レポート

柴那典×三宅正一 批評の役割は意味付けと新たな視点の提供

テキスト
山田宗太朗
撮影:Uwabo Kodai 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)
柴那典×三宅正一 批評の役割は意味付けと新たな視点の提供

CINRA.NET主催の無料トークイベント『KOTODAMA』が11月27日に成人限定のスペース「RETHINK CAFE SHIBUYA」で開催された。本イベントでは「言葉で、魂を伝える」をテーマに、ライターや編集者として活動するゲストを迎えてトークを展開。編集者やライターとして活動している人はもちろん、これから目指す人にも学びや気づきを届けることを目的としたイベントだ。毎回さまざまなトークテーマを据え、タイトルに表記する。

第1回となった今回は『KOTODAMA~音~』と題して、音楽媒体で活躍する音楽ジャーナリストの柴那典とライターの三宅正一が登壇。Podcastやラジオへの出演を重ねている柴と、自身のレーベルを設立しマネジメント業務も担当している三宅。軸足はライター業に置きつつも、多方面に活動の場を広げるふたりが語り合った。

トークは事前にふたりが考えてきた「話してみたいトークテーマ」をもとに進行されていく。柴が用意したテーマは「関わっているカルチャーメディアや文字媒体のイメージ」「もし自分がメディアを立ち上げるなら」「音楽シーンとかカルチャービジネス、若手のアーティストをプッシュアップしていくには」の3つ。それに対して三宅が考えてきたのは「日本の音楽メディアと取材のあり方、音楽メディアの役割」「メジャーレーベルは今の時代にどんな存在意義を果たせるのか」の2つだった。

最初のテーマとして「関わっているカルチャーメディアや文字媒体のイメージ」が選ばれ、『KOTODAMA』はスタートした。

左から:柴那典、三宅正一
左から:柴那典、三宅正一

音楽から遠い人に、音楽で起きていることを届ける役割

「関わっているカルチャーメディアや文字媒体のイメージ」のテーマの中で柴は、著書『ヒットの崩壊』(講談社)以降、音楽メディア以外で仕事をする機会が増えていると語る。やや意外に感じられるかもしれないが、彼が現在連載を抱えている雑誌や新聞は『日経MJ』(日本経済新聞社)『GOETHE』(幻冬舎)『婦人公論』(中央公論新社)と、どれも音楽メディアではない。こうした媒体をどんな人が読んでいるかイメージすることで、スムーズな執筆に繋がると言う。

たとえば『婦人公論』の主な読者層は60~70歳代の女性なので、「娘世代との会話のネタになるような観点で」最新の音楽を紹介する。「ももいろクローバーZ、でんぱ組.inc、松田聖子」「細野晴臣、Yogee New Waves、never young beach」というふうに。柴は自身の役割を「音楽カルチャーから遠い人に、音楽の分野で起きていることを届ける役割」と言う。

柴那典(しば とものり)<br>1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA』『MUSICA』『リアルサウンド』『ミュージック・マガジン』『婦人公論』など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。CINRAにて大谷ノブ彦(ダイノジ)との対談「心のベストテン」連載中。著書に『ヒットの崩壊』(講談社)『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)、共著に『渋谷音楽図鑑』(太田出版)がある。
柴那典(しば とものり)
1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA』『MUSICA』『リアルサウンド』『ミュージック・マガジン』『婦人公論』など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。CINRAにて大谷ノブ彦(ダイノジ)との対談「心のベストテン」連載中。著書に『ヒットの崩壊』(講談社)『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)、共著に『渋谷音楽図鑑』(太田出版)がある。

読者が見えないと書きづらいという感覚には三宅正一も同意で、「誰が、なにを求めてインタビューを読むのか?」と問題提起する。インタビュー記事はカルチャーに詳しい読者だけでなく、それを越えた人々に届けなければいけないのではないか、と。専門媒体で専門分野について語ることと、その専門から遠く離れた人に届けること、両方の大切さについて議論が交わされた。

