特集 PR

GLAY・HISASHIが語る、CDバブルが弾けた音楽業界に何を思う?

GLAY・HISASHIが語る、CDバブルが弾けた音楽業界に何を思う?

GLAY『G4・IV』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:田中一人
2016/01/27
  • 655

1994年にメジャーデビューして以降、日本における歴代CDアルバム売り上げ枚数第3位の記録を持ち、ライブの動員数などにおいても記録を樹立してきたロックバンド、GLAY。デビュー20周年イヤ―となった一昨年から昨年にかけては、10年ぶりの東京ドーム公演を含むライブを決行し、もはや不動と言ってもいい人気を誇るバンドである。そして2016年、アニバーサリーを終えた彼らが心機一転、再び動き出そうとしている。

1月27日、メンバー四人がそれぞれ手がけた全4曲を1枚に収録した、ニューシングル『G4・IV』をリリースする。そこでCINRAは、本作の1曲目“彼女はゾンビ”を作詞作曲したHISASHIに注目。GLAYらしからぬ軽妙なタッチとポップな打ち込みサウンドが斬新なこの曲。古今東西さまざまなゾンビ映画のタイトルが登場するなど、歌詞の面でも遊び心に溢れたこの曲を作り上げたHISASHIの目には、一体何が映っているのだろうか。GLAYの活動と並行して、声優アーティストやアニソンシンガーへの楽曲提供やプロデュースを行うなど、多岐にわたる音楽活動を展開する一方、Twitterやニコニコ動画など、新しいメディアへの参入も積極的に行っているHISASHI。そんな彼は、GLAYというバンドが成し遂げてきたことを、その内側からどのように見てきたのだろう。今も変わらない人気と高いモチベーションを持ち続けるGLAYの内実と今後を、初登場にして大いに語ってもらった。

音楽の価値というものを見直さなければいけない時期に差しかかっていると思うんですよね。

―デビュー20周年イヤーも終わり、今年最初のリリースは、メンバー四人それぞれが作曲した楽曲が並ぶ『G4・IV』となりました。そこには、GLAYとしてのどんな意図があるのでしょう?

HISASHI:今の時代、音楽の伝わり方というのが、すごく幅広く、そして自由になっていて……音楽の価値というものを、自分で見直さなければいけない時期に差しかかっていると思うんですよね。シングルという単位でCDをリリースすることが、果たして時代に合っているのかどうか。そういうことを考える中で、今回は四人四様の曲ができたから、それをひとつのパッケージとして出すことにしました。メンバー四人の今のカラーがすごく出たものになっているので、シングルというよりは、アルバムに近いと思いますね。

作詞:TAKURO、作曲:JIRO

―1990年代は、シングルCDのミリオンヒットがいくつも出るような時代で、まさにGLAYもそのど真ん中にいたわけですが、今はシングルの価値が変わってきていることを如実に感じているということでしょうか。

HISASHI:そうですね。あと、ある時期から、シングルのカップリング曲というものに疑問を持つようになって。デジタルの時代になってから、カップリングの価値も大きく変わってしまったわけですよね。そういうことも認識しつつ……ただ僕らは、そういう状況を結構面白がっているところもあって。

HISASHI
HISASHI

―というと?

HISASHI:僕らは、カセット、レコード、CD、MD、配信……その全部に携わってきたことになるんですけど、その変化をすごく楽しめているほうなんじゃないかなと思います。CDが売れなくなったからダメだとか、配信になったからもう音楽じゃないっていうような考え方は、一度も持ったことがなかったので。新しいメディアを、その都度その都度、すごく楽しんでいるところがあるんです。

―わりとそのへんは柔軟な考えを持っているのですね。

HISASHI:やっぱり僕らは佐久間正英さん(プロデューサー。3rdシングルから、数多くの楽曲に携わっている。2014年に逝去)とずっと一緒にやってきたので。佐久間さんと言えば、もともと四人囃子というバンドで最先端のことをやっていた人ですから、そこで「古きよき」みたいなものはもちろん、新しいことにもどんどん触れていこうという姿勢を学ばせてもらいました。Pro Tools(音楽制作ソフト)との出会いもすごく早かったし、制作環境がフルデジタルになったのも結構早かったんですよ。そこが今のGLAYの魅力にも繋がっているんじゃないかと思います。

―HISASHIさんは、Twitterやニコニコ動画なども積極的に使われていますよね。メンバー内でも、特にそういう新しいツールに対して積極的なほうなのでしょうか?

HISASHI:新しいものに手を出したり、それを深く掘り下げたりするのは昔から好きだったので、TwitterやYouTubeはもちろん、ニコニコ動画やUstreamといった新しいメディアを率先して使ってきました。新しい場所で見つけてきたものをGLAYにぶつけてみたら「どういう効果が出るんだろう?」とか、わりと実験的にやっている感じなんです。

―バンド内では、わりと「やんちゃ担当」みたいなところがあるのですか?

HISASHI:どうなんでしょうね(笑)。もともと、きれいなものがそんなに好きじゃないんです。たとえばお皿1枚にしても、ちょっと欠けたお皿の方がかわいいと思うようなところがあるので。音楽的なところでも、完成された音に対してちょっと汚しの作業をするとか、メンバーの中でも僕はそういう立ち位置かもしれないです。

―JIROさんも、ちょっとそういうイメージがありましたけど。

HISASHI:そうですね。でも、JIROは、ロックンロールの王道という印象が強いかな? 僕は、もっとナードな方向なので(笑)。

―(笑)。

HISASHI:だから、もともとTAKUROとTERUが始めたGLAYというものに、僕とJIROがある種負荷を加えることで反発力が出てくるというか。バンドとしてもそれをわかっていて、毎回僕に面白い作業をやらせてくれてるんだと思います。だから、結構実験的なことはやってきたバンドだと思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

GLAY『G4・IV』
GLAY
『G4・IV』(CD+DVD)

2016年1月27日(水)発売
価格:2,052円(税込)
PCCN-00021

[CD]
1. 彼女はゾンビ
2. Scoop
3. Supernova Express 2016
4. 空が青空であるために
[DVD]
『Music Video & Making』
・“彼女はゾンビ”Music Video
・“彼女はゾンビ”メイキング映像
・“Scoop”Music Video
・“Scoop”メイキング映像
・“Supernova Express 2016”Music Video
・“Supernova Express 2016”メイキング映像
・“空が青空であるために”Music Video
・“空が青空であるために”メイキング映像
『Live from Miracle Music Hunt Forever in TOKYO DOME』
・pure soul(DAY2)
・百花繚乱(DAY2)
『Live from GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.2』
・My Private“Jealousy”(DAY1)
・いつか(DAY2)

GLAY『G4・IV』
GLAY
『G4・IV』(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:1,512円(税込)
PCCN-00022

1. 彼女はゾンビ
2. Scoop
3. Supernova Express 2016
4. 空が青空であるために

イベント情報

『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016“Supernova”』

2016年1月28日(木)
会場:大阪府 オリックス劇場

2016年1月29日(金)
会場:大阪府 オリックス劇場

2016年2月1日(月)
会場:山口県 周南市文化会館

2016年2月3日(水)
会場:広島県 ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ

2016年2月8日(月)
会場:山梨県 コラニー文化ホール

2016年2月10日(水)
会場:群馬県 ベイシア文化ホール

2016年2月12日(金)
会場:神奈川県 よこすか芸術劇場

2016年2月13日(土)
会場:神奈川県 よこすか芸術劇場

2016年2月17日(水)
会場:宮城県 仙台サンプラザホール

2016年2月18日(木)
会場:宮城県 仙台サンプラザホール

2016年2月25日(木)
会場:富山県 オーバード・ホール

2016年2月27日(土)
会場:愛知県 名古屋 センチュリーホール

2016年2月28日(日)
会場:愛知県 名古屋 センチュリーホール

2016年3月3日(木)
会場:京都府 ロームシアター京都

2016年3月4日(金)
会場:京都府 ロームシアター京都

2016年3月7日(月)
会場:北海道 札幌 ニトリ文化ホール

2016年3月8日(火)
会場:北海道 札幌 ニトリ文化ホール

2016年3月13日(日)
会場:福島県 會津風雅堂

2016年3月15日(火)
会場:新潟県 新潟県民会館

2016年3月16日(水)
会場:新潟県 新潟県民会館

2016年3月20日(日)
会場:高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール

2016年3月21日(月・振休)
会場:香川県 高松 アルファあなぶきホール

2016年3月26日(土)
会場:福岡県 福岡サンパレス

2016年3月27日(日)
会場:福岡県 福岡サンパレス

2016年3月29日(火)
会場:熊本県 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)

2016年4月2日(土)
会場:沖縄県 沖縄コンベンションセンター

2016年4月3日(日)
会場:沖縄県 沖縄コンベンションセンター

2016年4月21日(木)
会場:東京都 九段下 日本武道館

2016年4月23日(土)
会場:東京都 九段下 日本武道館

2016年4月24日(日)
会場:東京都 九段下 日本武道館

プロフィール

GLAY
GLAY(ぐれい)

1994年にメジャーデビューし、2014年に20周年を迎えたロックバンド。アニバーサリーイヤーの2014~2015年には、1日に公演で東北最多動員数を記録した大型ライブ『GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary』や20万人動員の全国アリーナツアー、2日間で11万人を動員した東京ドーム公演など、精力的に活動を行った。20周年イヤーを経て、まさに新たなる旅路への第一歩となる2016年第1弾リリースは、メンバー全員が書き下ろした4曲を収録した「G4」シリーズの第4弾。通算53枚目『G4・IV』は、2016年1月27日リリース。2016年1月28日より、『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova”』(全国19箇所30公演)の開催が決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Deerhoof“The Devil and his Anarchic Surrealist Retinue”

ポップで禍々しいクレイアニメ。サイケデリックで有機的(にょろにょろしていてかわいい物体がたくさんいる)な世界に駆け込んでくるチェスの駒と怪物のバックで歌われる<僕たちはなにもしていないんだ ただ君のせい>という言葉にドキッとする。(飯嶋)