特集 PR

柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

『フィリップス・コレクション展』
テキスト
宮田文久
撮影:高木亜麗 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)
柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

置かれている作品から次々と触発され、感動することは、美術展を見る人間にとって夢のような体験でしょう。アーティストの柴田聡子さんが鑑賞した、三菱一号館美術館で開催中の『フィリップス・コレクション展』は、彼女にとってそんな素敵な経験だったようです。

アメリカで最初のモダンアートに関する美術館とされる、ワシントンのフィリップス・コレクション。マネ、ドガ、モネ、セザンヌ、ゴーガン、クレー、ピカソ、ブラックなど、巨匠たちの秀作を集めたのは、ダンカン・フィリップスという豊かな感性と見識を併せ持ったコレクターでした。そのコレクションを見るのは、ときに細やかに、ときに鋭く、それでいてポップに情感を描くことで知られる柴田聡子さん。両者の出会いには、思わぬ化学反応がありました。

アートには、生で体験しないとわからない価値がある

「わあ、すごい……!」と、柴田聡子さんが感嘆の声を漏らしたのは、19世紀末から20世紀にかけて、鮮やかな色彩感覚を発揮したフランスの画家、ピエール・ボナールです。大きな『棕櫚(シュロ)の木』(1926年)の前に立つ柴田さん。ボナールが滞在したコート・ダジュールの村の風景だという1枚の前で、思わず足が止まりました。

柴田聡子
柴田聡子

柴田:構図が特徴的ですよね。画面の上を棕櫚の葉が広く覆っていて、下にいる女性はほとんど陰になってしまっていて……人物を描いてはいるけれども、それがメインではない、ということが伝わってきますね。こうやって実際の作品を生で、全体で体感するのが一番だな、と思わせてくれる絵だと思います。

ピエール・ボナール『棕櫚(シュロ)の木』(1926年)
ピエール・ボナール『棕櫚(シュロ)の木』(1926年)

いきなりノックアウトされた様子の柴田さん。普段から絵に近づいて見るのが好きとのことで、『棕櫚の木』の細部に集中すれば、そこは絵の具の鮮烈な組み合わせが渦巻く、色彩の迷路。「うわ、よくわからなくなっちゃいそう(笑)」と驚くことができるのも、生で作品を鑑賞できるからこその体験です。『犬を抱く女』(1922年)というボナール作品にも、柴田さんは心惹かれた様子。

柴田:すごく意外なブルーの使い方をしていると思います。女性が着ている服の強い赤と互いに引き立て合っているブルーが、悲しいような嬉しいような、すごく複雑な感情をたたえている気がしますね。

柴田聡子
ピエール・ボナール『犬を抱く女』(1922年)
ピエール・ボナール『犬を抱く女』(1922年)

描かれているのは、ボナールのパートナーで、のちに結婚したマルトが愛犬を抱く情景。この絵に心打たれたフィリップスは、以降、アメリカ国内でも屈指のボナール・コレクションを形成していくことになります。このように、本展で展示されている作品は、フィリップスが1点1点、その類まれなる審美眼によって購入してきた秀作の数々なのです。

柴田聡子の洞察力が発揮された、ゴッホの諸作品

そんな絵画の1つ、フィンセント・ファン・ゴッホ『アルルの公園の入口』(1888年)を見て、柴田さんもまた、アーティストとして鋭い洞察を口にしました。

柴田:ゴッホというと病んでいたこととか、短い共同生活が破綻したポール・ゴーガンとの関係性のイメージが強くありますよね。でもそうした、みんなが知っているようなゴッホとは、この絵は違う気がします。なんだか、描いていて楽しそう……。

フィンセント・ファン・ゴッホ『アルルの公園の入口』(1888年)
フィンセント・ファン・ゴッホ『アルルの公園の入口』(1888年)

それもそのはず、『アルルの公園の入り口』が描かれた時期は、彼がゴーガンとの共同生活と創作の日々を楽しみにしながら、アルルの「黄色い家」でゴーガンの到着を心待ちにしていた頃の作品なのです。この後にゴーガンが到着、待望の生活が始まりますが、僅か2か月で共同生活は壊れてしまいます。ゴッホが耳の一部を切り落とし、その後に入院した有名なエピソードは、その破綻ゆえ。病気療養中のゴッホが手がけた『道路工夫』(1889年)が、下の階の展示室に展示してありました。

柴田:画面が黄色1色に染まっていて……これは、現実にはなくて、心の中にしかないような景色だと感じます。空と木も一緒くたになっていて、自分の心と現実がクロスオーバーしている感じがすごく伝わってきますね。

「あ、でもよく見ると、『アルルの公園の入り口』の右上のほうも、既にゴッホっぽく渦巻き始めてる……(笑)」と気づいた柴田さん。破綻の予兆は、早くも描き込まれていたのかもしれません。これもまた、巨匠の作品を見ることができる充実したコレクションならではの楽しみ。『アルルの公園の入り口』中央に描かれた、ゴッホ本人と言われる男にも、柴田さんの視線は注がれました。

柴田:この足の立ち方をしている人って、すごく気難しそう……私の知り合いの、頑固なミュージシャンの立ち方にすごく似ているんですよ(笑)。そういえば、フレディー・マーキュリー(バンド「QUEEN」のボーカル)もこの立ち方だと思うんですよね。癖が強い人の立ち方なのかなあ。これがゴッホ本人がモデルだと聞くと、さらにそう思えてきますね。

展示会場に入ってからずっと目を輝かせ、楽しそうな様子の柴田さん。「すごい! 入る部屋、入る部屋、全部が面白い展覧会ってなかなかないですよね?」と彼女が語るように、フィリップス・コレクションが一味違うのには、実は理由があるのです。

柴田聡子
Page 1
次へ

イベント情報

『フィリップス・コレクション展』
『フィリップス・コレクション展』

2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝)
会場:東京都 東京 三菱一号館美術館
時間:10:00~18:00
休館日:月曜
料金:一般1700円 高校・大学生1000円 小・中学生500円

プロフィール

柴田聡子(しばた さとこ)

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。ギターの弾き語りでライブを行う傍ら、岸田繁、山本精一など豪華ミュージシャンを迎えた最新作『愛の休日』まで、4枚のアルバムをリリースしている。2016年に上梓した初の詩集『さばーく』が第5回エルスール財団新人賞<現代詩部門>を受賞。現在、雑誌『文學界』でコラムを連載しており、文芸誌への寄稿も多数。歌詞だけにとどまらず、独特な言葉の力にも注目を集めている。2018年3月、アナログ・マスタリング / カッティングまで本人が完全監修した4thアルバム『愛の休日』のLPレコードを発売。精力的に展開しているライブでは新曲が次々に発表されており、新たな作品への期待が高まっている中、ライブではキラーチューンの座を確立している『ワンコロメーター』の7inchEPを11月にリリースした。同月、バンド形態「柴田聡子inFIRE」名義でのワンマンライブを開催、満員御礼。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業