三宅正一(みやけ しょういち)<br>1978年東京都生まれ。大学卒業後、カルチャー誌『SWITCH』及び『EYESCREAM』の編集を経て、2004年にフリーライターとして独立。音楽を軸としたカルチャー全般に関するインタビュー及び執筆を担当している。2017年12月、主宰レーベル「Q2 Records」を設立。現在までに踊Foot Works(マネジメント業務も担当)やマテリアルクラブの作品をリリースしている。
三宅正一(みやけ しょういち)
1978年東京都生まれ。大学卒業後、カルチャー誌『SWITCH』及び『EYESCREAM』の編集を経て、2004年にフリーライターとして独立。音楽を軸としたカルチャー全般に関するインタビュー及び執筆を担当している。2017年12月、主宰レーベル「Q2 Records」を設立。現在までに踊Foot Works(マネジメント業務も担当)やマテリアルクラブの作品をリリースしている。

ライターや編集で生きていくとは

「もし自分がメディアを立ち上げるとしたら」というテーマでは、三宅が「若い世代の感性には勝てないので、むしろ若手をサポートする側に回りたい」と言えば、柴は「企業がスポンサードしてカルチャーを作ることの大切さを感じる」と言う。企業が枠組みを作らなければ、どんな面白いこともサステナブルな形にはならない。アートに携わる意志のある人と資金力のある企業を繋ぐことは重要であり、それ自体がひとつのメディアになり得る。その意味では本イベントもメディアであり、このようなメディア(イベント)が定着してほしいと両氏は言う。

また、三宅が自身のレーベル「Q2 Records」を設立し、踊Foot Worksやマテリアルクラブなどのマネジメントを手がけようと思った理由が「40歳を前にして、今後10年、20年をフリーライターだけで生きていくことが想像つかなかった」からだとも明かされた。ライターや編集の世界では「フリーでは食っていけない」などとよく言われる。しかし柴と三宅はともに「フリーでも自分たちのように食えている人はいる」ことを強調した上で、ライターや編集だけで無理に食おうとするゼロイチの考え方に縛られなくてもいいのではないか、という提案がなされた。

会場となったRETHINK CAFEは、「CLEAN & HUNGRY」をコンセプトに、カフェとワークスペースが一体となった空間。ヘルシーなサラダ丼やオーガニックコーヒーなどを楽しめるほか、2Fではコピー機や付箋など、ビジネスに欠かせないツールを無料で使用できる。
会場となったRETHINK CAFEは、「CLEAN & HUNGRY」をコンセプトに、カフェとワークスペースが一体となった空間。ヘルシーなサラダ丼やオーガニックコーヒーなどを楽しめるほか、2Fではコピー機や付箋など、ビジネスに欠かせないツールを無料で使用できる。
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『KOTODAMA~音~』
『KOTODAMA~音~』

2019年11月27日(水)
会場:東京都 RETHINK CAFE SHIBUYA

出演:
柴那典
三宅正一

※対象年齢:20歳以上

『KOTODAMA~メディア~』

2019年12月23日(月)
会場:東京都 RETHINK CAFE SHIBUYA
出演:
西田善太(BRUTUS編集長)
柏井万作(CINRA.NET編集長)
※対象年齢:20歳以上

施設情報

RETHINK CAFE SHIBUYA

「NO SMOKING, Ploom TECH ONLY」スタイルで、CLEAN&HUNGRYをコンセプトに楽しいも、正しいも叶える場所。美味しいご飯を食べたい。たばこの時間を楽しみたい。でも、周りの人にも自分にも気を使いたい。やりたいことと、やらねばならないこと、どちらもしっかり保てる大人へ。仕事の時間も、息抜きの時間も、楽しく、無理なくすごせるこの場所から、あたらしいスタイルが始まります。

プロフィール

柴那典(しば とものり)

1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA』『MUSICA』『リアルサウンド』『ミュージック・マガジン』『婦人公論』など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。CINRAにて大谷ノブ彦(ダイノジ)との対談「心のベストテン」連載中。著書に『ヒットの崩壊』(講談社)『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)、共著に『渋谷音楽図鑑』(太田出版)がある。

三宅正一(みやけ しょういち)

1978年東京都生まれ。大学卒業後、カルチャー誌「SWITCH」及び「EYESCREAM」の編集を経て、2004年にフリーライターとして独立。音楽を軸としたカルチャー全般に関するインタビュー及び執筆を担当している。2017年12月、主宰レーベル「Q2 Records」を設立。現在までに踊Foot Works(マネジメント業務も担当)やマテリアルクラブの作品をリリースしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図