特集 PR

PUNPEE、NORIKIYOらによるTHE BLUE HEARTSの新しい解釈

『終わらない歌』
テキスト
本間翔悟
編集:川浦慧
PUNPEE、NORIKIYOらによるTHE BLUE HEARTSの新しい解釈

THE BLUE HEARTSの、全く予想外のトリビュートアルバムが完成

ヒップホップアーティストによるTHE BLUE HEARTSのトリビュートアルバムが、5月30日にリリースされる。THA BLUE HERBではない。パンクロックバンドのTHE BLUE HEARTSだ。

1987年にメジャーデビューして以来、THE BLUE HEARTSはボーカル、ギター、ベース、ドラムスのシンプルな編成ながら力強い楽曲でバンドブームを牽引した。解散からすでに20年近くが経っているが、2015年には結成30年を記念したベスト盤がリリースされるなど、今でもその楽曲は若いリスナーを獲得し続けている。

そんなTHE BLUE HEARTSの、全く予想外のヒップホップトリビュートアルバム『終わらない歌』に集まったメンバーはNORIKIYO、PUNPEE、やけのはら、田我流、それにgrooveman Spot。今の日本のヒップホップシーンを代表するラッパー / トラックメイカーが名を連ねていると言っていいだろう。そして彼らはTHE BLUE HEARTSの魅力を最大限に活かしながら、全く新しい楽曲を作り上げることに成功しているのだ。

上段:左からPUNPEE、やけのはら 下段:左から田我流、NORIKIYO、grooveman Spot
上段:左からPUNPEE、やけのはら 下段:左から田我流、NORIKIYO、grooveman Spot

アーティストや楽曲の「本質」を炙り出す、異ジャンルの音楽家によるトリビュート

近年の日本の音楽シーンではジャンルを超え、楽曲を大胆にアレンジするカバーやトリビュートが歓迎されることが増えている。前述のTHE BLUE HEARTSの結成30周年ベスト『THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~』(2015年リリース)の特典トリビュート盤では、ロックミュージシャンのみならずレゲエの若旦那が“TRAIN-TRAIN”、演歌の八代亜紀が“悲しいうわさ”を独自のスタンスで歌っている。

こういった方向性で印象的なアルバムは『宇多田ヒカルのうた ~13組の音楽家による13の解釈について~』(2014年リリース)だろう。副題にあるように、井上陽水や椎名林檎が宇多田ヒカルの楽曲に対するそれぞれのオリジナリティー溢れる「解釈」を見せたアルバムは大きな反響を呼んだ。

また、椎名林檎のデビュー20周年記念トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』(2018年リリース)では、RHYMESTERが椎名林檎の1999年の代表曲“本能”を思い切りよく作り直してラップを乗せ話題になっている。

今作『終わらない歌』に参加しているPUNPEEが、1966年の加山雄三“お嫁においで”を現代の感覚で解釈し直し新しい息吹を吹き込んだ“お嫁においで2015”も、こんな流れに位置付けることができるだろう。

異なるジャンルの音楽家による積極的なトリビュートは、原曲に沿っただけのカバーでは見えてこないアーティストや楽曲の本質を炙り出す。そして、過去の楽曲にリスペクトを込め、現代の感覚で新しく蘇らせることこそ、ヒップホップの得意とするところであることを考えると、一見異色にも見える「ヒップホップ×THE BLUE HEARTS」という組み合わせから素晴らしい楽曲が生まれるのも、不思議ではないことに気づかされる。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

V.A.『終わらない歌』
V.A.
『終わらない歌』

2018年5月30日(水)発売
価格:2,000円(税込)
TKCA-74665

1. 終わらない歌(REMIX) / NORIKIYO (produced by PUNPEE)
2. TRAIN-TRAIN(REMIX) / NORIKIYO&PUNPEE(produced by I-DeA)
3. キスしてほしい(REMIX) / やけのはら feat. 田我流
4. リンダ リンダ(REMIX) / やけのはら
5. 青空(grooveman Spot REMIX) / grooveman Spot

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで