まずはココから

インタビュー

注目バックナンバー

27歳になったMiChiの 内面とアートワークがリンクする

MUSIC

MiChi×近藤麻由(アートディレクター)対談

インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:田中慎一郎(2012/04/09)

エレクトロ、ロック、ポップスを縦横無尽に駆け巡るサウンド、バイリンガルを活かした独自の言語感覚で、2008年に彗星のごとくシーンに登場するや、瞬く間に次世代のポップアイコンとして注目を集めたMiChi。翌年リリースされた1stアルバム『UP TO YOU』は10万枚を超えるヒットを記録し、その後もシングルのリリースこそ続けていた彼女だったが、2ndアルバムの完成には実に2年半という歳月を費やした。その間、「気持ちが落ちた時期もあった」と語る彼女が『THERAPY』と名付けたアルバムは、さらにセンスを磨いたサウンドが輝きを増す一方で、困難を乗り越え再び前を向いた心の動きが手に取るように伝わってくる作品となっている。また、そうした彼女の内面はアートワークにも現れており、歌詞と絶妙にリンクした写真で構成されたブックレットも、アルバムの世界観を感じるうえで欠かせないアイテムとなっている。ファッション系のアートディレクションを数多く手掛け、DJとしても活躍する今作のジャケットデザイナー・近藤麻由にも加わってもらい、ジャケット制作の裏側を中心に今作について語ってもらった。

PROFILE

MiChi
2008年Sg『PROMiSE』でメジャーデビュー。インディーズ時代のiTunesでの実績、CMソングとして起用されたこともあり大ヒット。2009年1st AL『UP TO YOU』をリリースしオリコン4位を記録。同年のファーストツアーは全会場SOLD OUT。その後も精力的にSGをリリースし、2012年2月2nd ALをリリース。
MiChi Official Page


近藤麻由(MAYU KONDO)
アートディレクター、クリエイティヴディレクターとして、アパレルメーカーのクライアントを中心に広告やカタログのファッションヴィジュアル撮影のディレクション、グラフィックデザインを手掛け国内外に於いて活動している。また、「PUNKADELIX」名義でDJとしての顔も持つ。2010年より自身によるインディペンデント誌"RUBYPAPER"を発行し、2011年9月1日に第二弾となるissue02をリリースした。
RUBYPAPER Tokyo - RUBYPAPER
PUNKABLOG "POP BOX"

MiChiちゃんって、女性的でいて、逞しさもあって、でもセンシティブで。すごく現代の女性が共感できるとアーティストだと思う。(近藤)

―ふたりはもともとお知り合いだったんですか?

近藤:私が一方的にMiChiちゃんのことを知っていたんですよ。パーティーでお見かけしたりとか、楽曲も知っていたし。

MiChi:MiChiも「PUNKADELIX」(近藤のDJ活動の際のプロジェクト名)知ってたよ!

―お互い知ってたけど、声はかけてなかったんですね(笑)。近藤さんがMiChiさんのジャケットを手掛けられたのは、昨年のシングル『Find Your Way』『TOKYO NIGHT』に続いて3回目になりますけど、そもそもなぜ近藤さんにオファーを?

MiChi:やっぱり、センスがいいから…(照)。彼女がやってるものに対して、すごくいいなと思えたし、同じような感覚を持っていると思ったんです。今回もいろいろアイディアを出してきてくれたんですけど、それを見て「あ、もうバッチリ!」「それ超好き!」みたいな感じだったし。

MiChi
MiChi

―近藤さんはオファーを受けたときは、MiChiさんに対してどんなイメージを?

近藤:底知れぬイマジネーションを感じましたね。私は普段ファッションの仕事でモデルさんの撮影が多いんですけど、やっぱりファッションとはエネルギーの種類が違うんです。その人自身から生まれるものっていうか。服とかじゃなくて、結局は本人のパワーみたいな部分が前に出てくるんです。それで、『Find Your Way』のときに、MiChiちゃんの好きなPVを見せてもらったり、好きな洋楽を聴かせてもらったりしてたんですけど、すごくファッショナブルでかっこいいイメージに加えて、ちょっとスピリチュアルなイメージがあったんですよね。それが強く印象に残ってて。そういう要素をジャケットのビジュアルでも表現できたらなって思いました。

近藤麻由
近藤麻由

―今回のジャケットは写真を中心に構成されてますけど、どんな方向性にしようと?

