映画絵看板300点掲載、書籍『昭和の映画絵看板』刊行 帯文は都築響一

書籍『昭和の映画絵看板 ~看板絵師たちのアートワーク~』が6月16日に刊行される。

昭和30年代を中心に、映画館や劇場街に掲げられていた手描きの映画絵看板。同書には、「ミナミ」と呼ばれる大阪・難波、道頓堀、千日前周辺で絵看板を手掛けていた工房「不二工芸」に残されていた千枚におよぶ記録写真から選出された300枚を作品解説付きで掲載するほか、昭和史と映画作品を一望できる年表、昭和35年の千日前の「タイムスリップマップ」、かつて看板絵師として活躍していた職人へのインタビューなどが収録される。

監修を岡田秀則(国立映画アーカイブ)、企画を貴田奈津子が担当。アートディレクションを是枝裕和監督『海よりもまだ深く』の宣伝制作、サントリー「烏龍茶」の広告制作などで知られる葛西薫が手掛けた。帯文は都築響一。

都築響一のコメント

映画がスターという地上の星たちのもので、スクリーンが銀の幕だったころ、絵看板は空に浮かぶ巨大な予告編だった。

書籍情報

『昭和の映画絵看板 〜看板絵師たちのアートワーク〜』

2021年6月16日(水)発売 価格:2,700円(税抜) 発行:トゥーヴァージンズ
  • HOME
  • Book
  • 映画絵看板300点掲載、書籍『昭和の映画絵看板』刊行 帯文は都築響一

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて