スピッツが11年ぶりにタワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター登場

タワーレコードのポスター意見広告シリーズ「NO MUSIC, NO LIFE.」にスピッツが登場する。

デビュー30周年を迎えたスピッツは、9月15日に『花鳥風月+』のCDと2枚組アナログ盤、2004年の『色色衣』と2012年の『おるたな』のアナログ盤をリリース。「NO MUSIC, NO LIFE.」の起用は約11年ぶり、2度目となる。

全国のタワーレコードでは9月14日から同ポスターを順次掲出。渋谷店と新宿店では「TOWER VINYL SHIBUYA」のオープンを記念してコラボポスターシリーズ「NO VINYL, NO LIFE.」スピッツバージョンを掲示する。

さらに、『「スピッツ×タワーレコード、30年のあゆみ」パネル展』が9月14日から札幌ピヴォ店、仙台PARCO店、渋谷店、新宿店、ららぽーと立川立飛店、グランツリー武蔵小杉店、上田店、難波店、アミュプラザ博多店、タワーレコード オンラインで開催。スピッツが登場したタワーレコード関連のフリーペーパーやポスターの数々を振り返る。

また9月14日から「“MIKKE”ご当地ステッカー」「“MIKKE”ご当地バンパーステッカー」を全国のタワーレコードおよびTOWERminiで店頭販売。詳細はタワーレコードのオフィシャルサイトで確認しよう。

  • HOME
  • Music
  • スピッツが11年ぶりにタワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて