「時間映画」特集が下北沢トリウッドで開催 『BTTF』3部作など9本上映

「時間映画」の特集上映が10月2日から東京・下北沢トリウッドで開催される。

同イベントでは「時間」をモチーフにした作品を特集。上映作品には、ロバート・ゼメキス監督『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』、三木孝浩監督『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』、マックス・バーバコウ監督『パーム・スプリングス』、チェン・ユーシュン監督『1秒先の彼女』、本広克行監督『サマータイムマシン・ブルース』、湯浅政明監督『夜は短し歩けよ乙女』、山口淳太監督『ドロステのはてで僕ら』がラインナップしている。

イベント情報

「時間映画」特集上映

2021年10月2日(土)~11月12日(金) 会場:東京都 下北沢トリウッド
上映作品: 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(監督:ロバート・ゼメキス) 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(監督:ロバート・ゼメキス) 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』(監督:ロバート・ゼメキス) 『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』(監督:三木孝浩) 『パーム・スプリングス』(監督:マックス・バーバコウ) 『1秒先の彼女』(監督:チェン・ユーシュン) 『サマータイムマシン・ブルース』(監督:本広克行) 『夜は短し歩けよ乙女』(監督:湯浅政明) 『ドロステのはてで僕ら』(監督:山口淳太) 定休日:火曜
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「時間映画」特集が下北沢トリウッドで開催 『BTTF』3部作など9本上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて