今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2016年6月27日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作
    柏井万作

    VICE JAPANと54-71

    先週WIREDに、VICE Japanの代表、佐藤ビンゴさんのインタビュー記事がアップされました。ビンゴさんはもとも54-71って最高にカッコいいバンドをやっていて、僕もただのファンだったんですが、バンドのメンバーと「contrarede」という音楽レーベル&プロモーターを始めて、それが今、VICE Japanになっている。僕はcontraredeが始まった当時、54-71のリーダーに取材をさせてもらったんですが、その時リーダーが「音楽」よりも「人」にフォーカスしているのが面白くて、かなり影響を受けました。インタビューでビンゴさんが言ってるのもやっぱり「人」の話で、それが妙に嬉しかった。どちらのインタビューも面白いので良かったら。

  • 飯嶋藍子
    飯嶋藍子

    みんなの嘘

    CINRA社内でもかなりざわついていた映画『FAKE』を観にいってきました。人が騙し騙される姿、嘘を真実にして真実を嘘にする過程……そんなものが繰り返されて、切り替わっていく疑いの視点。今、ここにあるリアルという虚構に気づけるのだろうか? 自分自身に対してすらも疑心暗鬼に陥っていくし、信じているものが少しでもぐらっと揺らぐことに途轍もない不安を覚える。そもそも、私も、このコーナーで『FAKE』をピックアップしている時点で踊らされているんだ。あ、ここまでの感想、信じてます?

  • 山元翔一
    山元翔一

    6/30(木)は『exPoP!!!!!』です!

    いろんな考えや価値観、異なる趣味嗜好を持った人たちが、「音楽」というひとつの目的のために集まる……ライブハウスにある熱狂はこういったところから生まれてくるんだと思います。性別も職業も年齢も、生まれ育った環境ももちろん違う他人同士がひとつの感情を共有できる瞬間って、たまらないですよね。さて、86回目の開催となる『exPoP!!!!!』には、HINTO、Tempalay、戸渡陽太、チーナフィルハーモニックオーケストラ miniの4組が出演します。ジャンルも世代もバラバラな4組が集まるライブハウスには、どんな景色が生まれるのでしょうか? ぜひ、あなたの目で確かめてください。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年