アン・ホイ監督の映画人生を描いたドキュメンタリー映画が11月公開

映画『我が心の香港~映画監督アン・ホイ』が11月6日から東京・新宿のK's cinemaで公開される。

同作は、『桃さんのしあわせ』『客途秋恨』『女人、四十。』などで知られ、『第77回ヴェネチア国際映画祭』で中華系女性監督として初めて栄誉金獅子賞を受賞した映画監督アン・ホイの40年におよぶ映画人生を映し出すドキュメンタリー。今年74歳を迎える彼女の日本人の母との日常生活、香港への思い、女性としての生き様、撮影風景などが記録されている。原題は『好好拍電影』、英題は『Keep Rolling』。

出演者にはアン・ホイ、ナンサン・シー、ツイ・ハーク、フルーツ・チャン、ティエン・チュアンチュアン、ホウ・シャオシェン、アンディ・ラウ、ジャ・ジャンクー、シルヴィア・チャンに加えて、アン・ホイの母、妹のアリス・ホイ、弟のアルバート・ホイが名を連ねる。

同作が初監督作品となるマン・リムチョンがメガホンを取り、『女人、四十。』に参加した大友良英が音楽を手掛けた。

今回の発表とあわせてビジュアル、場面写真が公開。ビジュアルには「ただ、香港と映画を愛した」というコピーが添えられている。

作品情報

『我が心の香港~映画監督アン・ホイ』

2021年11月6日(土)からK's cinemaで公開
監督:マン・リムチョン 音楽:大友良英 出演: アン・ホイ ナンサン・シー ツイ・ハーク フルーツ・チャン ティエン・チュアンチュアン ホウ・シャオシェン アンディ・ラウ ジャ・ジャンクー シルヴィア・チャン ほか 上映時間:119分 配給:パンドラ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • アン・ホイ監督の映画人生を描いたドキュメンタリー映画が11月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて