フランソワ・オゾン監督『Summer of 85』磯村勇斗がナレーターの特別映像

フランソワ・オゾンの新作映画『Summer of 85』の特別映像が到着した。

『第73回カンヌ国際映画祭』オフィシャルセレクションに選出された同作は、オゾンが17歳の頃に出会い、影響を受けたというエイダン・チェンバーズの小説『Dance on my Grave』を映画化したラブストーリー。突然の嵐に見舞われた16歳のアレックスと彼を救助した18歳のダヴィドは、次第に恋愛感情で結ばれ、「どちらかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊る」という誓いを立てるが、ダヴィドの不慮の事故によって永遠の別れを迎えるというあらすじだ。アレックス役にフェリックス・ルフェーヴル、ダヴィド役にバンジャマン・ヴォワザンがキャスティング。8月20日から公開される。

「“耳で恋する” MUSIC VIDEO」と題された特別映像は、アレックスとダヴィドが過ごしたひと夏を劇中曲にあわせて振り返るもの。磯村勇斗がナレーターを担当している。映画でのナレーションは初挑戦となる磯村は、収録後「慣れていないからドキドキした」「普段は全身を使って芝居をしていますが、繊細なニュアンスを声だけで表現することはとても難しかった」と述懐。16ミリフィルムで撮影された同作の映像美について「オレンジ色の夕日のあたる海岸や、ヨットから見る一面の青い海、80年代を彷彿とさせるフランスの景色がとてもきれい。フィルムならではのざらざらとした質感や滲んだ色味によって、人物の表情がより豊かに繊細に感じられて、本当に美しかったです」「美しく切り取られた、アレックスとダヴィドの初恋を邪魔したくないと思いながら臨みました」と語っている。

公開に先駆けて、8月12日に東京・新宿ピカデリーで磯村のリモート舞台挨拶付きプレミア上映会を開催。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

磯村勇斗のコメント

少年たちの恋が始まっていく過程がとてもピュアで、心を掴まれました。きっと誰もが“初恋”を経験していると思う。
彼らの物語が、皆さんにとっても自分の青春時代を思い出すきっかけになってほしいなと思います。
観終わった後に、心が素直に、前向きになれる映画です。

作品情報

『Summer of 85』

2021年8月20日(金)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国で順次公開
監督:フランソワ・オゾン 原作:エイダン・チェンバーズ『Dance on my Grave』 出演: フェリックス・ルフェーヴル バンジャマン・ヴォワザン ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ メルヴィル・プポー 配給:フラッグ、クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • フランソワ・オゾン監督『Summer of 85』磯村勇斗がナレーターの特別映像

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて