特集 PR

ソニーデザインが『SXSW 2017』で発表した五感を刺激する新体験

『The WOW Factory』
インタビュー・テキスト
西村真里子
編集:宮原朋之
ソニーデザインが『SXSW 2017』で発表した五感を刺激する新体験

ソニーが大々的に出展した『The WOW Factory』に会場の反応は?

テキサス州オースティンで毎年3月に開催される音楽、映画、インタラクティブの祭典『SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017』(以下『SXSW』)が、2017年3月10日~19日まで開催された。大物スピーカーが登壇し毎回注目を浴びるセッション、スタートアップや企業が最新のプロトタイプを紹介するトレードショー、そして過去にはPerfumeや水曜日のカンパネラなども出演し国際的な注目を浴びる場となるライブパフォーマンスなど、五感を刺激するコンテンツが10日間の会期中にぎっしりと詰まっている。

なんと言っても『SXSW』最大の特徴は、刺激的なセッションや展示を通して、世界80か国以上からの参加者同士がネットワーキングをすることだ。別の言い方をすれば、参加者が積極的に人に伝えたくなるような内容を提供すること、これが『SXSW』での成功を意味する。

そんな中で今年のソニーの展示は、来場者の参加を積極的に促し、まさに人々のコミュニケーションを活発にさせていたと言っていいだろう。実はソニーブランドとして『SXSW』に参加するのは今回が初。今年は満を持して最新の体験型デモを集結させたブースを大々的に出展した。

 

ソニーのクリエイティブセンターのデザイナーがコンセプトから全体の空間デザインに対してディレクションを行った『The WOW Factory』と題された500平方メートル程の広さの倉庫を貸し切った空間には、製品になる前のソニーの最新テクノロジーを使った、10点ものインタラクティブコンテンツが並んだ。

『The WOW Factory』展示風景
『The WOW Factory』展示風景

『The WOW Factory』展示風景
『The WOW Factory』展示風景

参加者からは「まさにWOW! 未来を感じる展示がたくさんあった」「今年の『SXSW』の中で一番」など、楽しく体験できる展示にポジティブな意見も多く聞かれた。実験的でありながら、エンターテイメント性も高い展示だったことが、多くの参加者の心を掴んだ要因だろう。

「Sony's Visual Interaction Technology」あたかも映画の世界に入り込んだかの様な体験型スポーツクライミングアトラクション
「Sony's Visual Interaction Technology」あたかも映画の世界に入り込んだかの様な体験型スポーツクライミングアトラクション

「Special Showcase for Future WOW:Gold Rush VR」 ソニー・ミュージックエンタテインメントとVRアトラクション制作会社「Hashilus」が共同で提供した、五感をフルに使った強烈なVRアトラクション
「Special Showcase for Future WOW:Gold Rush VR」 ソニー・ミュージックエンタテインメントとVRアトラクション制作会社「Hashilus」が共同で提供した、五感をフルに使った強烈なVRアトラクション

「Sony's Visual Interaction Technology」 3Dグラスとハプティクス(触覚)用のベストを着て楽しむ、ガンシューティングアトラクション
「Sony's Visual Interaction Technology」 3Dグラスとハプティクス(触覚)用のベストを着て楽しむ、ガンシューティングアトラクション

中でも特筆すべき点は、そのいくつかのプロジェクトは、ソニーのクリエイティブセンターのメンバーが中心となって取り組んでいるということだ。デザイナー発信のアプローチから、参加者の「WOW!」は起こっていたのである。

「Superception」 参加者の視界を入れ替えた鬼ごっこ体験
「Superception」 参加者の視界を入れ替えた鬼ごっこ体験

このレポートでは計10点の展示の中から4つのプロジェクトを取り上げ、作り手の声もあわせながら、思わず誰かに伝えたくなる『The WOW Factory』がどんな内容だったのかを紹介していきたい。

インタラクティブな没入体験の負荷を下げ、体験の質を変える「Music Visualizer & Cyber Gym」

3D空間へ没入するインタラクティブな体験の楽しみ方としてヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)以外にはないのか。インタラクティブな没入体験の可能性をもっと広げたいという想いから立ち上がったのが「Music Visualizer & Cyber Gym」プロジェクトだ。

ソニーデザインで進められていたこのプロジェクトは、今回初めて一般に公開されたという。半球のドーム型の没入空間には、ソファーに座り動きにあわせて映像が気持ちよく変化してくれる360度映像や、没入空間で風を感じて映像を楽しみながらサイクリングするインタラクティブなコンテンツなどが展開されていた。

インタラクティブ360映像
インタラクティブ360映像

Music Visualizer & Cyber Gym
Music Visualizer & Cyber Gym

プロデューサーの梨子田辰志にとって、今回の展示を通して女性の参加者をはじめ笑顔で楽しんでいる場面が多く見られ、数多くのフィードバックや発見があったようだ。

インタラクティブな没入体験の可能性を拡張し、楽しみ方のスタイルをもっと自由にするアプローチは、なによりも人々を笑顔にし、広く親しみやすい体験に変える大きな力を持っている。また女性や子供たちを対象にした場合のヒントにもつながりそうだ。

 

Page 1
次へ

イベント情報

SXSW 2017
インタラクティブフェスティバル

2017年3月12日(日)~3月14日(火)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に