特集 PR

PUNPEE、NORIKIYOらによるTHE BLUE HEARTSの新しい解釈

『終わらない歌』
テキスト
本間翔悟
編集:川浦慧
PUNPEE、NORIKIYOらによるTHE BLUE HEARTSの新しい解釈

THE BLUE HEARTSの、全く予想外のトリビュートアルバムが完成

ヒップホップアーティストによるTHE BLUE HEARTSのトリビュートアルバムが、5月30日にリリースされる。THA BLUE HERBではない。パンクロックバンドのTHE BLUE HEARTSだ。

1987年にメジャーデビューして以来、THE BLUE HEARTSはボーカル、ギター、ベース、ドラムスのシンプルな編成ながら力強い楽曲でバンドブームを牽引した。解散からすでに20年近くが経っているが、2015年には結成30年を記念したベスト盤がリリースされるなど、今でもその楽曲は若いリスナーを獲得し続けている。

そんなTHE BLUE HEARTSの、全く予想外のヒップホップトリビュートアルバム『終わらない歌』に集まったメンバーはNORIKIYO、PUNPEE、やけのはら、田我流、それにgrooveman Spot。今の日本のヒップホップシーンを代表するラッパー / トラックメイカーが名を連ねていると言っていいだろう。そして彼らはTHE BLUE HEARTSの魅力を最大限に活かしながら、全く新しい楽曲を作り上げることに成功しているのだ。

上段:左からPUNPEE、やけのはら 下段:左から田我流、NORIKIYO、grooveman Spot
上段:左からPUNPEE、やけのはら 下段:左から田我流、NORIKIYO、grooveman Spot

アーティストや楽曲の「本質」を炙り出す、異ジャンルの音楽家によるトリビュート

近年の日本の音楽シーンではジャンルを超え、楽曲を大胆にアレンジするカバーやトリビュートが歓迎されることが増えている。前述のTHE BLUE HEARTSの結成30周年ベスト『THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~』(2015年リリース)の特典トリビュート盤では、ロックミュージシャンのみならずレゲエの若旦那が“TRAIN-TRAIN”、演歌の八代亜紀が“悲しいうわさ”を独自のスタンスで歌っている。

こういった方向性で印象的なアルバムは『宇多田ヒカルのうた ~13組の音楽家による13の解釈について~』(2014年リリース)だろう。副題にあるように、井上陽水や椎名林檎が宇多田ヒカルの楽曲に対するそれぞれのオリジナリティー溢れる「解釈」を見せたアルバムは大きな反響を呼んだ。

また、椎名林檎のデビュー20周年記念トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』(2018年リリース)では、RHYMESTERが椎名林檎の1999年の代表曲“本能”を思い切りよく作り直してラップを乗せ話題になっている。

今作『終わらない歌』に参加しているPUNPEEが、1966年の加山雄三“お嫁においで”を現代の感覚で解釈し直し新しい息吹を吹き込んだ“お嫁においで2015”も、こんな流れに位置付けることができるだろう。

異なるジャンルの音楽家による積極的なトリビュートは、原曲に沿っただけのカバーでは見えてこないアーティストや楽曲の本質を炙り出す。そして、過去の楽曲にリスペクトを込め、現代の感覚で新しく蘇らせることこそ、ヒップホップの得意とするところであることを考えると、一見異色にも見える「ヒップホップ×THE BLUE HEARTS」という組み合わせから素晴らしい楽曲が生まれるのも、不思議ではないことに気づかされる。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

V.A.『終わらない歌』
V.A.
『終わらない歌』

2018年5月30日(水)発売
価格:2,000円(税込)
TKCA-74665

1. 終わらない歌(REMIX) / NORIKIYO (produced by PUNPEE)
2. TRAIN-TRAIN(REMIX) / NORIKIYO&PUNPEE(produced by I-DeA)
3. キスしてほしい(REMIX) / やけのはら feat. 田我流
4. リンダ リンダ(REMIX) / やけのはら
5. 青空(grooveman Spot REMIX) / grooveman Spot

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を