八重洲、京橋の街を巡りながら26人の写真家の作品を発見する屋外写真展開催

屋外型国際写真祭『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO 2021』の第1弾企画が発表された。

3回目となる『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』のテーマは「日本の写真文化・これからの写真の未来について考える」。展示、学生プロジェクト、トーク&イベントの3つを柱に展開する。9月初旬からMotion Galleryでクラウドファンディングプロジェクトが始動。

第1弾企画は10月22日から東京・八重洲、京橋エリアで行なわれる『Tokyo Photographers Wall Magazine』。再開発が進む同エリアの仮囲いや、オフィスエリアの公共空間を使い、東京という都市を見つめてきた日本の写真家たちの作品を「雑誌」のように展開する。

参加写真家は有元伸也、石川直樹、インベカヲリ★、オカダキサラ、岡部文、尾仲浩二、サトウヒトミ、佐藤麻優子、澤田育久、高島空太、竹之内祐幸、築山礁太、鶴巻育子、野村佐紀子、濱本奏、淵上裕太、藤岡亜弥、藤原香織、フジモリメグミ、水谷吉法、本山周平、山崎雄策、山谷佑介、山本佳代子、梁丞佑、Ryu Ika。

イベント情報

『Tokyo Photographers Wall Magazine』

2021年10月22日(金)~10月31日(日) 会場:東京都 八重洲、京橋エリア
参加写真家: 有元伸也 石川直樹 インベカヲリ★ オカダキサラ 岡部文 尾仲浩二 サトウヒトミ 佐藤麻優子 澤田育久 高島空太 竹之内祐幸 築山礁太 鶴巻育子 野村佐紀子 濱本奏 淵上裕太 藤岡亜弥 藤原香織 フジモリメグミ 水谷吉法 本山周平 山崎雄策 山谷佑介 山本佳代子 梁丞佑 Ryu Ika 料金:無料
  • HOME
  • Art/Design
  • 八重洲、京橋の街を巡りながら26人の写真家の作品を発見する屋外写真展開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて