特集 PR

PUNPEE、NORIKIYOらによるTHE BLUE HEARTSの新しい解釈

『終わらない歌』
テキスト
本間翔悟
編集:川浦慧
PUNPEE、NORIKIYOらによるTHE BLUE HEARTSの新しい解釈

THE BLUE HEARTSの、全く予想外のトリビュートアルバムが完成

ヒップホップアーティストによるTHE BLUE HEARTSのトリビュートアルバムが、5月30日にリリースされる。THA BLUE HERBではない。パンクロックバンドのTHE BLUE HEARTSだ。

1987年にメジャーデビューして以来、THE BLUE HEARTSはボーカル、ギター、ベース、ドラムスのシンプルな編成ながら力強い楽曲でバンドブームを牽引した。解散からすでに20年近くが経っているが、2015年には結成30年を記念したベスト盤がリリースされるなど、今でもその楽曲は若いリスナーを獲得し続けている。

そんなTHE BLUE HEARTSの、全く予想外のヒップホップトリビュートアルバム『終わらない歌』に集まったメンバーはNORIKIYO、PUNPEE、やけのはら、田我流、それにgrooveman Spot。今の日本のヒップホップシーンを代表するラッパー / トラックメイカーが名を連ねていると言っていいだろう。そして彼らはTHE BLUE HEARTSの魅力を最大限に活かしながら、全く新しい楽曲を作り上げることに成功しているのだ。

上段:左からPUNPEE、やけのはら 下段:左から田我流、NORIKIYO、grooveman Spot
上段:左からPUNPEE、やけのはら 下段:左から田我流、NORIKIYO、grooveman Spot

アーティストや楽曲の「本質」を炙り出す、異ジャンルの音楽家によるトリビュート

近年の日本の音楽シーンではジャンルを超え、楽曲を大胆にアレンジするカバーやトリビュートが歓迎されることが増えている。前述のTHE BLUE HEARTSの結成30周年ベスト『THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~』(2015年リリース)の特典トリビュート盤では、ロックミュージシャンのみならずレゲエの若旦那が“TRAIN-TRAIN”、演歌の八代亜紀が“悲しいうわさ”を独自のスタンスで歌っている。

こういった方向性で印象的なアルバムは『宇多田ヒカルのうた ~13組の音楽家による13の解釈について~』(2014年リリース)だろう。副題にあるように、井上陽水や椎名林檎が宇多田ヒカルの楽曲に対するそれぞれのオリジナリティー溢れる「解釈」を見せたアルバムは大きな反響を呼んだ。

また、椎名林檎のデビュー20周年記念トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』(2018年リリース)では、RHYMESTERが椎名林檎の1999年の代表曲“本能”を思い切りよく作り直してラップを乗せ話題になっている。

今作『終わらない歌』に参加しているPUNPEEが、1966年の加山雄三“お嫁においで”を現代の感覚で解釈し直し新しい息吹を吹き込んだ“お嫁においで2015”も、こんな流れに位置付けることができるだろう。

異なるジャンルの音楽家による積極的なトリビュートは、原曲に沿っただけのカバーでは見えてこないアーティストや楽曲の本質を炙り出す。そして、過去の楽曲にリスペクトを込め、現代の感覚で新しく蘇らせることこそ、ヒップホップの得意とするところであることを考えると、一見異色にも見える「ヒップホップ×THE BLUE HEARTS」という組み合わせから素晴らしい楽曲が生まれるのも、不思議ではないことに気づかされる。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

V.A.『終わらない歌』
V.A.
『終わらない歌』

2018年5月30日(水)発売
価格:2,000円(税込)
TKCA-74665

1. 終わらない歌(REMIX) / NORIKIYO (produced by PUNPEE)
2. TRAIN-TRAIN(REMIX) / NORIKIYO&PUNPEE(produced by I-DeA)
3. キスしてほしい(REMIX) / やけのはら feat. 田我流
4. リンダ リンダ(REMIX) / やけのはら
5. 青空(grooveman Spot REMIX) / grooveman Spot

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催