近藤:私は写真がよかったら、極力デザインはシンプルにしたいっていうところがあって。わりと引き算タイプなんですよね。だから、そもそもグラフィックで作り込もうとは全然考えてなくて。MiChiちゃんのいまの等身大の女性像をシンプルに出したいなって。MiChiちゃんって、女性的でいて、逞しさもあって、でもセンシティブで。すごく現代の女性が共感できるとアーティストだと思うんです。


2/4ページ:東京の人って、なんか雑多な感じというか、いろんなものがあって。それがいまのリアリティというか。で、MiChiちゃんもすごいそういう部分があるなと思ってて。(近藤)

インタビュー一覧に戻る

CINRA.STORE特集記事まとめ

CINRA.STORE カルチャーセレクトショップ

  • nu(エヌユー) - 10年メモ(ネイビー) 2015年4月始まり

    ¥3,240

    10年前の今日、何をしていたか覚えていますか?

  • Lawny - トートバッグ(ブラウン生地/さんかく)

    ¥16,200

    人気バッグブランドのスペシャルエディション

  • JUNIO - CONTES(ショート / イエロー×ホワイト)

    ¥2,700

    土と釉薬のカラフルな共演

  • BEFORE my BREAKFAST - Denim Planter(ブルー)

    ¥7,560

    様々なモノの収納にも使えるデニムのプランターカバー

  • BEFORE my BREAKFAST - Denim Apron(ブルー)

    ¥12,960

    ファッション性の高さにこだわったデニムエプロン

  • OCICA - OCICA DEER LEATHER PENCASE

    ¥6,800(

    石巻市・牡鹿半島でつくる天然鹿革のペンケース

  • HELLOAYACHAN - ○△(グレー/ブルー/オレンジ)

    ¥2,484

    京都発、カラフルで楽しいハンドメイド・アクセサリー

  • 安藤晶子 - iPhone6ケース「TILE3」

    ¥3,780

    街角で見つけたタイルたち

  • 神尾茉利 - マグカップ「ねこのマグカップ 1」

    ¥1,944

    水彩で描かれた個性豊かなねこたち

  • 大橋トリオ - 【特典付】『ohashiTrio TOUR 2015 ~PARODY~』チケット

    ¥6,500

    CINRA.STORE限定特典が付いた、大橋トリオ2015年全国ホールツアーチケット

  • ichimaruni - ロール M(エクリュホワイト)

    ¥10,260

    ショルダー、トート、リュックとして使える3Wayバッグ

  • アベミズキ - iPhone6ケース「BRING IT ON!」(ホワイト)

    ¥3,780

    「電話にまつわる」デザインシリーズ

  • 山根慶丈 - iPhone6ケース「たぬたぬ (ミントグリーン)」

    ¥3,780

    平成生まれの昭和クリエーターが描く、どこか懐かしいたぬきのiPhoneケース

  • ichimaruni - エア デリ(レッド)

    ¥8,640

    空気のようにふんわり軽いデリバリーバッグ

  • ヌトグラン - iPhone6ケース「ネコパズル」

    ¥3,780

    宝石のようなパズルの世界に迷い込んだネコちゃんたち。

CINRA presents『exPoP!!!!!』

高橋コレクション展 ミラー・ニューロン

LUMINE CLASS ROOM 内面のオシャレを磨くヒントがいっぱい!

新しい才能に会いに行こう。 SICF16 2015年5月2日(土)-5日(火・祝)スパイラルホール

100 TOKYO Creative venues, products and people in Tokyo.

はみだし3兄弟 モーニングCINRA出張所

aquarifa interview ウサギの仮面を脱いで語る、紅一点Vo.の秘密

10年前の今日、何をしていたか覚えていますか?

編集者が考えた新しい文具&生活道具

原田茶飯事インタビュー 正直な歌うたいの人間味溢れる音楽が心地よい

ニシワキタダシ インタビュー ユーモアあふれるゆるーいキャラたち

ditto×CINRA.STORE アートなシルクスカーフ全12柄を特集

話題の専門店による有機栽培のグラノーラ

MODECO インタビュー ファッションの未来に想いを馳せて

HELLOAYACHAN 京都発、カラフルで楽しいアクセサリー

Yellow Studsインタビュー ゼロから始めた完全無所属バンドの逆転劇

大橋トリオ CINRA限定! 特典付ツアーチケット販売中!

MODECO インタビュー ファッションの未来に想いを馳せて

シャムキャッツ interview 故郷が美しかったことを、残しておきたかった

軽くて丈夫、カラー豊富な帆布バッグ

MyXイチオシアーティスト LIBRO

CINRA Inc,スタッフ募集中!