バンクシーらの作品展示、ANDARTがオーナー限定イベント『WEANDART』開催

ANDARTのオーナー限定鑑賞イベント『WEANDART』が10月30日、31日に東京・天王洲アイルのWHAT CAFEで開催される。

アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」を運営するANDARTが主催する『WEANDART』は、共同保有という新しいアートの楽しみ方を実践する作品オーナーを対象に、アート作品の鑑賞や交流を目的としたイベント。バンクシーやアンディ・ウォーホル、ダミアン・ハースト、ゲルハルト・リヒター、山口歴などの共同保有作品展示に加え、その場で購入可能な若手アーティストの作品展示『-KIBI-』、Yurika Kinoshitaによるライブペインティングパフォーマンス、トークイベントなどを予定している。

『-KIBI-』のテーマは「感情の機微」。参加作家には、岡田佑里奈、岡本奇太郎、倉崎稜希、友沢こたお、布施琳太郎、三澤亮介、水戸部七絵、安井鷹之介、AICON、Jeremy Yamamuraが名を連ねる。

10月15日までに所定の枠数のオーナー権を購入すると、イベント招待または参加抽選の対象となる。オーナー権10枠以上の所有で確実に参加できる。10枠未満の場合は抽選。


イベント情報

『WEANDART』

2021年10月30日(土)、10月31日(日) 会場:東京都 天王洲アイル WHAT CAFE 時間:12:00〜18:00
  • HOME
  • Art,Design
  • バンクシーらの作品展示、ANDARTがオーナー限定イベント『WEANDART』開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて