ニュース

ソ連全体主義社会のその後の世界を描く映画『DAU. 退行』8月公開 予告編

映画『DAU. Degeneration』の邦題が『DAU. 退行』に決定。8月28日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほかで世界劇場初公開される。

ロシアで上映禁止となった同作は、「史上最も狂った映画撮影」と呼ばれた「DAU」プロジェクトの第2弾。1万2千平米の秘密研究所のセット、オーディション参加者約40万人、衣装4万着、主要キャスト400人、エキストラ1万人、撮影期間40か月、35mmフィルム撮影のフッテージ700時間、制作期間15年以上によって、ソ連全体主義社会の再現を試みた映画『DAU. ナターシャ』の続編で、スターリン体制下の1952年から10年以上が経過した1966年から1968年を舞台に、年老いた天才科学者レン・ダウのもと科学者たちが「超人」を作る実験を繰り返す研究所内部に入り込み、人間たちの生活を映し出す。

前作の主人公ナターシャに拷問を行なったKGB捜査官ウラジーミル・アジッポが少将に出世し、メインキャストとして登場。上映時間は369分で、ダンテ・アリギエーリ『神曲』の『地獄篇』で描かれた9つの地獄の層にちなんだ9章で構成されている。R18+指定。

今回の発表とあわせて予告編とポスタービジュアルが公開。予告編では「共産主義は宗教だ。マルクス、レーニン、スターリンへの信仰。この宗教では進化のために退化し――革命のために破壊せざるを得ない」という言葉をはじめ、アジッポが研究所の所長に「昔なら黙って銃を渡したが幸い時代が違う。いますぐ辞表を書くがいい」と迫り、彼自身が新所長に就任する場面、アジッポが次第に特別実験グループと呼ばれる被験者の若者たちと親しくなっていく様子、柳下毅一郎の「十年に一度の衝撃!」というコメントなどが確認できる。

ポスタービジュアルには、アジッポと優生学をもとにした特別実験グループの被験者マクシム・マルツィンケビッチの顔を組み合わせた写真が使用されている。

共同監督を務めたイリヤ・ペルミャコフは、「国家が社会的に荒廃していく状況が迫ったときに、どのように気づき、対処するかを、映画という媒体を通して学ぶことはとても重要だと思います。本作は、権力の上層部が超過激派達と、どのように関わっているかという問題を扱っており、単に分析するだけでなく、これらの状況を見たときに皆さんに深く感じてほしいのです」と語っている。

『DAU. 退行』ポスタービジュアル © PHENOMEN FILMS
『DAU. 退行』ポスタービジュアル © PHENOMEN FILMS
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」