若きデヴィッド・ボウイの葛藤描く 映画『スターダスト』予告編&ポスター

映画『スターダスト』の予告編とポスタービジュアルが到着した。

10月8日から公開される同作は、デヴィッド・ボウイの若き日とアルバム『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and The Spiders from Mars』の誕生を描く作品。初の全米プロモーションツアーに挑んだ24歳のデヴィッド・ボウイが、自分が世間に知られていないこと、時代がまだ自分に追いついていない現実に直面する姿や、兄の病気に悩む様、The Velvet Underground、アンディ・ウォーホルとの出会い、カルチャーアイコンとしての地位を確立する最初の一歩を踏み出すまでを映し出す。デヴィッド・ボウイ役にジョニー・フリンがキャスティング。

予告編には、ボウイがアメリカ・ワシントンD.C.の空港に到着する姿をはじめ、マネージャーの「このアルバムは伝説となる。君が死んだらな」という言葉、「変人のフリだろ?」「悲惨 憂鬱 不可解」という声、マーキュリーレコードのパブリシストであるロン・オバーマンが、ボウイに「1人でも君の曲を信じれば――世界は変えられる」と語りかける様子などが映し出されている。

ポスタービジュアルには、赤い髪のボウイを背景に宇宙飛行士姿のボウイが写し出されているほか、「やがて世界は、彼《ボウイ》を知る。」というコピーが添えられている。

作品情報

『スターダスト』

2021年10月8日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督:ガブリエル・レンジ 脚本:クリストファー・ベル、ガブリエル・レンジ 出演: ジョニー・フリン ジェナ・マローン デレク・モラン アーロン・プール マーク・マロン 上映時間:109分 配給:リージェンツ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 若きデヴィッド・ボウイの葛藤描く 映画『スターダスト』予告編&ポスター

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて