レビュー

スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

佐伯享介(CINRA.NET編集部)
スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

スピッツのニューシングル『優しいあの子』が6月19日にリリースされる。スピッツがシングルをリリースするのは、2016年の『みなと』以来、約3年2か月ぶり。ファンにとって特別な一枚になるだろう。それと同時に、NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌を収めたこのシングルは、多くの人にとってもスピッツの魅力を再認識する絶好の機会になりそうだ。

NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌として、約半年間にわたって全国のお茶の間でオンエアされる“優しいあの子”。シングル収録のフルバージョンは耳に新鮮

NHK朝ドラ『なつぞら』の主題歌がスピッツの新曲“優しいあの子”になることが発表れたのは、今年2月19日のこと。4月1日からスタートしたドラマは、9月28日まで全156話が放送される予定。現時点では69話まで放送されており、毎朝“優しいあの子”を耳にするのが日課という人も少なくないだろう。令和元年の日本の風景に刻まれる一曲になるはずだ。

“優しいあの子”は軽妙なテンポと優しいメロディー、きらきらしたギターの音色が印象的な楽曲。テレビサイズの音源に慣れた耳で聴くと、フルバージョンのこの楽曲は新鮮に感じる。2番からのアレンジ、間奏のギターフレーズ、ラストの落ちサビ。オーソドックスな楽曲展開だからこそ、メロディーの良さ、演奏とアレンジの良さ、そして歌詞の良さ、つまり「楽曲の良さ」が際立つ。

スピッツ『優しいあの子』ジャケット
スピッツ『優しいあの子』ジャケット(Amazonで見る

「あの娘」ではなく「あの子」。草野マサムネの言葉は「朝ドラ主題歌」の枠を飛び越える

草野マサムネ(Vo,Gt)によるもはや現代詩の粋に達する豊かな歌詞世界も健在で、とくにサビの歌詞の<優しいあの子にも教えたい>というフレーズは、夢見るようにスローダウンするメロディーと相まって、強烈に耳に残る。2番の歌詞にある<寂しい夜温める 古い許しの歌を/優しいあの子にも聴かせたい>というラインも良い。「あの娘」ではなく、「あの子」という言葉選びが秀逸だ。

「あの娘」という言葉は、スピッツの楽曲の歌詞はたびたび登場している。たとえばアルバム『名前をつけてやる』の1曲目“ウサギのバイク”には<優しいあの娘を連れて行こう/氷の丘を越えて>というフレーズがあるし、『スーベニア』収録曲“ナンプラー日和”の歌い出しは<愛しいあの娘の笑顔で/楽しい時間になりそうさ>だ。しかし「あの子」という言葉がこれまでのスピッツ楽曲に登場した記憶は、少なくとも筆者にはない。この「あの子」とは一体誰なのか。

スピッツ『スーベニア』収録曲“春の歌”

「朝ドラの主題歌」という意識で聴くと、「あの子」は『なつぞら』のヒロイン・なつか、それとも別の登場人物か……と解釈することもできるが、主題歌という枠の外では「あの子」に代入できる対象は性別を超えるし、もしかしたら人間以外にも当てはめることができるかもしれない。「あの娘」よりも普遍性をもつのが「あの子」なのだと解釈することもできる。

「広く美しい北海道の空の力」で書かれた“優しいあの子”。『なつぞら』を観ていない人にも聴かせたい

朝ドラのファンだという草野マサムネは、主題歌発表時に次のようなコメントを発表している。

記念すべき“朝ドラ”100作目、大好きだった「おしん」や「あまちゃん」のようにインストがいいのでは? とも考えましたが、今回は歌ありです。ドラマタイトルが「なつぞら」なのに詞がかなり冬っぽい仕上がりになってます。これには理由がありまして、お話をいただいてから何度か十勝を訪ねました。そこで感じたのは、季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を想わずにはいられないということ。「なつぞら」は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空、という解釈です。広く美しい北海道の空の力で書かせてもらいました!

注目したいのは、草野マサムネがドラマの主人公の心情を表現したとか、脚本のあの場面をイメージしたとかそういったスタンスではなく、「なつぞら」という言葉を独自に解釈して楽曲を制作したと語っている点。と同時に、この曲は主題歌オファーがあったからこそ生まれた楽曲でもあることもわかる。

『なつぞら』を契機に制作され、物語に寄り添う要素も持ち合わせながら、普遍性――この広々とした世界の、いつかどこかの誰かに届く可能性を持つ「歌」として昇華した楽曲。スピッツが「広く美しい北海道の空の力」で紡いだという“優しいあの子”はそういう楽曲であり、結成から32年目、いつも通り特別なバンドであり続けるスピッツによる、いつも通り特別な名曲である。『なつぞら』を観ていない人にも、もしかしたらまだスピッツを知らない人にも、この歌を聴かせたい。

ちなみに6月16日にTOKYO FM『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』で初オンエアされたカップリング曲“悪役”は、ノイジーなギターサウンドの弾けるようなロックチューン。こちらも人気曲になりそうだ。

パフォーマンス動画を募る「あなたの優しいあの子」キャンペーンなど、参加型企画も。広がる“優しいあの子”の輪

シングル『優しいあの子』の特設サイトでは、様々なプロモーション企画を実施中。TwitterやInstagramにハッシュタグ「#あなたの優しいあの子」「#優しいあの子」をつけてパフォーマンス動画を投稿することで参加できる『「あなたの優しいあの子」キャンペーン』や、DAMのカラオケと連動した『あなたの「優しいあの子」カラオケ選手権』といったリスナー参加型の企画に加えて、全国ラジオ局やCDショップでのプロモーション展開を追う『「優しいあの子」プロモーション最前線』という企画も用意されている。

『「優しいあの子」プロモーション最前線』は、ラジオ局やCDショップなどのスピッツへの愛情が伝わってくる企画。パフォーマンス動画やカラオケ選手権などの参加型企画には、“優しいあの子”という楽曲をリスナーらが「演奏すること」「歌うこと」を通して、より身近に、より広く愛される「歌」となっていくことを促す効果があるかもしれない。シングルのリリース日となる6月19日には、NHK出版から“優しいあの子”のボーカルおよびピアノ譜、混声三部合唱譜、メロディー譜もすでに刊行される予定で、さらに輪が広がりそうだ。

特設サイトで展開されている『「優しいあの子」プロモーション最前線』
特設サイトで展開されている『「優しいあの子」プロモーション最前線』(特設サイトはこちら

特設サイトでの企画についてユニバーサルミュージックからは、

スピッツ新曲「優しいあの子」発売を記念したプロモーションとして、実施中。

とのことで、参加型のパフォーマンス企画については、

歌唱からパフォーマンスまで多数のご応募をお待ちしております。

と参加を呼びかけている。パフォーマンス動画の募集は6月30日まで。DAMのカラオケ選手権は7月31日まで実施中だ。

リリース情報

スピッツ『優しいあの子』
スピッツ
『優しいあの子』

2019年6月19日(水)発売
価格:1,080円(税込)
UPCH-5962

1. 優しいあの子
2. 悪役

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優