特集 PR

国内外で人気のZINEを学生が制作。フォントの魅力を発信する

FONT SWITCH PROJECT
テキスト
宇治田エリ
撮影:前田立 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)
国内外で人気のZINEを学生が制作。フォントの魅力を発信する

ZINEを通してフォントの魅力を学生たちが紹介する

ZINEは、個人単位の創作や表現活動を可能にしてくれる、紙のメディアだ。個人が紙面作りに挑戦しやすくなったことで、近年はデザインやアートを仕事にする人以外もフォントを扱うようになった。このようにZINEなどのメディアを通して「伝えたいことを伝える」ために、文字そのものが持つ表現力を知る必要がある。

文字を特徴付けるフォントの奥深い世界に、関心を強く寄せる学生も数多くいる。現在モリサワが主催する「FONT SWITCH PROJECT」では、そんな文字に興味がある学生を集めた「モリパス部」を結成。2019年6月から「Moji no ZINE」というフォントの魅力を伝えるためのZINEを制作している。

第4期となる2019年度のモリパス部メンバーは、美大生、美術系専門学生だけでなく、一般大学生も参加。総勢35名が8チームに分かれ、過去2回の部会で「フォントの作り方」「フォントの使い方が巧みなクリエイター」「フォントを使った表現」「フォント自体の歴史や特徴」という4つの視点から深掘りしたいことを選び、各チームテーマを深めながらZINEの制作を進めてきた。

そして2019年8月1日、国分寺にある美大生のための放課後活動拠点「D-LAND LOUNGE」にて第3回部会を開催。ZINEの最終発表が行われた。

メンバーの所属校はバラバラだが、第4期からは部会のプログラムにグループ作業が組み込まれ、対面での作業時間が設けられた。そのため、わずかな期間でまとまりのあるチームになっているようだ。

キャラクターを作ったり、文字を擬人化させたり。フォントを巡る、さまざまな企画

第1回目の部会で各チームが打ち出した「読者に伝えたいこと」は下記の通り。

「フォントのウロコの面白さを伝えたい」
「フォントが秘める温度を伝えたい」
「読むのではなく、見る文字の魅力に気づいてほしい」
「フォントの機能性とデザイン性を意識する人を増やしたい」
「街で見かけるフォントの魅力を表現したい」
「文字遊びでフォントの楽しさを伝えたい」
「フォントをアートとして紹介したい」
「文字の細部を深掘りしたい」

ここから読者により伝えるために、紙面の企画やデザインを組み立てていった。いくつかのチームの発表をご紹介しよう。

「フォントの作り方」という視点から掘り下げるのは、Bチーム。「フォントを作るプロの熱意と凄さを伝えたい」という思いから、フォント熱溢れる「熱男」というキャラクターを打ち立て、フォントを作る人々の話をユニークに、テンポよく紹介する内容となった。

「熱男」というキャラクターを用いたBチームの発表
「熱男」というキャラクターを用いたBチームの発表

「フォントの使い方が巧みなクリエイター」に注目し、企画を立てたCチームは、アートディレクター・デザイナーとして活躍する服部一成にインタビューを行った。「文字は情報だけでなく、印象や雰囲気を伝えられるもの。そんなデザインとしての文字の魅力や可能性を知ってもらいたい」と、紙面構成に工夫を凝らしながら、「見る文字」ならぬ「魅る文字」を作るデザイナーの話や作品例を紹介した。

デザイナー服部一成のインタビューを行ったCチームの発表
デザイナー服部一成のインタビューを行ったCチームの発表

「フォントを使った表現」という視点から掘り下げたGチームは、メンバー各自がフォントを使った装丁デザインを行ない、グラフィカルに文字を扱った。「フォントが持つオーラを生かして小説が持つ世界観を表現しました」と、文字による表現の可能性を追求していた。

「フォントにはオーラがある」をテーマにしたGチームの発表
「フォントにはオーラがある」をテーマにしたGチームの発表

Eチームは「フォント自体の歴史や特徴」という視点から派生し、「もし、文字が話し始めたら?」というテーマからフォントを擬人化。フォント同士がチャットで会話することによって、フォントが持つキャラクター性を引き立たせる内容となった。「前回の部会が4日前だったんですが、読者にフォントの個性がより伝わるように内容を変更しました。デザインも大幅に変えて、手にとって読みやすいように、折る方法やレイアウトも工夫しました」と、短期間で集中し、納得できる仕上がりになったようだ。

「擬人化したフォントが話し始める」というユニークなZINEを作ったEチームの発表
「擬人化したフォントが話し始める」というユニークなZINEを作ったEチームの発表
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『FONT SWITCH PROJECT 第3回部会』
『FONT SWITCH PROJECT 第3回部会』

2019年8月1日(木)
会場:東京都 D-LAND LOUNGE
時間:10:00〜17:00

『Moji no ZINE完成発表会』

2019年9月29日(日)
会場:東京都 株式会社モリサワ東京本社
時間:13:30〜17:30

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