Travis Japanが花の移ろいをダンスで表現 ANEVERの新作コンセプト映像公開

Travis Japanを起用したANEVERの新作コンセプトムービーが公開された。

アンリアレイジとオンワード樫山が協業するANEVERは、バッグ、アクセサリーを主軸とするブランド。

新作コンセプトムービーでは、「BURNET」という花の名前が付けられたTシャツとエコバッグのシリーズを紹介。バーネットの花言葉「移ろいゆく日々」からインスパイアされた1月から12月の各月の花と花言葉をグラフィックで表現しており、Tシャツにはそれぞれの月の数字をアートワークに用いて、12種類の異なる花と花言葉を添えている。エコバッグは各月の花の写真から測った色の比率をボーダーにデザイン。

Travis Japanはシンクロダンスで1年間の花の移ろいを表現。ANEVERにとって男性アーティストの起用は初となり、ジェンダーフリーに愛用してほしいという願いも込められているとのこと。音楽をパリコレクションでアンリアレイジの音楽を担当する山口一郎(サカナクション、NF)と青山翔太郎(NF)が担当。アートディレクターを武藤将也、映像監督を早川大介が務めたほか、振付稼業air:manが参加した。メイキングムービーとメンバーのインタビュームービーもあわせて公開。

アイテムは、オンワードグループ公式ファッション通販サイト「ONWARD CROSSET」と「ANREALAGE OFFICIAL ONLINE SHOP」「ANEVER ZOZO TOWN」に加え、東京・ANREALAGE SHIBUYA PARCOで取り扱う。



武藤将也のコメント

コンセプトムービーは、今回のアイテムで行われている記号化・抽象化を映像にも取り入れられたら、というところから発想し、見てくれた方に具体的な“花”を押しつけるのではなく、それぞれの頭の中にある“花”を開いてもらうことが出来ればと考えました。

森永邦彦(アンリアレイジ)のコメント

Travis Japanを起用した理由は、それぞれの個性があり、色があり、そして7人が集まった時に、グループとして華があると思ったからです。ANEVERがこれまで花の一瞬の美しさを永遠に閉じ込めてきたように、多方面に才能を開花させている彼らの、今この瞬間の魅力も閉じ込められたらと考えました。メンバー一人一人の個性や色を、花びら一枚一枚に置きかえた時、それらが個になったり、集合体になる様は、花の開花を想起させます。個性が花を咲かせていく映像を通じて、アンエバーの商品の奥底に流れる一貫するコンセプトを伝えられたらと思います。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • Travis Japanが花の移ろいをダンスで表現 ANEVERの新作コンセプト映像公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて