劇団鹿殺し、20周年記念公演『キルミーアゲイン』を東京&大阪で上演

舞台『劇団鹿殺し 活動20周年記念公演「キルミーアゲイン」』が9月30日から東京・新宿の紀伊國屋ホール、10月15日から大阪・松下IMPホールで上演される。

丸尾丸一郎作、菜月チョビ演出の同公演の舞台は、人魚伝説が残る村。村がダムに沈むのを止めるべく、起死回生の芝居を作ろうと集まった人々の思いが込められた「滑稽なドアングラ劇」と、彼らの過去の記憶が錯綜していく様を描く。

出演者は、丸尾丸一郎、菜月チョビ、鷺沼恵美子、浅野康之、メガマスミ、長瀬絹也、内藤ぶり、藤綾近、前川ゆう、真田佑馬、梅津瑞樹、小林けんいち(動物電気)、谷山知宏(花組芝居)、阿部葵、今村花、笠井唯斗、清水篤志、ばんこく、松本彩音、若月海里、古澤芽衣、アイザワアイ、松永治樹、田中優真。音楽をタテタカコが手掛ける。

特典付きチケットの最速先行販売は8月7日12:00から開始。

菜月チョビのコメント

「待ってても誰にも選ばれないから自分で劇団やるしかない!」
不純な動機で始まった劇団ですが、なんと活動20周年を迎える日が来ました。
楽しかったのか辛かったのか、自分でも解析不能な20年。
でも20年後も丸さんと私の劇団で一緒に作品を作りたいって言ってくれる仲間が存在するなんて、間違いなく幸せなことだ!幸せを噛み締めて、ここでしかできないクリエイションを楽しみたいと思います。
楽しみに観に来て頂けたら何より嬉しいお祝いです!

丸尾丸一郎のコメント

大学の演劇サークルの旅行、小樽から舞鶴へ帰るフェリーの甲板でチョビから「一緒に劇団をやらないか?」と誘われて、もう20年が経ちました。
人生は一度しかないから、演劇を続けていない僕のことは分からないけど、自分らしい特別な人生を歩めているんじゃないかなーと感じています。
「幸せ」ってことですかね?夏になっても雲行きは怪しいけど、20年の感謝を込めて、ユウマ、ウメ、コバケンさん、谷やんを交えた新生劇団鹿殺しの舞台に没頭したいと思います。
本当にありがとう!

イベント情報

『劇団鹿殺し 活動20周年記念公演「キルミーアゲイン」』

作:丸尾丸一郎 演出:菜月チョビ 音楽:タテタカコ 出演: 丸尾丸一郎 菜月チョビ 鷺沼恵美子 浅野康之 メガマスミ 長瀬絹也 内藤ぶり 藤綾近 前川ゆう 真田佑馬 梅津瑞樹 小林けんいち(動物電気) 谷山知宏(花組芝居) 阿部葵 今村花 笠井唯斗 清水篤志 ばんこく 松本彩音 若月海里 古澤芽衣 アイザワアイ 松永治樹 田中優真 東京公演 2021年9月30日(木)~10月10日(日) 会場:東京都 新宿 紀伊國屋ホール 大阪公演 2021年10月15日(金)〜10月17日(日) 会場:大阪府 松下IMPホール
  • HOME
  • Stage
  • 劇団鹿殺し、20周年記念公演『キルミーアゲイン』を東京&大阪で上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて