特集 PR

踊るバイオリニスト リンジー・スターリングインタビュー

踊るバイオリニスト リンジー・スターリングインタビュー

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:田中一人

ファンタジーストーリーやゲームに登場する人物のコスプレをして、バレリーナのように踊りながら、ヘビーメタルギタリストのようにバイオリンを早弾きする美女。2010年にアメリカの有名オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』へ出演を果たして話題を呼び、2012年にアルバム『Lindsey Stirling』でデビューした、カリフォルニア出身のリンジー・スターリングの名前を、すでにご存知の方も多いだろう。打ち込みサウンドにバイオリンをミックスした、「バイオリン・エレクトロニック・ダブステップ」という独自のスタイルを生み出し、アルバム発表前から30万以上のダウンロードを記録、iTunesのデジタル・エレクトロニック・チャートのトップ10に入るなど、すでに知る人ぞ知る存在となっているからだ。また、リンジー自ら企画し、衣装や映像制作にも携わったミュージックビデオは、彼女のYouTubeページに随時アップされており、動画の総再生回数は3億5千万回以上という驚異的な数字を記録。今もなお更新中である。

そんな彼女が今年の『SUMMER SONIC 2013』と、東京と大阪で行われた『Billboard LIVE』に出演するため来日を果たした。筆者は「Billboard LIVE Tokyo」でおこなわれたライブを観に行ってきたのだが、生ドラムとキーボード奏者を率いて登場した彼女が、YouTube動画さながらに踊り、舞い、バイオリンを奏でる姿は圧巻の一言。小柄な体型からは想像出来ないほどエネルギッシュなパフォーマンスに、観客からは終始熱い歓声が飛び交っていた。そのときの様子はライブレポートに詳しく書くとして、ここではリンジーがどのようにしてそのマルチな才能を育み開花させていったか、ビデオ撮影やアルバム制作のエピソードを交えながら語ってもらった。

クリエイティブな少女時代

歌って踊ってバイオリンも弾けて、おまけに映像まで作ってしまうリンジーは、カリフォルニア出身のアーティスト。近所の子どもたちを集めて演劇の舞台監督のようなことをやったり、刺繍が好きで、ぬいぐるみや人形に洋服を作ってあげたり、幼い頃からとてもクリエイティブな女の子だったという。高校に入る頃には父の指南でビデオ編集のスキルも身に付け、友人とともにミュージックビデオの制作に夢中になった。

リンジー:父は教師で、勤務先の学校にはビデオカメラや編集用のソフトなんかがたくさんあったの。仕事でソフトの基本を覚え、それを私に教えてくれたのね。それまでの動画撮影って、撮りたいタイミングで録画ボタンを押して、要らない部分では停止ボタンを押して、また撮りたくなったら録画ボタンを押して……っていちいちやらなくちゃいけなかったじゃない? でも編集ソフトを使えば、ずっと録画しっぱなしにしておいて、あとでエディット出来る。それがとても楽しくて、どんどんハマっていったの。自分たちで作ったビデオの中で、もっとも印象に残っているのがアヴリル・ラヴィーンの“スケーター・ボーイ”のカバーなんだけど、出演するだけじゃなくて衣装決めとかロケハンとか、企画段階から編集までこだわり抜いたの。だから、こうやってプロのミュージシャンになってからは友達に、「リンジーって凄いわよね、子どもの頃と同じことやりながらプロになっちゃったんだから」ってよく言われる(笑)。


そんな活発で好奇心旺盛な彼女が、初めてクラシックバイオリンを習い始めたのは6歳の頃。当時、一番お気に入りだったのがアレクサンドル・ボロディン(1833〜1887 / ロシアの作曲家)で、中でもオペラ『イーゴリ公』の中の“ポロベツ女達の踊り”が大好きだったという。ニコライ・リムスキー=コルサコフ(1844〜1908 / ロシアの作曲家)の交響組曲『シェエラザード』にも夢中になり、伝説上のイラン王妃であるシェヘラザードの気持ちになりきって聴いたりしていたそうだ。

リンジー:そのうち段々ロックが好きになっていったわ。例えばWeezerとかJimmy Eat Worldとか。もちろん、アヴリル・ラヴィーンもね。彼女は女性ロッカーとして憧れの存在だった。それで、16歳の頃に地元の男の子4人組ロックバンド、Stomp on Melvinに加入した。彼らは全員年上なんだけど、とってもキュートで私は大ファンだったの。ほとんど追っかけといってもいいくらい(笑)。だから、彼らから「一緒にバンドやらない?」って声をかけられたときは天にも昇るような気持ちだったわ。

リンジー・スターリング
リンジー・スターリング

初めて作曲をしたのもその頃。バンドのスタイルに合わせて自分のバイオリンパートを作曲したのがキッカケだった。もともと教会などで、既存曲をバイオリンアレンジにして演奏していたこともあった彼女は、そのうち自分自身のための曲作りも精力的におこなうようになる。ちょうどダンスミュージックにハマっていた時期だったので、ところどころにハウスやヒップホップ、ダブステップなどのテイストも加えていた。バイオリンを演奏しながら、様々な音楽スタイル取り込んでいったリンジー。これまで学んできたクラシックとは全く違う世界へ足を踏み入れることに、不安を感じたことはなかったのだろうか。

リンジー:不安は特になかったわ。逆に、クラシックミュージックのバックグラウンドがあったおかげで、音楽の基本というか、ルーツを知ることが出来たんじゃないかしら。バイオリンのスキルがきちんとあったことも、他のジャンルへと枝葉を伸ばしていくときに役に立ったと思っているし……。それに、高校生に進学した頃にはクラシック音楽にもちょっと飽きてきてしまったの。それでダンスミュージックへと傾倒したんだと思うのだけど、かえってリフレッシュされて再びバイオリンへのモチベーションも上がったわ。

Page 1
次へ

リリース情報

リンジー・スターリング<br>
『Lindsey Stilring』
リンジー・スターリング
『Lindsey Stilring』

2013年8月7日からiTunes Storeほかで配信リリース

1. Electric Daisy Violin
2. Zi-Zi's Journey
3. Crystallize
4. Song of the Caged Bird
5. Moon Trance
6. Minimal Beat
7. Transcendence
8. Elements
9. Shadows
10. Spontaneous Me
11. Anti Gravity
12. Stars Align

プロフィール

Lindsey Stirling(リンジー・スターリング)

2012年9月にセルフタイトル・アルバム『Lindsey Stirling』でデビューし、”violin-electronic-dubstep(バイオリン・エレクトロニック・ダブステップ)”という独自のスタイルで大成功をおさめる。アルバムをリリースする前にすでに、リンジーは300,000以上のダウンロードを記録しており、デジタル・エレクトロニック・チャートにおいてTop100にはいるなど、世界中でまさに”知る人ぞ知る”アーティストであった。リンジーは楽曲はもちろんのこと映像制作まで自分で行う。彼女が自信のYouTubeページにアップしている動画の視聴者数は2,700,000人を超え、動画の総再生回数は3,750,000,000を超える驚異的な数字を記録。YouTubeチャンネルやFacebookなどをはじめとする各SNSでの驚異的な"口コミ"により、リンジーの名は世界中に響き渡ることになる。わずか5歳のときからヴァイオリニストとしてクラシックの教育を受けはじめ、踊ることが大好きだった少女が今、世界を舞台に駆け巡る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

AFRO PARKER“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”

AFRO PARKERが、すべての社畜a.k.a.企業戦士たちに捧げるレクイエム“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”のPVを公開。メンバー全員が社会人の7人組。「えっもう定時?でもまだ仕事残ってっし」など、ラップに乗せて叫ばれる心の声は、実に生々しい。今週22日(土)には、六本木VARITにて、所属レーベル「para de casa」のイベントに出演。(矢島)