レポート

『82年生まれ、キム・ジヨン』著者が来日。「社会の変化と共にある小説」

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)
『82年生まれ、キム・ジヨン』著者が来日。「社会の変化と共にある小説」

韓国で100万部の『82年生まれ、キム・ジヨン』が日本でもヒット

韓国で100万部を超えるベストセラーを記録した小説『82年生まれ、キム・ジヨン』が邦訳され、12月に刊行された。完売店が続出し、発売から2か月で発行部数8万部を突破するなど、日本でもアジア文学の翻訳作品としては異例とも言えるヒットを記録している。

本作は1982年生まれの韓国の女性キム・ジヨンの半生を、彼女を診察する精神科医のカルテという形で回想する。誕生から学生時代、受験、就職、出産、育児といった彼女のライフイベントを淡々とドキュメンタリーのように綴る中で、女性が人生で当たり前に直面する様々な不平等や差別が浮かび上がる。(参考記事:韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』表紙
チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』表紙

また2月21日には、同書の著者チョ・ナムジュが表題作を執筆した、女性作家7人によるフェミニズム小説の短篇集『ヒョンナムオッパへ』の邦訳が刊行された。

2月19日にチョ・ナムジュが来日し、報道陣向けの記者会見と、作家の川上未映子らを招いたトークイベントを行なった。その模様をレポートする。

「国や環境が違っても同じような社会状況が共感に繋がったのでは」

記者会見にはチョ・ナムジュと翻訳者の斎藤真理子が登壇した。

チョ:『82年生まれ、キム・ジヨン』がこのように日本で多くの読者の方に読んでいただくことは予想していなかったので驚きました。とても嬉しいという気持ちが大きいです。

チョは韓国でも報道されていたという、「保育園落ちた、日本死ね」と書かれた匿名ブログのニュースや、東京医大の入試における女性差別問題などに触れながら、日本でのヒットの理由を分析した。

チョ:SNSやネットで日本の読者が感想をあげてくださっているのを見ましたが、日本人だけど共感した、似た経験をしたというのを数多く見かけました。国や環境が違っても同じような社会で通じることがあったから、日本の読者の共感に繋がったのかなと思います。

『82年生まれ、キム・ジヨン』の著者チョ・ナムジュ。1978年ソウル生まれ。
『82年生まれ、キム・ジヨン』の著者チョ・ナムジュ。1978年ソウル生まれ。

また本書の執筆時を振り返り、自身の経験を語った。

チョ:私もキム・ジヨン氏と同じキャリアの断絶を経験しています。育児をしながら次の進路に悩んでいる時、自分の能力が欠けているのではないかなどと自分を責めている時間が長くありました。しかしそれは全て自分の問題なのだろうか、女性を取り巻く環境がそうさせているのではないか、自分の選択が社会の制度や空気の影響を全く受けずにいられたのだろうかと考えるようになったんです。

翻訳を手掛けた斎藤真理子は印象深い日本の読者の感想を紹介した。

斎藤:読者からの声でハッとしたことがありました。「#MeTooはバリキャリのような女性たちの問題で、自分とは遠い問題だと思っていたが、『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んで自分が経験してきたことが社会問題の1つだと気づき戸惑っている。でも気づけて良かった」という声をいただきました。この本には、自分が認識していなかったことに名前をつけてくれる力があると思います。

表題作を手掛けたフェミニズム小説の短篇集『ヒョンナムオッパへ』も刊行

もう1つの作品『ヒョンナムオッパへ』では、男性から抑圧を受けている女性が主人公になっている。

大学卒業後、放送作家として働いていたチョは家庭内暴力に関するテレビ番組を制作したことがあり、そこで暴力を受けている女性は、社会的地位や経済的な能力、社会で発言する力もある人物だったという。

チョ:そのような女性が男性との関係においては暴力を受け続けているという状況が理解できないと思いながら、その理由について長年考えてきました。心理的な部分で被害を受けた人が自らの状況を認知できず、自ら状況から抜け出すことができない、ということについて考えている時に執筆の依頼がきました。短い作品の中で、1人の女性と男性の間に起きたことを完成させたい、という思いでした。

「社会の変化と共にある小説として記憶されてほしい」

『82年生まれ、キム・ジヨン』は韓国で刊行後、国会議員が他の議員に贈ったり、検事長から受けたセクハラを告発したソ・ジヒョン検事も本書に言及するなど、社会の様々な場面で引用された。ソ・ジヒョン検事による告発は、韓国国内の#MeToo運動の火付け役となった出来事だ。

チョ:韓国の国会ではいま、別称「『82年生まれ、キム・ジヨン』法案」として、雇用関係・保育関連の法令が発議されています。ソ・ジヒョン検事の事件でも加害者に一審で実刑判決が出ました。そのように今後#MeToo運動で起きた様々な出来事に対して色んな結果が出てくると思いますし、この先もそういった動きが実を結ぶと良いと思う。そうした社会の変化と共にある小説として記憶されてほしいという願いを持っています。

左から翻訳家の斎藤真理子、来日したチョ・ナムジュ。2人が手にしているのは『82年生まれ、キム・ジヨン』『ヒョンナムオッパへ』の2冊
左から翻訳家の斎藤真理子、来日したチョ・ナムジュ。2人が手にしているのは『82年生まれ、キム・ジヨン』『ヒョンナムオッパへ』の2冊
Page 1
次へ

書籍情報

『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』

2018年12月8日(土)発売
著者:チョ・ナムジュ
翻訳:斎藤真理子
価格:1,620円(税込)
発行:筑摩書房

『ヒョンナムオッパへ』

2019年2月21日(木)発売
著者:チョ・ナムジュ、チェ・ウニョン、キム・イソル、チェ・ジョンファ、ソン・ボミ、ク・ビョンモ、キム・ソンジュン
翻訳:斎藤真理子
価格:1,944円(税込)
発行:白水社

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性