アートを考察するMAGUSの動画配信講座『Liberal Arts アートを学ぶ』始動

MAGUSの動画配信講座『Liberal Arts アートを学ぶ』がスタートした。

現代アートの情報に特化したプラットフォーマーを目指すMAGUSは、アートに関するメディア事業の第1弾として『MAGUSアートスクール(プレ版)』を8月4日に開校。『Liberal Arts アートを学ぶ』では「アートと社会」「アートとは何か?」という2つのテーマで、各回異なる分野の専門家を招き、アートについて考察する。

8月4日に配信スタートした『アートと社会』では山本浩貴がモデレーターを担当。歴史、社会、環境、ジェンダーなど様々な角度からアートと社会の関わりを考察する。配信済みの第1回「アートと日本史」には歴史学者の本郷和人、8月25日配信の第2回「アートと環境」にはマグマ学者の巽好幸、10月6日配信の第3回「アートと社会学」には社会学者の富永京子、11月3日配信の第4回「アートとジェンダー」にはフェミニズム研究者の清水晶子が登場。

8月18日から配信される『アートとは何か?』では星野太がモデレーターを担当。文学、仏教、科学、医学などの観点からアートの可能性や、それが私たちに示唆するものを探る。8月18日配信の第1回「アートと文学」には作家、漫画家の小林エリカ、9月15日配信の第2回「アートと科学」には科学社会学者の日比野愛子、9月22日配信の第3回「アートと宗教」には僧侶、写真家の谷口昌良、10月27日配信の第4回「アートと医学」には医師の稲葉俊郎が出演。

そのほか8月中旬からは、金融機関、ブロックチェーン技術、法律のそれぞれの専門家をゲストに招き、国内外の最新事例をもとにビジネスパーソンとして知っておきたい知見を学ぶ『Business アートを生かす』を配信。モデレーターは木村恭子が担当する。

さらに9月中旬からは、「現代アートって何なの?」「どこで買えるの?」「どう楽しめばいいの?」「何かメリットがあるの?」といった疑問に答える『Life Style アートを楽しむ』を配信。モデレーターは八巻富美子が務める。詳細はMAGUSのオフィシャルサイトで確認しよう。

  • HOME
  • Art,Design
  • アートを考察するMAGUSの動画配信講座『Liberal Arts アートを学ぶ』始動

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて