まずはココから

インタビュー

注目バックナンバー

バレエって、形とか様式美だけではないんですよね

STAGE

世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビュー

世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビューをdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビューをlivedoorクリップに追加 世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビューをlivedoorクリップに追加 (2010/09/21)

ある日テレビを観ていたら、NHKの『トップランナー』にバレリーナが出演していて、その踊りの美しさに心の底から感動している自分がいた。いろいろな芸術表現をみてきたが、ここまで強烈に一つのことを突き詰めている芸術もそう多くはないだろう。幼少期から始めて、体の作りまで変わってきてしまうほどの修練を積まなければ決してトップクラスまでたどり着けない。そんな究極の芸術世界である。そんな芸術世界の魅力って何だろう? という思いから、『トップランナー』に出演されたご本人、SHOKOさんにお話を伺った。日本と世界との差は否めない状況の中、世界からも格別な評価を受けてきた熊川哲也や吉田都の次世代としてその活躍に期待が集まっているバレリーナの話には、どんな人間にも共通する悩みや気づきがあるはずだ。

(インタビュー:吉田悠樹彦 テキスト・撮影:柏井万作)

PROFILE

SHOKO
1980年、佐賀県生まれのバレリーナ。本名中村祥子。現在、ベルリン国立バレエ団のプリンシパルを務め、日本人バレエ・ダンサーとしては吉田都に続く実力派として国際的な評価も高い。96年、ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞し、96年よりジョン・クランコ・バレエ・スクール(シュツットガルト)に留学。98年、シュツットガルト・バレエ団に入団するが靱帯断裂の大怪我にみまわれ、日本へ帰国。同バレエ団の退団とリハビリ生活を余儀なくされる。2000年、ウィーン国立歌劇場バレエ団に入団。06年にはヴラジーミル・マラーホフが芸術監督を務めるベルリン国立バレエ団へソリストとして移籍し、07年9月より同バレエ団のプリンシパルへ昇格を果たした。また、熊川哲也が主宰するKバレエカンパニーではゲスト・プリンシパルとしてたびたび客演している。
熊川哲也 Kバレエカンパニー オフィシャルサイト


ファンタジーな世界観にのめり込んでいった少女

─SHOKOさんは幼い時からバレエを踊っていらっしゃいますが、当時からバレエに夢中だったのですか?

SHOKO:6歳のときに父と母の勧めで妹(中村陽子:バレリーナ)と一緒に始めたんですが、小学校にはいってからはもう夢中でした。熱があって学校を休んでもバレエ教室には行っちゃうような感じで(笑)。

─かなりのめり込んだんですね。どんな魅力があったんでしょう?

SHOKO:小さいときはわりと内気な性格だったんですが、バレエをしているときはそれとは間逆な自分がいて、内なものをオープンにできたんですよね。バレエのファンタジーな世界観に入り込んでいくのが居心地よくて。逆に自分がそういう性格を持っていたからこそ、ファンタジーの中に入っていけたんでしょうね。

─たしかにバレエって、確立された世界観がありますね。

世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビュー
SHOKO

SHOKO:そうですね。それにバレエの発表会でも、衣裳をつけ、お化粧をしてもらってティアラをつけて、それで「パン!」とスイッチが入るような感覚があって。緊張よりも気持ちよさを感じていましたね。踊っている鏡の中の自分を見るのも好きだったし…。きれいな自分を見るのが、女の子はみんな好きなんだと思うんです。先生からも「子どもの頃からピアスじゃなくてイアリングをつけてきなさい、おしゃれをしてきなさい」と言われていて、ますます鏡の中の自分に没頭するようになって(笑)。


─田中千賀子先生ですね? 素晴らしいダンサーを育てていらっしゃる方ですよね。

SHOKO:そうですね。最初は佐賀の近くの野村理子先生、そして父の転勤で田中千賀子先生に出会いました。同期に志賀育恵さん(東京シティ・バレエ団)、さらに吉田朱里さん(貞松・浜田バレエ団)がいたので、とても励みになりましたね。

2/5ページ:「欲深くなければいけない」。海外で活躍するきっかけとは?

インタビュー一覧に戻る

co-lab CREATION DO TANK SHARED COLLABORATION STUDIO

CINRA.STORE カルチャーセレクトショップ

  • 増田光 - こけし徳利(B)

    ¥4,320

    前髪がリーゼントの通称こけしの「リーコ」

  • FABRIK - LONG WALLET(チョコレート)

    ¥14,500(

    コンパクト設計の長財布

  • Hsiao-Ron Cheng , Agent Hamyak Inc. - iPhone6ケース「March」

    ¥3,780

    幻想的でノーブルなイラストレーション

  • 鳥羽史仁 , CREATIVE LANGUAGE - iPhone5/5Sケース「fantarium」(black)

    ¥3,456

    幻想的な線描ドローイング

  • ETCHIRA OTCHIRA - ソックス「カンガ」(イエロー)

    ¥2,700

    ソックス界の異端? ユニークなデザインが人気のソックスブランド

  • Dragon76 , Agent Hamyak Inc. - iPhone6ケース「ouroboros」

    ¥3,780

    世界中の観客を魅了し続ける日本人ストリートアーティストとのオリジナルアイテム

  • 16 - 「S006P」(ピアス/イヤリング)

    ¥8,424

    木のぬくもりを感じるクラシカルな木彫りのアクセサリー

  • Lawny - トートバッグ(ブラウン生地/レオパード風)

    ¥16,200

    人気バッグブランドのスペシャルエディション

  • ditto , 永井博 - スカーフ「…coastline at lover's point」(Lサイズ)

    ¥19,440

    人気アーティストの作品が上質なシルクスカーフに

  • JUNIO - NAPOLETANO MUG(ホワイト)

    ¥3,780

    土の質感を感じる陶器のマグカップ

  • JUNIO - CLOUD(ミディアム / ホワイト)

    ¥5,076

    一品料理や果物を入れたり...使い勝手の良い雲のボウル

  • COET - FILE BAG / A4サイズ(エナメルクリーム)

    ¥3,564

    大人気ファイルバッグから新色登場

  • FABRIK - KEY CASE & CARD(ダークグリーン)

    ¥4,500

    カードも入るキーケース

  • Rice product - カードケース(ウォールナット)

    ¥5,724

    プレゼントにもオススメ。薄くて軽い木製の名刺入れ

  • NUUAMM - Tシャツ「NUUAMM」(チャコール)

    ¥3,240

    青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポーの新ユニットによるオリジナルTシャツ

山田五郎とめぐる 江戸東京博物館

100 TOKYO Creative venues, products and people in Tokyo.

はみだし3兄弟 モーニングCINRA出張所

カラスは真っ白インタビュー 謎だらけのアートワークを徹底解剖!

JOLLY-TIPインタビュー 日本でヒップホップを広めるための苦悩

KATAMAKU テント生地を使った高性能プロダクト

neco眠るインタビュー なぜ彼らのインストは人懐っこい?

my letterインタビュー 理想的なインディロックのひとつの形

豊富なカラバリと機能性が魅力の革小物

ETCHIRA OTCHIRA ソックス界の異端ブランドを特集!

クラシカルな木彫りのアクセサリー

ditto 人気アーティストの作品がスカーフに

Lawny 毎日使えて心地よい、アートな1点ものバッグ

JUNIO 様々な土の質感を楽しむユニークな食器

NOTEBOOK #2 パリ発、美術品のようなノートブック

使う毎に味わいを増す銅のインテリア

yohaku × mimoe 職人とアーティストによる手仕事の服

「KOMODARU」お祝いするならポップでモダンな「鏡開き」

KI by KIRAYURINA 木とアクリルの個性的なアクセサリー

GIFT for MEN 男性への贈り物におすすめの商品を特集

Gift for WOMEN 女性への贈り物におすすめの商品を特集

MyXイチオシアーティスト 入江陽

CINRA Inc,スタッフ募集中!