レビュー

ジャンルを越境するパーティ、その濃厚なるエネルギーを感じて

福アニー
2012/06/26
ジャンルを越境するパーティ、その濃厚なるエネルギーを感じて

ここ1年ほど、ももいろクローバーと神聖かまってちゃん、BiSと怒髪天、東京女子流とPsysalia Psysalis Psyche、でんぱ組inc.とBO NINGENなど、アイドルグループとロックバンドのクロスオーバーな対バンにおもしろみを感じていた。そこに、オールナイトイベント『天狗 A NIGHT!!』開催の知らせである。まず、文芸誌『界遊』の発行、とだけ冠をつけるにはあまりに幅広い活動をしているKAI-YOUと有志数名からなる断men'Sが主催、男性用アダルトグッズ販売の雄・TENGAがサポートするという意外性におおいに興味がわいた。しかも出演アーティスト陣は、ミュージシャンからセクシー女優、お笑い芸人、インターネット上を主戦場とするクリエイターまで、ごった煮なメンツ。来場者にはTENGA EGGをプレゼントと、男性諸氏にはうれしいサービスも。また、開催前にはDOMMUNEで前前夜祭を行ったり、村上隆がキュレーターを務める展覧会『A Nightmare Is A Dream Come True:Anime Expressionist Painting』とコラボし、そのオープニングレセプションを2.5Dを通して配信したりと、ソーシャルメディアを駆使した事前告知も印象的だった。というわけで、開催前から盛りだくさんな話題を引っさげた『天狗 A NIGHT!!』、当日の模様をお伝えする。

撮影:市村岬
撮影:市村岬

会場のWOMBに入ると、外国人やカップル、同性グループが目についたが、男性のおひとりさまも多い。フロアはメインのTENG FLOOR、ソファーやカウンターがあるEXCITING FLOOR、エンターテインメントパーティー『MOtOLOiD』が繰り広げるBREAK FLOORの3つ。まずTENG FLOORに向かうと、soucuts a.k.a UCHIDAがエレクトロニカをベースに、相対性理論や東京事変をプレイしていた。終盤にかけてバキバキのテクノへと変化し、とりわけ歓声が上がっていたのがtengal6“Photograph”。そこに加わるJNTHEDのVJも萌え炸裂ですごかった。お次は、コスプレアニソンアーティストのサオリリス。「もっと飛べるよ!よっしゃいくぞー!」とコール&レスポンス、パラパラ、ギンギンなつまみさばきのトリプルモーションでお客さんを魅了。オーディエンスもペンライトぶるんぶるん、手を叩いて飛び飛び!これが生のオタ芸かあ、と感動していると、隣にいた男子が「ここは渋谷でもWOMBでもない。まぎれもなくアキバだ。夢と楽しさを売っている」と友達に話していて印象的だった。

撮影:市村岬
サオリリス(撮影:市村岬)

EXCITNG FLOORに行ってみると、ちょうどセクシー女優の松すみれがプレイ中。洋ものやK-POPをかけながら、「テキーラ飲もう、セックスオンザビーチ!」とご機嫌なムード。フロアでは、ガチムチな外国人がキレキレダンスで隣の日本人男子を挑発し始め、どうするかと思って見ていたら、彼もコンテンポラリーダンスのような複雑なリズムで応酬するというほほえましい場面も。BREAK FLOORでは、くりかまきがきゃりーぱみゅぱみゅやPerfume、“残酷な天使のテーゼ”を。EXCITING FLOORに戻って元セクシー女優の紅音ほたるがかけるR&BとHIP HOP、Tenga Boysのアシッドテクノを聴いたあとは、再びTENG FLOORへ。

撮影:市村岬
松すみれ、紅音ほたる(撮影:市村岬)

ちょうどMoonbugがプレイ中で、KARAや少女時代をダブステップ調に、サカナクションやくるりをテクノ調にミックス。公式カメラマンもノリながら撮影していて、なんとも楽しい雰囲気だ。スペイシーなダンスロックで魅せるRAM RIDERは、『モテキ』のVJをバックにTwitterをテーマにした曲を披露したり、“No Continue”のサビをコール&レスポンスしたりしていた。場内も自然と盛り上げコールが起こる。そして直前に発表されたシークレットゲストの大沢伸一! とにかく音圧がすごく、重心の低いテクノで一気に硬派な空間にするのはさすが。そんななかEXICITING FLOORではやついいちろうや和がJ-POPで盛り上げていたし、WOMB内、同時多発カオス!

撮影:市村岬
RAM RIDER(撮影:市村岬)

大トリはRE:NDZ a.k.a kz。バキバキでアゲアゲなムードのなか、くるり“WORLD'S END SUPERNOVA”やダフトパンクなどでフロアはヒートアップ。そして締めはもちろん、自身の楽曲であり、Google ChromeのCM曲としても知られている“Tell Your World”。フロアは大合唱に包まれ、オーディエンスからアンコールを求める声が起こり、大盛り上がりのまま終演を迎えた。

撮影:市村岬
RE:NDZ a.k.a kz(撮影:市村岬)

ライブももちろんよかったが、声をかけてきた男性との会話も心に残った。かつてはサンフランシスコでミュージシャンとして活動し、現在はアンテナの販売営業をしているAさんは、「俺、パーティ大好きだから」と満面の笑みを浮かべていた。Bさんはワーキングホリデーで行ったイギリスの老舗バコでの思い出や、秋葉原MOGRAでイベントをする予定のことなどを。「あそこにいる人、さっき俺に話しかけてくれたんだけど、このイベントがおもしろそうだからって5年ぶりにハコに来たんだって」と彼が指さすほうを見てみると、スーツ姿の男性が髪を振り乱しながら盛り上がっていた。その場限りの出会いというのは儚く寂しいものだけれど、それもまた縁、尊く不思議なものだとも思った。

撮影:市村岬
撮影:市村岬

確かなセレクト眼が光るこのミクスチャーイベントで、やはりひとは「コール&レスポンス」によるつながりを求めているのだと実感した。こうしたディープカルチャーはともするとネガティブな印象を持たれがちだが、「場」に集うひとの肉体性に、サブカルチャーもオタク文化も関係ないのだ。そこにははちきれんばかりのエネルギーが満ち満ちていたことを、ここに記しておきたい。

イベント情報

『天狗 A NIGHT!!』

2012年5月25日(金)OPEN 23:00
会場:東京都 渋谷 WOMB
出演者:
[TENG FLOOR]
大沢伸一
RAM RIDER
RE:NDZ a.k.a. kz(livetune)
Moonbug
soucuts a.k.a UCHIDA
サオリリス
and more
[EXITING FLOOR]
やついいちろう
松すみれ
soucuts a.k.a UCHIDA
DJ和
ヒゲドライバー
TengaBoys
[BREAK FLOOR 『MOtOLOiD』RARE ver.]
DJ ヒゲドライバー
DJ ゆよゆっぺ
DJ 無力P
DJ emon
DJ キャプテンミライ
DJ ワンダフル☆オポチュニティ!
くりかまき
VJ:
丸橋圭太郎
kouta tajima
JNTHED
セーラーチェンソー
KASICO
and more
料金:
前売 3,500円
当日 男性4,000円 女性3,500円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施