レビュー

2012年、ネットレーベル発のインディーポップリバイバルの胎動

柴那典
2012年、ネットレーベル発のインディーポップリバイバルの胎動

2012年も年末に差し掛かり、一年を振り返るようなことも多くなってきた。そんな中でふと思うのは、ここ数年、スポットライトを浴びる音楽の多くが「熱量のある音楽」になっているなあ、ということ。音楽シーン自体は多様化が進んでいるけれど、一方で、ポップミュージックに求められる作用は画一化してるのかも。そんなことを思ったりする。たとえばアイドルの現場でも、たとえばロックフェスの会場でも、重視されるのは「盛り上がる」ということ。音楽を通しての瞬間的な熱の共有が、何より欲されている。だから、作られる曲も、オーディエンスがノレる箇所やフックを満載したものになっていく。メロディーや展開にしても、ビートにしても、わかりやすいダイナミックな曲展開、ひたすら情報量を詰め込んだようなサウンドが、場に「最適化」したものとして人気を高めていく。EDMが猛威をふるった海外でも、アイドル百花繚乱だった日本でも、メジャーシーンを見回すと、そういう傾向がさらに目立った一年だった気がしている。

で、僕はそういう「熱量のある音楽」は嫌いじゃないし、むしろ好きな方なんだけど、そういう中で、ふと「平熱の音楽」はどこに行ったんだろう? と思ったりもする。ビートに合わせて拳を振るためのポップネスじゃなくて、生活の中でじんわりと染みるようなポップネス。そういうものが、メインストリームのポップシーンでは、いつの間にか脇に押しやられていたような気がする。そう考えると、東京のインディーシーンでceroやシャムキャッツやスカートや昆虫キッズのようなユルくて普段着のポップを鳴らすバンドたちが徐々に注目を集めてきている理由も、ひとつのカウンターとして、なんとなくわかる気がする。

で、このSWIM SWEET UNDER SHALLOW。名古屋を拠点の中心に、マイペースに活動する男女2人組だ。今まで2枚のアルバムをリリースしてきた彼らによる1stシングルが、この『Safari e.p.』。彼ら自身のレーベル「hiraoyogi record」からフリーダウンロードの形式でリリースされた。

『Safari e.p.』フリーダウンロードはこちらから

ここに鳴っているのも、まさに「平熱のポップ」だ。早歩きくらいのBPMに、四つ打ちのビート。サビでグッと広がるオーバードライブのギターに、キラキラしたメロディー。男女のハーモニーを活かした、ふわりとした歌。甘酸っぱいテイスト。初期のスーパーカーとか、Teenage Fanclubとか、そのあたりのイメージ。シューゲイザーも、ポストロックやチルウェイブも、ちょっとずつ入ってる。それが瑞々しい感性でまとめられている。


このシングル3曲を聴いて、パッと浮かんだのは「インディーポップリバイバル」という言葉だった。80年代〜90年代のギターポップの2010年代へのリバイバル。だから、パッと耳をひく目新しさがあるか? と言われたら、あまりそうではない。たぶん似たようなテイストのバンドは、これまでにもたくさんいると思う。

しかし、まるでひっそりと流れる地下鉱脈のように、こういう類の音が求められてきたのが、2012年の日本のインディーシーンだった。そしてそれは、ネットレーベルという新しい回路を通って、次々と形になってきている。


たとえば、2012年の4月にはmöscow çlubというバンドの主宰によるコンピ『Ç86 JPN』(フリーダウンロード)がリリースされた。9月には新たに立ち上がったネットレーベルAno(t)raksによるコンピ『Soon V.A.』がリリースされた。どちらも音楽直販サイトbandcampのシステムを使った配信ダウンロードで、日本各地のインディーバンドたちの音源を集めたアルバムになっている。同じ方向性を持つネットレーベルCanata Recordsも活発にリリースを続けている。

「Ç86 」「アノラック」というキーワードでピンとくる人もいるかと思うけれど、これらのレーベルからリリースをしているバンドが直接的な影響元にしているのが、まさに80年代後半から90年代前半のイギリスのインディーシーンだ。あの時代のギターポップを今の時代性で再解釈したような音を鳴らすバンドが日本に生まれつつあり、それがネットを通じて海外の好事家リスナーたちの耳にも届き始めている。たとえば「Gay Vegan Vinyl Cassette」「Hi-Hi-Whoopee」のような新興のブログメディアがそれを支えている状況がある。

SWIM SWEET UNDER SHALLOWというバンドが、2012年に起こっていたこういう「ネットレーベル発のインディーポップリバイバル」のムーブメントにどこまで自覚的だったのかは、わからない。でも、音を聴くと、何かシンクロしている気がする。シーンの盛り上がりはまだまだ目に見えてはいないけれど、ここを拠点に何かが生まれるんじゃないか、という胎動を感じる。面白い。

リリース情報

SWIM SWEET UNDER SHALLOW
『Safari e.p.』(CD)

2012年10月10日発売
hiraoyogi record / CARP-001

1. Safati
2. Slowlife
3. 海外逃亡

プロフィール

SWIM SWEET UNDER SHALLOW

ギターサウンドを基調とした男女ツインボーカルバンド。2011年1月1stアルバム『elephantic』を発表。2011年11月2ndアルバム『moslight passion』を発表。レコーディング作品の発表を活動の軸に据え、淡々、飄々と活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送