特集 PR

人生をサバイブする旅人の方法論 DEAN FUJIOKAインタビュー

人生をサバイブする旅人の方法論 DEAN FUJIOKAインタビュー

インタビュー・テキスト
森直人
撮影:西田香織

数年前に日本中を震撼させた殺人犯、市橋達也。千葉県市川市で英会話学校の講師を務めていたイギリス人女性を殺害したあと、整形手術を受けながら2年7か月もの長い逃亡生活を続けた男。この異様な事件が『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』として映画化された。市橋自身による逃亡手記『逮捕されるまで〜空白の2年7カ月の記録〜』(幻冬舎刊)をベースとしつつ、単なる実録物に終わらず、内面の深い闇を抉り出す試みに貫かれた一本である。

この問題作の初監督と主演を兼任し、主題歌“My Dimension”も手掛けているのが、台湾を拠点に活動する日本人俳優、DEAN FUJIOKAだ。香港・台湾の映画やテレビドラマに数々出演し、インドネシアのジャカルタで音楽活動も展開してきたボーダーレスなマルチアーティスト。この注目の才人に、自身の半生も含め幅広くお話を伺った。自由な行動力と鋭い知性で培われた独自の世界観を存分に味わっていただきたい。

自分の中の壁は、努力し続けていけば、いつか乗り越えられるかもしれない。だけど逃げ続けたらどんどん壁が迫ってくる。

―まずは今回の監督・主演映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』の企画の立ち上がりについて教えてください。

DEAN:最初は俳優として市橋達也を演じてみないかというお話だったんです。ただ事件が起こった2007年から2009年当時、僕はもう何年も日本を離れて生活していたので、市橋のことは全く知らなかったんですね。

―活動の拠点を香港から台湾に移されたあたりの頃でしょうか。

DEAN:そうですね。なので、まず事件を調べるところから始めて、その過程で湧いてくるたくさんの疑問や映画のアイデアを、すべて企画者である中沢敏明さん(『おくりびと』などを手がけたセディックインターナショナル代表取締役の映画プロデューサー)にお話ししていたんです。そしたら半年後、中沢さんにいきなり「明日、東京で会えないか」と呼び出され、そのランチミーティングで監督のオファーを受けました。市橋という特異な殺人犯について、彼と同世代の日本人でありながら、日本の外で暮らしている僕に、外部から見る視点で切り取ってくれないか、と。

―ハードルの高い追加依頼ですよね(笑)。

DEAN:ええ、正直びっくりしました。監督の経験もない自分が、この事件を映画化する事に関して真剣に考えました。ただ、役者として市橋に向き合っていた半年間があったからこそ、最終的に前を向けたと思います。その半年間で、市橋という対象に向き合う自分なりの土台ができていた。もし最初から監督のオファーを受けていたら、多分お断りしていたと思います。

DEAN FUJIOKA
DEAN FUJIOKA

―いつか映画監督をやってみたいという希望はありましたか?

DEAN:それはありました。香港で最初の本格的な俳優業、『八月的故事』(2005年)という映画に出た時の体験が素晴らしかったんです。この現場では、俳優としてどうプロジェクトに向き合うかってことだけじゃなくて、フィルムメーカーとしてどう取り組むか、その志向をヤンヤン・マク監督に最初に叩き込まれました。自分が映画学校に入ったみたいで、映画にまつわる多くのことを学んだ現場でしたね。ただ、こんなに早く監督デビューするとは思わなかったです。自分なりに温めていたストーリーも別にあったので。

―なるほど。市橋達也を演じる、あるいは表現するうえでポイントになったのは?

DEAN:一番に彼は殺人を犯した犯罪者であって、絶対に美化したり、ヒーロー化してはいけないということは徹底して作りました。また彼の行動で最初、僕が率直に思ったのは、逃げることに対する貪欲さ、そして強靭なサバイバル能力……そこに対する驚きなんです。

―確かに。彼の逃亡の軌跡には尋常ではない生命力の強さを感じます。

DEAN:「すごい」と言うと語弊がありますが、あらゆる制約を超えていく彼の強さは、俳優として絶対出さなきゃいけないなと。だって2年7か月、財布もIDもなくて助けてくれる友達の数も限られていて、顔を整形しながら日本中を旅して生き延びる……これはちょっと超人的ですよね。

―内面へのアプローチはどのように行いましたか? この作品では、市橋被告の逃亡をロードムービーで表しています。

DEAN:「逃げる」ことのネガティブな部分を表そうと思いました。つまり彼は社会や自分自身と向き合うとき、迫ってくる壁を乗り越えようとせずに逃げ続けた。でも名前を変えて、顔を変えて、逃げ続けても、決して自分からは逃げられないじゃないですか。

―映画自体はある種、自問自答的な構成になっていますよね。逮捕のシーンから映画が始まって、市橋の堂々巡りする内面を常に捉えている。

DEAN:人には誰しも、なかなか乗り越えられない自分の中の壁がありますよね。それは努力し続けていけば、いつか乗り越えられるかもしれない。だけど逃げ続けたらどんどん壁が迫ってくる。現実において市橋が檻の中で狭い四方を壁に囲まれているのは象徴的だと思います。

―今回の映画はロードムービーになっていますし、その壁から逃げることの繰り返しになっていますよね。

DEAN:くるくる回って、どこにも行けない……そういうループ感を観る人に体感してもらいたいなと思ったんです。観ている人がもしかしてどこかで壁から逃げていたら、悪循環にハマってしまったとしてもおかしくない。でも、決してそうなっちゃいけない。だから最後に希望を持たせるような形にはしたくなかったんです。逃げた先にはどこにも出口がない、そういった心理状態の描写に徹しました。

Page 1
次へ

リリース情報

DEAN FUJIOKA
『My Dimension』

2013年11月6日からiTunes Storeでリリース

作品情報

『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』

2013年11月6日(水)からネット配信、11月9日(土)から一部109シネマズ、新宿ミラノで公開
監督:ディーン・フジオカ
原作:市橋達也『逮捕されるまで 〜空白の2年7ヶ月の記録〜』(幻冬舎)
エンディングテーマ:DEAN FUJIOKA“My Dimension”
出演:ディーン・フジオカ
配給:セディックインターナショナル 電通

プロフィール

DEAN FUJIOKA(でぃーん ふじおか)

日本生まれ。父親から語学、母親から音楽を学ぶ。高校卒業後、アメリカへ渡り多文化が混じり合う環境で感性を大きく刺激される。カレッジ卒業後アジアのさまざまな国々を旅をし、多様な人種、文化、言語に触れながらそれらを詩や写真として残す。旅の中で香港と出会いモデルとして活動を開始する。その活動が注目を浴び、映画「八月的故事」の主演に抜擢され俳優としてのキャリアがスタートする。その後活動拠点を香港から台湾へ移す。映画、TVドラマ、PV、CMなどでの演技が評価を受け中華圏エンターテイメントの新星として旋風を起こす。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)