特集 PR

菊地成孔が音楽と言葉で華麗に読み解く、孤高の芸術家の画業

『endless 山田正亮の絵画』
テキスト
麦倉正樹
撮影:七咲友梨 編集:野村由芽、宮原朋之
菊地成孔が音楽と言葉で華麗に読み解く、孤高の芸術家の画業

山田正亮は、戦後日本の現代美術史から完全に外れた一匹狼である

現在、東京国立近代美術館にて開催中の『endless 山田正亮の絵画』展。「描く」ことを自らの人生と一体化させ、美術の潮流から距離を置きながら、その生涯にわたって約5千点近い膨大な作品群を残した「孤高の画家」山田正亮の初の本格的な回顧展となる。

その『endless 山田正亮』展をさらに立体的に読み解くべく、ミュージシャンで文筆家の菊地成孔を招いたスペシャルギャラリートークが開催された(企画協力:CINRA.NET)。参加者は、菊地と本展の担当研究員である中林和雄の案内で展示会場をめぐった後、絵画に合わせて菊地が選曲した音楽を聴きながらトークショーを体験できるというこのイベント。以下、その模様をレポートすることにしたい。

参加者たちを前にした菊地は冒頭、「戦後の現代美術史から完全にアウトサイドしている画家」として、山田正亮の特異性を指摘しながら、「日本の戦後の現代美術を考える上で、非常に特殊な存在」であるとコメントし、早くも独自の視点を展開する。

菊地:日本の戦後の現代美術というのは、大体が派閥で動いていて、有名な「もの派」や「具体」などグループで動くことが多かったんですよね。しかし、山田は美大の出身でもなかったし、派閥に属することもなかった。つまり、一匹狼のアウトサイダーだったんです。しかも、自分の作品を自らプランニングして、自分で時期も区切っている。その視点から彼の一連の作品群を見ると、いろんなことが立体的にわかると思います。

菊地成孔
菊地成孔

中林の解説によると、山田正亮の作品は、時代とテーマによって大きく3つに分けられているという。静物画を描き続けた「Still Life(1948~1955年)」期。

『Still Life no.64』1953年 油彩・キャンバス 41×53cm
『Still Life no.64』1953年 油彩・キャンバス 41×53cm

垂直線と水平線を基調とした抽象画を描き続けた「Work(1956~1995年)」期。

『Work B.125』1956年 油彩・キャンバス 116.8×91cm 宇都宮美術館蔵
『Work B.125』1956年 油彩・キャンバス 116.8×91cm 宇都宮美術館蔵

『Work C.73』1960年 油彩・キャンバス 180×68cm 東京国立近代美術館蔵
『Work C.73』1960年 油彩・キャンバス 180×68cm 東京国立近代美術館蔵

『Work F.116』1992年 油彩・キャンバス 182×259cm
『Work F.116』1992年 油彩・キャンバス 182×259cm

そして画面のほぼ全体を単一の色彩で塗りこめた「Color(1997年~2001年)」期の3つだ。

『Color no.98』1999-年 油彩・キャンバス 65×53cm
『Color no.98』1999-年 油彩・キャンバス 65×53cm

間近で見ないとわからない、何層にも塗りこめられた筆致の迫力

静物画から抽象画へと大きく変わった「Work」期。静物画のモチーフが解体され、アラベスク模様のような渦の形の中から、だんだんと長方形が浮かび上がり、やがて長方形だけの画面が生まれていった「Work B」の作品群を見ながら、菊地はそこにモンドリアンに代表されるデ・ステイル派(20世紀初めオランダに興った抽象美術運動)との類似を指摘する。

菊地:デ・ステイル派の作品は、遠目で見たり写真では非常にデジタルなのですが、実際にその絵画を近くで見ると、何層にも塗り重ねられた筆致が確認できます。そこにいちばん感動するのですが、それと同様のものを、これらの絵画から感じます。

山田の絵画作品の前で独自の解釈を披露する菊地成孔
山田の絵画作品の前で独自の解釈を披露する菊地成孔

左:『Work B.183』1958年 油彩・キャンバス 97×130.3cm 協力:ギャラリー米津 右:『Work B.169』1958年 油彩・キャンバス 97×130.4cm 千葉市美術館蔵
左:『Work B.183』1958年 油彩・キャンバス 97×130.3cm 協力:ギャラリー米津 右:『Work B.169』1958年 油彩・キャンバス 97×130.4cm 千葉市美術館蔵

一見マットな幾何学模様に見える山田の絵画。しかし、近くで眺めると何層にもわたって塗り重ねられ、まさしく肉筆とも言うべき筆致を感じることができるのだ。

山田正亮を代表するストライプの作品群。その「余剰な効果」に菊地が反応

続いて移動した「Work C」の展示は、山田作品の中で最も有名なストライプの作品群が並べられた一角だ。その中の一点を指さしながら、中林が解説する。

中林:この絵だけやけに長細いなと思ったら、実はこの絵画、コーヒー豆を入れる麻袋を解体して石膏で地塗りをしたものに描かれているんです。ここにある作品は、一見すると同じようなストライプを描いたように見えますが、実はその一点一点に違う意図があり、同じものはひとつとしてない。それが山田作品の特徴のひとつだと思います。

菊地:コーヒー豆の袋をキャンバスに使ったというのは、ただ貪欲に素材を探した結果だと思いますが、その事実を知ると、単にストライプが描かれているということ以上の余剰なイメージを感じてしまいますよね。たとえば、この色遣いは、ちょっと南米の国の旗の色や、南米の民族衣装の色に見えるな、とか。そういう「余剰の効果」というものが、この後のイベントで聴いていただくような、絵画に合わせて聴いてみる音楽の選定のきっかけになることもあるんです。

多数のストライプの絵画が展示された『Work C』の展示室の一角
多数のストライプの絵画が展示された『Work C』の展示室の一角

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『endless 山田正亮の絵画』

2016年12月6日(火)~2017年2月12日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1階企画展ギャラリー
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(1月2日、1月9日は開館)、12月28日~1月1日、1月10日
料金:一般1,000円 大学生500円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

プロフィール

菊地成孔(きくち なるよし)

1963年生まれの音楽家 / 文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング / アレンジ / バンドリーダー / プロデュースをこなすサキソフォン奏者 / シンガー / キーボーディスト / ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)