映画『ONODA(原題)』に仲野太賀、イッセー尾形、井之脇海らが出演

映画『ONODA(原題)』の追加キャストが発表された。

『第74回カンヌ国際映画祭』ある視点部門オープニング作品に選出された同作は、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本の合作。太平洋戦争の終戦後も、任務解除の命令を受けられないままフィリピン・ルバング島で約30年間を過ごした小野田寛郎旧陸軍少尉の実話をもとに、彼が生き抜いた孤独な日々を描く。青年期の小野田役に遠藤雄弥、成年期の小野田役に津田寛治がキャスティングされ、アルチュール・アラリがメガホンを取った。今秋公開。

新たに出演が発表されたのは、小野田と最後まで生き残った小塚金七役の青年期を演じる松浦祐也、成年期を演じる千葉哲也、小野田に戦争の終わりを告げる鈴木紀夫役の仲野太賀、小野田の父・種次郎役の諏訪敦彦、小野田に最後の指令を命じ渡した谷口義美役のイッセー尾形に加えて、カトウシンスケ、井之脇海、吉岡睦雄、足立智充、嶋田久作、伊島空、森岡龍。

今回の発表とあわせて海外版のメインビジュアルが公開された。

作品情報

『ONODA(原題)』

2021年秋公開
監督:アルチュール・アラリ 出演: 遠藤雄弥 津田寛治 仲野太賀 松浦祐也 千葉哲也 カトウシンスケ 井之脇海 足立智充 吉岡睦雄 嶋田久作 伊島空 森岡龍 諏訪敦彦 イッセー尾形 配給:エレファントハウス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『ONODA(原題)』に仲野太賀、イッセー尾形、井之脇海らが出演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて