特集 PR

伝説のベーシスト・松永孝義を偲んで 屋敷豪太×増井朗人対談

伝説のベーシスト・松永孝義を偲んで 屋敷豪太×増井朗人対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

あなたは松永孝義というベーシストをご存知だろうか? 「日本初のダブバンド」として知られ、フィッシュマンズなど後続のバンドに多大なる影響を与えたMUTE BEATのベーシストにして、国立音大時代はクラシックを学び、タンゴのベーシストとしても活躍、様々なアーティストとの共演を果たし、リスペクトを受ける、日本を代表するミュージシャンズミュージシャンである。2012年に惜しくも逝去されたが、その三回忌に合わせ、松永の唯一のソロアルバム『The Main Man』のスペシャルバンドによる未発表ライブ音源『QUARTER NOTE』が発売されると共に、7月には西麻布の「新世界」にて、豪華メンバーによる発売記念ライブが行われることも決定している。

そこで今回はMUTE BEAT時代からの盟友である屋敷豪太と増井朗人を迎え、松永の魅力についてじっくりと語ってもらった。ミュートではリズム隊を組み、バンド脱退後は活動の拠点をロンドンに移して世界で活躍、帰国後も松永とは度々共演していたGOTAと、『The Main Man』に参加し、ライブバンドのメンバーも務め、同じく松永との共演機会が多かった増井。ミュート時代の貴重な証言も飛び出す中、二人が口を揃えて松永の魅力として語ったのは、その芯の強さ、ぶれることのない姿勢だった。このインタビューを入口に、ぜひ松永の音に触れてみてほしいと思う。

初めて一緒に合わせたときのインパクトがすごすぎて、ベースの可能性のもうひとつ違うドアを見た感じだった。(屋敷)

―まずはお二人にとって、松永さんがどんな存在だったのか? という部分を話していただけますでしょうか?

屋敷:僕の印象としては、斬鉄剣を持った石川五ェ衛門ですよね。切れ味が鋭い「侍ベーシスト」的なイメージ。言葉数は少ない人だったから、ちょっと怖いっていうか、何か言ったらバサッて切られそう(笑)。実際昔は剣道もやってたみたいだし、ステージ上では常に真剣勝負だったイメージですね。

―竹刀をベースに持ち替えたと。増井さんはいかがですか?

増井:僕はもう、「音楽の師」って感じですね。目を開かせていただいたことがたくさんありました。

―増井さんが1963年生まれで、松永さんは58年生まれ(屋敷は62年生まれ)。確かにちょっとお兄さんだったんですよね。

増井:そうですね。僕がミュートに入ったときはまだ19歳だったし、松永さんはホントに師匠って感じで、パッと見は確かに怖いんですけど、でも実は全然そうじゃない。普段は無口っていうだけで、肝心なときは肝心な一言が出てくる人でした。

左から:屋敷豪太、増井朗人
左から:屋敷豪太、増井朗人

―今日はお二人が揃っていらっしゃるので、やはりミュート時代のことは詳しくお伺いしたいのですが、まずは初代のベーシストだった松元さんが抜けられて、松永さんが加入したときの印象を教えてください。

屋敷:初めて一緒に合わせたときのインパクトがすごすぎて、ベースの可能性のもうひとつ違うドアを見た感じだった。グルーヴ感溢れるというか、ベースの音とかラインだけじゃなくて、音楽全部がバウンドしてるっていうのかな。だから、一緒に演奏していると自分が上手く聴こえたっていうかね(笑)。

増井:そんな風に思ってたの?(笑)

屋敷:相性がいいって意味ね(笑)。それって大事じゃないですか? 「何かしっくりこないな」っていうよりも、合わせた瞬間に「俺上手いかもしれない」って思えるっていう、松永くんがそれだけ素晴らしい技量を持ってたってことだと思うんですけど。

―増井さんはいかがでしたか?

増井:いやもう、衝撃ですよね(笑)。ただ、僕は当時そんなに多くのベーシストと一緒にプレイする機会があったわけではなかったので、最初は「松永さんみたいな人がベーシストなんだ」って思ったの。でも、ミュートがなくなって、他のいろんな人とやってるうちに、「あんなベーシストは他にいないんだ」ってわかったんです。

松永孝義
松永孝義

松永さんに教えてもらったのは、音楽だけじゃなくて、何をやるにしても、「確固たる信念を持て」っていうことですね。(増井)

―松永さんが特別だったのは、具体的にはどんな部分だったのでしょう?

増井:揺るぎないんですよね。松永さんが「こういうアプローチもできるけど、どうする?」って言うのをあんまり聞いたことがなくて、ちょっと考えて、「うん、やろう」って弾き始めたら、もう揺るがないんですよ。そこからはもう迷わない。

屋敷:ああ、そうだったね(笑)。

増井:ミュートは基本的に簡単なコード進行のループなわけだけど、「これだ」って決めたらそこから揺るがなくて、そういう人にはそれ以降会ったことがない。普通はちょっとやってみて、「うーん、ここちょっと変えてみようかな」ってなるんですよ。でも僕は最初から松永さんの揺るぎない演奏に出会っちゃったから、「どうして決められないのかな?」って思っちゃう(笑)。

屋敷:確かに、同じようなイメージですね。初めてやる曲を合わせるときに、1曲4~5分だとしたら、「俺はこれかな?」って感じでお互い探り合うんですけど、その4~5分が終わるときにはもう「これだね」っていうのが出来てて、次からは揺るがないんですよね。

1986年、レゲエミュージック界のレジェンド「オーガスタス・パブロ」と、MUTE BEATがレコーディングした時の貴重なショット
1986年、レゲエミュージック界のレジェンド「オーガスタス・パブロ」と、MUTE BEATがレコーディングした時の貴重なショット

―松永さんは、どうして揺るがなかったんでしょう?

屋敷:「音楽を知ってる」っていうことじゃないでしょうか。初めて松永くんの家に行ったとき、ホントにいろんな音楽を知ってる人なんだなっていうのがわかったし、だからこそ、「この曲だったらこのグルーヴだね」っていうイメージが早かったのかもしれない。それに加えて、松永くん自体に信念があるというか、背骨がしっかりしてるから、「これもあれもできないことはないけど、俺はこれだな」っていう感じでしたね。

増井:ずっと一緒にやってて教えてもらったのは、そういうところですね。音楽だけじゃなくて、何をやるにしても、「確固たる信念を持て」っていう。「自分にとっての背骨になるようなものを持て」っていうことを、教えてもらった気がします。

Page 1
次へ

イベント情報

松永孝義 三回忌ライブ
松永孝義 The Main Man Special Band『QUARTER NOTE』CD発売記念ライブ

2014年7月11日(金)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 西麻布 新世界
出演:松永孝義 The Main Man Special Band(桜井芳樹[Gt]、増井朗人[Trb]、矢口博康[Sax,Cl]、福島ピート幹夫[Sax]、エマーソン北村[Key,Cho]、井ノ浦英雄[Dr,Per]、ANNSAN[Per]、松永希[宮武希][Vo,Cho]、ayako_HaLo[Cho])
ゲスト:
松竹谷清(Vo,Gt)
ピアニカ前田(Pianica)
Lagoon/山内雄喜(Slack-key.Gt)
田村玄一(Steel.Gt)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

リリース情報

松永孝義<br>
『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』
松永孝義
『QUARTER NOTE~The Main Man Special Band Live 2005-2011』

2014年6月18日(水)発売
価格:2,700円(税込)
Precious Precious Records / PPRS-0227

1. Momma Mo Akoma Ntutu(Yao Boye. Nathaniel Akwesi Abeka)
2. Jazzy(Willie Colon)
3. Caminando Despasio(大原裕)
4. Two-Step(松竹谷清)
5. Pua Lililehua(Mary Kawena Pukui. Kahauanu Lake)
6. Malaika
7. Dali Ngiyakuthanda Bati Ha-Ha-Ha(George Sibanda)
8. よろしく(大原裕)
9. Walk Slowly(大原裕)
10. メンバー紹介
11. Africa(Rico Rodriguez)
12. Hip Hug Her(Cropper. Dunn. Jackson. Jones)
13. Two-Step(Astro Hall 2004)
14. La Cumparsita(Gerardo Matos Rodríguez)
15. Momma Mo Akoma Ntutu(Shinsekai 2011)

プロフィール

屋敷豪太(やしき ごうた)

1962年京都生まれ。MUTE BEAT、MELON等での活動を経て、88年に渡英。89年Soul ll Soulの1st.アルバムに参加することからグランド・ビートを生み出し、世界的な注目を集める。91年Simply Redの正式メンバーとしてアルバム「Stars」のレコーディングと2年間にわたるワールドツアーに参加。現在、活動拠点を日本に移し、プロデュースやリミックス、サウンドトラック制作、またドラマーとしての活動など多岐にわたり精力的に行うかたわら、ソロプロジェクトのCDもリリース。またミュージシャン同士の繋がりも広く、様々なユニット活動を通して常に新しい音楽を追求している。

増井朗人(ますい あきひと)

MUTE BEAT・THE THRILL・KEMURI・THE MANのメンバーとして、またLA-PPISCHの不動のサポートメンバーとして活動。只今、和太鼓奏者とのユニットで時代・ジャンル・地域性などの垣根を取り払った音を模索中。

松永孝義(まつなが たかよし)

1958年生まれ。国立音楽大学時代はクラッシックを専攻。1980年代、東京ダウンビート黎明期、伝説的なDUBバンド“MUTE BEAT”で、それまでの日本では無かったドープなグルーヴを創造した名ベーシストであり、後にフィッシュマンズやリトルテンポといったフォロワー、チルドレンを生んだ。又時を同じくして“小松真知子とタンゴクリスタル”に参加。タンゴのベーシストとしても生涯活動し続けた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)