評論集『脚本家・野木亜紀子の時代』7月刊行 『逃げ恥』など7作を考察

評論集『脚本家・野木亜紀子の時代』が7月20日に刊行される。

野木亜紀子が手掛けたテレビドラマについて考察する同書には、「リアルサウンド映画部」でドラマ評論を執筆する小田慶子、佐藤結衣、田幸和歌子、成馬零一、西森路代、藤原奈緒、横川良明の7人による書き下ろし評論を収録。『アンナチュラル』『逃げるは恥だが役に立つ』『コタキ兄弟と四苦八苦』『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話』『獣になれない私たち』『重版出来!』『MIU404』の7作品がピックアップされている。

書籍情報

『脚本家・野木亜紀子の時代』

2021年7月20日(火)発売予定 著者:小田慶子、佐藤結衣、田幸和歌子、成馬零一、西森路代、藤原奈緒、横川良明 価格:2,750円(税込) 発行:blueprint
  • HOME
  • Book
  • 評論集『脚本家・野木亜紀子の時代』7月刊行 『逃げ恥』など7作を考察

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて