Nothing's Carved In Stone

Total 38 Posts

2008年Nothing's Carved In Stone始動。生形真一が所属しているバンド、ELLEGARDENが2008年9月活動休止になったことをきっかけにセッションをしたいと思っていた、現・ストレイテナーのベーシスト、日向秀和に声をかけたのが結成のきっかけ。日向の紹介によりFULLARMORのドラマー・大喜多崇規が加入、ボーカル不在のまま何度かのセッションを繰り返していた。そしてボーカリストを探っていた生形がMySpaceで見つけたABSTRACT MASHの村松拓に興味を持ち始め大喜多と共にライブへ足を運んだ結果、彼のライブパフォーマンスに惚れ込み本格的に交渉。2009年に1stアルバム「PARALLEL LIVES」をリリースし、その後毎年コンスタントにフルアルバムを発表、各地ツアーを敢行。2013年発売の5th Al「REVOLT」を引っさげてのツアーはZepp Tokyo等、各地SOLD OUTとなった。2014年8月6日リリースの6th Al「Strangers In Heaven」はオリコンアルバム・ウィークリーチャート10位を記録。2015年1月Sg「Gravity」発表。「LIVE Gravity」を新木場STUDIO COAST,福岡DRUM LOGOSにて開催。2015年3月、4月、5月の3ヶ月連続で渋谷CLUB QUATTROにて「Monthly Live at QUATTRO」敢行。今までにバンドが発表した6枚のアルバムを3公演で全曲披露したこのライブは全公演即完売のプレミアムライブとなった。8月、「Monthly Live at QUATTRO」3公演の音源より、ファン投票の上位曲を収録した初のライブアルバム「円環-ENCORE-」をリリース。9月7th Album「MAZE」リリース。東名阪福のZeppを含む「MAZE×MAZE Tour」敢行(全7校公演)11月、豊洲PITにてLive Album「円環-ENCORE-」再現ライブを行う。このライブでは、「円環-ENCORE-」収録曲に加え、今までにリリースしたシングルのカップリング曲を全て演奏し、2015年に自身の全ての楽曲をライブで披露した。2016年2月より、ゲストバンドを迎えての2マンツアー「Hand In Hand Tour 2016」をスタート。4/6(水)にニューシングル「In Future」と「MAZE」アナログ盤(LP)をリリースし、その後5/15(日)には初の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ「Live at 野音」が決定している。(オフィシャルサイトより)

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて