平手友梨奈が『Casa BRUTUS』と夏のアート体験、表紙と特集36ページに登場

平手友梨奈が表紙を飾る『Casa BRUTUS』2021年9月号が8月6日に刊行される。

同号の特集「アートを巡る、この夏。」では、今、体験しておくべき日本のアートスポット100を紹介。

平手は、新潟「越後妻有 大地の芸術祭の里」を訪問。清津峡渓谷トンネルを舞台にした作品『Tunnel of Light』、今夏リニューアルオープンした越後妻有里山現代美術館 MonET、ジェームズ・タレルが手掛けた『光の館』など17のアートスポットを巡った。

表紙には草原に窓枠とカーテンを設置した作品『たくさんの失われた窓のために』を使用。

平手友梨奈のコメント

「越後妻有」のアートはクセが強いというか、ひとつひとつが濃かったです。
作品のタイトルも深いものが多いですし。
〈たくさんの失われた窓のために〉は強風で撮影が大変でした。
風で何回か飛ばされそうになって。表紙の写真は奇跡の瞬間ですね。
あの窓抜けの風景は新潟っぽいなぁと思いました。そして裸足になったんです。
私は自然が好きなので、作品を巡る移動中も楽しかったです。
東京ではなかなか味わえない景色だなぁと思いながら、ずっと外を見ていました。
日本家屋が舞台の作品が多かったのも嬉しかったですね。私は和も好きなので。
「越後妻有」には瀬戸内とはまた違ったアートと景色がありました。

書籍情報

『Casa BRUTUS』2021年9月号

2021年8月6日(金)発売 価格:990円 発行:マガジンハウス
  • HOME
  • Book
  • 平手友梨奈が『Casa BRUTUS』と夏のアート体験、表紙と特集36ページに登場

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて