特集 PR

Charaにとって、愛ってなんですか?歌い続けた25年間の愛の遍歴

Charaにとって、愛ってなんですか?歌い続けた25年間の愛の遍歴

Chara『Naked & Sweet』
インタビュー・テキスト
永堀アツオ
撮影:森山将人 編集:山元翔一

Charaは「たった一人の人と出会うために歌っている」と公言し、「職業欄に『女』と書きたい人だ」と言い続けてきた。また、これまで筆者が行ってきたインタビューでは、「愛や恋を含んだ音楽という獲物を探す旅を続けている」と話してくれたこともあるし、「いろいろ経験を重ねてきたけど、エーリッヒ・フロムの『愛は技術である』っていう言葉がしっくりきてるかな。心の中にある愛を伝えるためには、知識や努力も必要なんだっていうこと」と教えてくれたこともある。彼女が歌う理由は、愛する人を探すため、人とつながるためであることは疑いようもないだろう。

19歳のときに失恋をしたことがきっかけで歌い始めた彼女は、23歳でデビューし、28歳で結婚。同年に長女を出産し、32歳で長男が誕生。現在、48歳を迎えたChara。デビュー25周年を記念したオールタイムベストアルバム『Naked & Sweet』は、彼女のシンガーソングライターとして、娘として、恋人として、妻として、母として、女性としての「愛に生きた日々=人生」を記録した3枚組のアルバムとなっている。

愛の痛みや切なさ、恋の情熱や喜びを歌ってきた彼女にとって、愛とはどんなものであるのか? 「愛とは? と聞かれてもまだわからないから歌ってるところがある」と笑顔で語る彼女に、それでもこのテーマをぶつけてみた――25年目を迎えたCharaさんにとって、愛ってなんですか?

(失恋して)思い切ったことをしてみたいって思っていたのね。それが、私にとっては歌うことだった。

―デビューから25年間、常に「愛」を歌ってきたCharaさんに<愛の不思議について>教わりたいなと思うのですが。

Chara:“愛の自爆装置”(1992年)の歌詞だね。うん、わかった。独身のころの話からする?

―そもそもご自身で歌おうと思ったのは、「失恋がきっかけだった」とおっしゃっていましたよね。

Chara:そうなんですよね。高校生のころは、アマチュアバンドのお手伝いでキーボードを弾いていたんです。当時から、「Chara、歌わないの? 歌いなよ」って言われていたんだけど、「いやいや、歌はちょっと」って言っていて。でも、曲を書くのは好きだから、誰かいいボーカリストがいたらいいなって思っていたんですよね。そんなときに、思ってもみなかった失恋をしたんです。それが19歳のとき。

―こんな聞き方は変ですけど、どんな失恋だったんですか?

Chara:なんていうか……ちゃんとした初めての失恋だったんだよね。当時、音楽が好きだったから音楽関係の仕事に就きたいと思っていたけど、まだ自分に自信がなくて。自分に自信がない子って、だいたいフラれるのよね。男も女も、機嫌のいい人といたいじゃない? もしかしたら、ちょっとした自信のなさで、ネガティブな雰囲気があったのかもしれない。

いま思うと、「魅力」という意味では、当時の私は「この子といると楽しいな」って思ってもらえる雰囲気が少なかったんじゃないかな。でも、悔しいじゃん。大した男ではなかったかもしれないけど、初めての捨てられた思い……その、どこにもいけない思いがあって、出てきたものが“Violet Blue”(1993年)という曲だったの。

Chara『Naked & Sweet』通常盤ジャケット / “Violet Blue”はDisc1に収録
Chara『Naked & Sweet』通常盤ジャケット / “Violet Blue”はDisc1に収録(Amazonで見る

―3枚目のアルバム(『Violet Blue』)に収録されている曲ですが、この曲をレコード会社のスタッフが気に入ってデビューが決まったという、いわばデビューのきっかけになった曲ですよね。

Chara:そうだね。どこにもいけない思いを抱えているとき、ミュージシャンは楽器が愛おしいわけ。当時、六本木のバーでローラースケートのウェイトレスとしてバイトしていたんだけど、朝の4時まで働いて、始発で帰って。体は疲れてるけど、若いし、まだ体力があるから、部屋にあるキーボードを弾きながら、MTR(マルチトラックレコーダー。多重録音機とも呼ばれる)で録音して。リズムやリフを重ねていくんだけど、さみしいし、虚しいし、無力感だからさ……。

―“Violet Blue”に<地下鉄の階段の途中で途方に暮れちゃって ため息ばかりで息苦しい朝>という歌詞がありますね。

Chara:リアルだよね(笑)。ほんとに地下鉄の階段の踊り場でため息ついてたから。で、家に帰ってうずくまって、「はぁ……」ってため息つきながら、曲を書いて。歌いながら泣いちゃってたからね。

Chara
Chara

―そのときに感じていた虚しさ、さみしさ、痛みは曲を書くことで消化されたんですか?

Chara:そう思うよ。それまでは自分が作った曲を自分で歌ったことがなかったけど、初めて歌ってみたときに……なんていうかな。そのとき私は、思い切ったことをしてみたいって思っていたのね。髪を切ってみたり、いろいろしたんだけど、それだけだと物足りなかった。思い切ったことっていうのが、私にとっては歌うことだったんだね。

Page 1
次へ

リリース情報

Chara『Naked & Sweet』初回限定盤
Chara
『Naked & Sweet』初回限定盤(3CD+DVD)

2016年11月16日(水)発売
価格:5,400円(税込)
KSCL-30028~30031

[CD1]
1. No Toy
2. Break These Chain
3. Heaven
4. Sweet
5. No Promise
6. 愛の自爆装置
7. 恋をした
8. PRIVATE BEACH
9. Violet Blue
10. あたしなんで抱きしめたいんだろう?
11. 罪深く愛してよ
12. いや
13. Happy Toy
14. Tiny Tiny Tiny
[CD2]
1. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ / YEN TOWN BAND
2. Sunday Park / YEN TOWN BAND
3. 上海ベイベ / YEN TOWN BAND
4. ミルク
5. Junior Sweet
6. しましまのバンビ
7. タイムマシーン
8. やさしい気持ち
9. 光と私
10. Duca
11. あたしはここよ
12. 大切をきずくもの
13. 月と甘い涙
14. レモンキャンディ
15. キャラメルミルク
16. スカート
[CD3]
1. 初恋
2. みえるわ
3. 世界
4. ラブラドール
5. 片想い
6. kiss
7. ボクのことを知って
8. FANTASY
9. call me
10. あいしたいな
11. 才能の杖
12. 蝶々結び
13. せつなくてごめんね
14. 恋文
15. hug
[DVD]
『1994.11.11.Chara「Happy Toy Tour」in 武道館』

Chara『Naked & Sweet』通常盤
Chara
『Naked & Sweet』通常盤(3CD)

2016年11月16日(水)発売
価格:3,996円(税込)
KSCL-30032~30034

[CD1]
1. No Toy
2. Break These Chain
3. Heaven
4. Sweet
5. No Promise
6. 愛の自爆装置
7. 恋をした
8. PRIVATE BEACH
9. Violet Blue
10. あたしなんで抱きしめたいんだろう?
11. 罪深く愛してよ
12. いや
13. Happy Toy
14. Tiny Tiny Tiny
[CD2]
1. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ / YEN TOWN BAND
2. Sunday Park / YEN TOWN BAND
3. 上海ベイベ / YEN TOWN BAND
4. ミルク
5. Junior Sweet
6. しましまのバンビ
7. タイムマシーン
8. やさしい気持ち
9. 光と私
10. Duca
11. あたしはここよ
12. 大切をきずくもの
13. 月と甘い涙
14. レモンキャンディ
15. キャラメルミルク
16. スカート
[CD3]
1. 初恋
2. みえるわ
3. 世界
4. ラブラドール
5. 片想い
6. kiss
7. ボクのことを知って
8. FANTASY
9. call me
10. あいしたいな
11. 才能の杖
12. 蝶々結び
13. せつなくてごめんね
14. 恋文
15. hug

イベント情報

Chara
『Chara 25th Anniversary LIVE』

2017年1月22日(日)
会場:東京都 昭和女子大学人見記念講堂

プロフィール

Chara
Chara(ちゃら)

1991年9月21日にシングル「Heaven」でデビュー。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感で人気を得る。1997年のアルバム「Junior Sweet」は100万枚を超えるセールスを記録し、ライフスタイルをも含めた“新しい女性像”としての支持も獲得。一貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続け、今年デビュー25周年を迎える。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)