーズ」vol.9「ほつれる水面で縫われたぐるみ」』

2021年6月26日(⼟)〜7月4日(日)全12公演 会場:東京都 吉祥寺シアター
脚本・演出:三浦直之 出演: 板橋駿谷 亀島一徳 森本華 多賀麻美 重岡漠 料金: 前売 一般5,000円 U-25券4,000円 当日 一般5,500円 U-25券4,500円 ※高校生以下無料、親子ペア割引1,000円引き
イベント情報

『「いつ高シリーズ」vol.10「とぶ」』

2021年6月26日(⼟)〜7月4日(日)全12公演 会場:東京都 吉祥寺シアター
脚本・演出:三浦直之 出演: 板橋駿谷 亀島一徳 篠崎大悟 料金: 前売 一般5,000円 U-25券4,000円 当日 一般5,500円 U-25券4,500円 ※高校生以下無料、親子ペア割引1,000円引き
  • HOME
  • Stage
  • ロロが高校生に捧げる『いつ高シリーズ』ファイナルは新作2本立て上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて