特集 PR

橘慶太の才能とセンスは、w-inds.を時代と流行の中心に導く

w-inds.『Dirty Talk』
テキスト
柴那典
橘慶太の才能とセンスは、w-inds.を時代と流行の中心に導く

日本の音楽カルチャーの潮流は、「ガラパゴス」から「ボーダレス」へ移ろいつつある

2010年代の日本の音楽カルチャーの潮流は、「ガラパゴス」から「ボーダレス」というふうに移り変わっているように思う。もちろん、どちらがよくて、どちらが悪いというわけではない。それに、多種多様なリスナーの感性やアーティストの価値観の変化を簡単なキャッチフレーズで括ろうとするのは、そもそも無理がある。

それでも、2010年代後半になってのここ数年間で、少しずつ音楽シーンのムードや風向きのようなものが変わってきたように感じる。海外の(より正確に言うならば、アメリカを中心にした英語圏のグローバルな)音楽シーンのトレンドを意識しアンテナを張る作り手と聴き手が増えた。めまぐるしいアップデートが続く海外の音楽シーンと共鳴する感性を持ったアーティストが目立つようになった。それらの楽曲に「わかりにくい」とか「とっつきにくい」ではなく、「先鋭的」で「かっこいい」という魅力を感じるリスナーが徐々に増えてきたように思う。

w-inds.は、まさにその変化を象徴するグループの一組と言えるだろう(参考記事:w-inds.の音楽性を先鋭化させた2つの理由と、その変遷を辿る)。

w-inds.(左から:千葉涼平、橘慶太、緒方龍一)
w-inds.(左から:千葉涼平、橘慶太、緒方龍一)

橘慶太によるセルフプロデュース体制で、w-inds.の先鋭化は決定的に

2001年のデビュー以来、数々の実績を打ち立て、まさにJ-POPのど真ん中で活躍してきたw-inds.。2017年にリリースされた橘慶太のセルフプロデュースによるシングル“We Don't Need To Talk Anymore”と、その曲が収録されたアルバム『INVISIBLE』は、グループのイメージを刷新する大きな契機になった。トロピカルハウスのサウンドを展開しボーカルドロップの手法を取り入れたこの曲は、まさに海外の最先端のモードと同時代性を持った一曲。この曲をきっかけに、新たな層のリスナーも獲得し、サウンドクリエイターとしての彼への注目も増した。

2017年9月にリリースされたシングル“Time Has Gone”も橘慶太が作詞・作曲・編曲を担当し、さらにトラックダウンまで自身で手がけている。こちらは“We Don't Need To Talk Anymore”の手法やテイストを踏襲しつつも、フューチャーベースのサウンドを意欲的に導入したナンバー。BPMを落としてダンスミュージックというよりチルの要素を増やし、また新たな境地を開拓した楽曲となっていた。

そしてニューシングル“Dirty Talk”も、やはり橘慶太がプロデュースを担当した一曲。オフィシャルサイトなどでは「最先端のトレンドと90年代のニュー・ジャック・スイングのテイストを絶妙に織り交ぜた新たなダンスミュージック」と紹介されている。

では、“Dirty Talk”には、どんなモードが見て取れるのか。一聴して感じるのはやはりニュージャックスウィングのテイスト。跳ねたシャッフルのビート、うねるベース、甘くスムースなメロディーが映える。オーケストラルヒットの音色も際立っている。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

w-inds.『Dirty Talk』初回限定盤
w-inds.
『Dirty Talk』初回限定盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,500円(税込)
PCCA-04616

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
1. Dirty Talk Music Video
2. The Making of Dirty Talk Music Video
※個別サイン会参加券もしくはプレゼント応募券封入

w-inds.『Dirty Talk』RYOHEI盤
w-inds.
『Dirty Talk』RYOHEI盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00092

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -RYOHEI-
※個別握手会参加券封入(RYOHEI)

w-inds.『Dirty Talk』KEITA盤(CD+DVD)
w-inds.
『Dirty Talk』KEITA盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00093

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -KEITA-
※個別握手会参加券封入(KEITA)

w-inds.『Dirty Talk』RYUICHI盤
w-inds.
『Dirty Talk』RYUICHI盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)タワーレコード限定発売
価格:1,500円(税込)
BRCA-00094

[CD]
1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
[DVD]
・Behind The Scene -RYUICHI-
※個別握手会参加券封入(RYUICHI)

w-inds.『Dirty Talk』通常盤
w-inds.
『Dirty Talk』通常盤(CD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,000円(税込)
PCCA-7052

1. Dirty Talk
2. If I said I loved you
3. Dirty Talk(Instrumental)
4. If I said I loved you(Instrumental)
※一斉握手会に参加可能な告知フライヤー封入

イベント情報

『w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2018 ~ESCORT~』

2018年3月3日(土)
会場:北海道 Zepp Sapporo

2018年3月14日(水)
会場:東京都 中野サンプラザ

2018年3月16日(金)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2018年3月18日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2018年4/1(日)
会場:福岡県 福岡国際会議場・メインホール

2018年4月30日(月・祝)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜

プロフィール

w-inds.
w-inds.(ういんず)

橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。2001年3月14日にシングル『Forever Memories』でデビュー。同年リリースされた1stアルバム『w-inds.~1st message~』はオリコンチャート1位を記録。これまでに日本レコード大賞 金賞7回、最優秀作品賞1回を受賞し、NHK紅白歌合戦には6回出場と、実力・人気を不動のものとした。その活躍は、台湾・香港・韓国・中国・ベトナムなど東南アジア全域に拡がり、海外でも数々の賞を受賞。台湾ではアルバム4作連続総合チャート1位を記録。日本人として初の快挙を達成。21世紀という新しい時代に日本を中心に、世界中へ新しい風を巻き起こし続けている、男性ダンスボーカルユニット―――それがw-inds.である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも