特集 PR

スパルタと自由は紙一重 プログラミングは子どもの柔軟性を育てる

マウスコンピューター
テキスト
タナカヒロシ
撮影:タケシタトモヒロ 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)
スパルタと自由は紙一重 プログラミングは子どもの柔軟性を育てる

誰でも使えるプログラミング機材「micro:bit」って? 人生初のプログラミングに挑戦

2018年11月10日、11日の2日間に渡り開催されたCINRA.NET主催イベント『NEWTOWN2018』。元小学校を会場とする本イベントプログラムのひとつとして、マウスコンピューター協力のもと、小学生を対象としたプログラミングワークショップが行われた。 ワークショップに参加したのは、小学2年生から5年生までの子どもたち。そしてカルチャー / クリエイティブシーンを伝えるwebメディア『milieu』編集長の塩谷舞、マルチクリエイターのはましゃかの2人も、体験レポーターとして参加した。
今回のワークショップの様子とインタビューを収めたムービー。子どもたちの楽しそうな笑顔が印象的

はましゃか
塩谷舞
はましゃか
はましゃか

今回のワークショップは、ノートパソコンを使って「micro:bit(マイクロビット)」と呼ばれる小さなコンピューターにプログラミングを実装し、ラジコンカーを操作してサッカーの対戦をするというもの。micro:bitは英国放送協会(BBC)が主体となって開発した教育用マイコンボード(プログラムを実行するためのマシン)で、さまざまな国で子ども向けの授業に使われている。

今回講師を務めた、株式会社スイッチエデュケーション取締役社長の小室真紀
今回講師を務めた、株式会社スイッチエデュケーション取締役社長の小室真紀(写真右)

スパルタで進むワークショップに負けじと、創造性を爆発させる子どもたち

会場にはひとり1台のノートパソコンが用意されていたが、席に着くなりさっそくパソコンを触り始める子もいれば、不思議そうに見つめるだけの子もおり、一人ひとりの性格やパソコンへの習熟度はバラバラ。そんな状況でワークショップは始まったため、まずはパソコンの使い方から説明するのかと思いきや、いきなりプログラミングの入力からスタートしたことには驚いた。プログラミングと言っても、用意されたメニューから命令の種類を選んで、数値を入れていくだけなのだが、それにしてもスパルタすぎるのではないだろうか。

生まれて初めてPCを触る子も。子どもたちの緊張感が伝わる
生まれて初めてPCを触る子も。子どもたちの緊張感が伝わる

そう思っていたのも束の間、始めはドラッグ&ドロップさえおぼつかなかった子どもたちが、見よう見まねで、みるみるうちにパソコンを使いこなしていく。キーボードの使い方は一切説明していないのに、講師から「ここに100と入力してください」と言われれば、自発的に状況判断をしてキーボードを打ち始めるのだ。なかには普段からパソコンを使っているはずの塩谷やはましゃかよりも早くプログラミングを終えた子もいたほどだった。

そして講師は、ラジコンカーの右車輪を動かすプログラミングを教えると、今度は「左車輪は自分でやってみてください」と突き放す。ここで興味深かったのは、Aボタンで右、Bボタンで左の車輪を動かすプログラミングをする子もいれば、Aボタンだけで両輪が動くようにして、Bボタンはバックに使う子もいたこと。答えはひとつではないのだ。思い通りのプログラミングができ、笑顔を浮かべる子どもたちの姿が印象的だった。

 
今回のワークショップで使用した「m-Book J370SN-S2」
今回のワークショップで使用した「m-Book J370SN-S2」(公式サイトを見る
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サイト情報

「m-Book J370SN-S2」
「NEWTOWN micro:bit ワークショップ」特設サイト

今回のワークショップの内容をより詳しく、初めてのパソコンの選び方も含めてご紹介します。また、参加頂いた塩谷舞さん・講師の小室真紀さんに今後の教育の観点でお話いただいたインタビューも公開中!

商品情報

「m-Book J370SN-S2」
「m-Book J370SN-S2」

イベント情報

『NEWTOWN 2018』
『NEWTOWN 2018』

2018年11月10日(土)、11月11日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)

プロフィール

塩谷舞(しおたに まい)

アート、デザイン、音楽、映画、ファッション、文学、映像、舞台、デジタルアート、伝統芸能など、あらゆるジャンルを取り扱うカルチャーWebマガジン『milieu』の編集長。1988年、大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学 美術学部 総合芸術学科卒業。大学時代にアートマガジン『SHAKE ART!』を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。2012年にCINRA入社、Webディレクター・PRを経て、2015年からはフリーランスとして執筆・司会業などを行っている。

はましゃか

1994年生まれ、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。イラストレーターとしてのほか、モデル、役者、コラムニストなど様々な形で表現者として活躍するマルチクリエイター。写真に手描き文字とイラストを組み合わせた「#しゃかコラ」がInstagram(@ shakachang)を中心に話題沸騰中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも