伊藤潤二による映画『ライトハウス』あらすじ漫画が劇場パンフレットに掲載

ロバート・エガース監督の映画『ライトハウス』の劇場販売用パンフレットに、伊藤潤二によるあらすじ漫画が掲載されることがわかった。

『第72回カンヌ国際映画祭』国際映画批評家連盟賞を受賞した同作は、A24が製作を務めたスリラー映画。物語の舞台は1890年代のニューイングランドの孤島。灯台と島の管理を任されたベテランの灯台守トーマス・ウェイクと未経験の灯台守イーフレイム・ウィンズローは、そりが合わずに初日から衝突を繰り返していたが、嵐の影響で島に閉じ込められてしまうというあらすじだ。トーマス・ウェイク役にウィレム・デフォー、イーフレイム・ウィンズロー役にロバート・パティンソンがキャスティング。7月9日から公開される。

劇場販売用パンフレットは7月9日から上映劇場で販売開始。今回の発表とあわせて、あらすじ漫画の冒頭部分2ページと伊藤潤二のコメントが公開された。

伊藤潤二のコメント

映画「ライトハウス」は特に白黒の画面のコントラストと、陰鬱な雰囲気が印象的でした。
謎めいた灯台の島に、いわくありげな2人の灯台守が赴任しますが、上下関係がある中での歪なやり取りやお互いの微妙な表情、そして何より映画の画面を支配する、強烈な光と影を再現したいと思いました。

作品情報

『ライトハウス』

2021年7月9日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督:ロバート・エガース 脚本:ロバート・エガース、マックス・エガース 出演: ウィレム・デフォー ロバート・パティンソン 上映時間:109分 配給:トランスフォーマー
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 伊藤潤二による映画『ライトハウス』あらすじ漫画が劇場パンフレットに掲載

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて