レビュー

本当の気持ちに向き合ってもらうための、「黒い絵」

中山博美
2009/07/24
本当の気持ちに向き合ってもらうための、「黒い絵」

喜びの中に潜む狂気、哀しみの中にみられる遠い過去の幸せ。目に写る表情とは相反する感情をも孕むMASAKOの絵には、特定できる人物や場所は描かれていない。描かれているものは、どこかニュートラルな存在で誰にでもなりうるし、どこへにもすり替わる。絵の中のものたちは、まるで自分の知っている誰か、あるいはどこかのようで観ている者は自然と感情移入をしてしまうことだろう。

「home」という作品は、人間が介在しないにも関わらず人の息づかいを感じる作品である。それは、MASAKO自身が人と深く関係していくことを強く望んでいるからに違いない。絵を媒介に他者との対話を試みる彼女は、時に絵を描くことが苦しいとも言う。

水性ペンキやアクリル、チョークなどを一枚の絵に重ねていく彼女の絵は、黒色がベースになっているものが多い。特定の強いイメージが先行しがちな有彩色と比べると無彩色はとても落ち着いている。彼女の作品を観て、黒は自分の気持ちを投影しやすくその時の感情を浮かびあがらせてくれると感じた。ゆえに、絵から受ける印象は観る者の気分や日によってそれぞれ異なるものとなるだろう。人々が、既成概念に囚われず本当の気持ちに向き合ってもらうために使用するであろう黒。そんな彼女が、黒を置いて他の色を取る時は一体何を思っているのだろうか。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

MASAKO

今感じたこの感情は 今しか残せない。常に揺れ動く世の中で変わらないものがあると信じたい。表面的な脆さや、内面に隠れている強さ、そんなものに魅力を感じる。日常に溢れる感情を残したい。それによって、また様々な感情が生まれたらと。人の感情の中で生きる作品をつくりたい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開