特集 PR

Charaにとって、愛ってなんですか?歌い続けた25年間の愛の遍歴

Charaにとって、愛ってなんですか?歌い続けた25年間の愛の遍歴

Chara『Naked & Sweet』
インタビュー・テキスト
永堀アツオ
撮影:森山将人 編集:山元翔一
2016/11/17
  • 1515
  • 2024

最近はめっきり恋とかなくて。でも、「空いてるわー」っていうのは明るく小出ししていきたいね(笑)。

―異性を生み、育てたことで、男性に対する考え方も変わったりしました?

Chara:それはあるね。私は男兄弟がいなくて、身近な男性が父親しかいない家族だったから、神秘さが増すんですよ。「男ってこんなもんだよね」「男ってバカだよね」みたいな見方が、息子の生まれる前はなかったわけ。だからこそ男性は面白いし、惹かれるっていうのがあると思う。

Chara

Chara:でも息子を持ってから、「ああ、バカですね、男って」っていうことがわかるわけです。女との違いもわかるし、そういう意味で、男の子と女の子の子どもがいるのはいいんだろうなって思いましたね。息子も、お姉ちゃんがいることで、女の子にやさしくなれている気がするし。お互いに、男女の違いが知れるのは面白いなと思いますね。ま、でも、私は別れちゃうんですけどね。

―あの頃は「悲しみで肥大化したChara」という話をよくしていました。

Chara:あるある、それはあるよ~。悲しみの時期が。

―それも、娘さんが思春期に入ったころに。

Chara:私も思春期に入るっていう(笑)。思春期なんて普通1回しかこないけど、私もなりきっちゃって。当時のテーマは「思春期」みたいになっちゃっていましたよね。“ラブラドール”(2007年)や“片想い”(2009年)はそういう時期です。自分も諦めずに、恋したりしましたけど(笑)。

―“蝶々結び”(2012年)のころは「いとへん」が気になってると言ってて。「恋という字は『糸し糸しと言う心(=戀)』と書く」っていうことを話してました。

Chara:恋してたね。でも、最近はめっきり恋とかなくて。私はさ、子どもが3人ほしかったんです。それが夢だったんだけど、もう無理と思って。いまは、子どもを産んだり育てたりではないところでパートナーができたらいいなと思ってるけど、恋はちょっと忘れちゃったかな。私の悩みとしては、好きになって、素直になって告白しても、ビビられる。ビビって引かれるから、もう言いたくないってなってきて。だからもう待つのみ(笑)。

―待つのが苦手なCharaさんが受け身になってる?

Chara:そう。「空いてるわー」っていうのは明るく小出ししていきたいね(笑)。

「愛」ってさ、自分を信じる力なんだと思ってる。

―以前はよく「音楽と結婚したChara」とも言ってましたよ。

Chara:言ってたね。でも最近、虚しくなって、そう考えるのはやめたの。この前、バンドのメンバーに「Charaさんって孤高だよね」って言われて、違和感を感じて。かっこいいっちゃかっこいいけど、そんなコンセプトをつけてるからいけないんだと思って。

―いまは愛についてどう考えていますか?

Chara:私は小さいころから愛に興味があって、愛が知りたいから歌ってるんだけど、子どもを持って、無償の愛を知って。愛は神秘的だからすごく惹かれるものだけど、最近は……やっぱり、恋だと思うんだよね。失恋から歌い始めたし、恋って自分の思うとおりにはいかない面白さがある。友達には「まだ恋する気持ちあるんだ? すごいね」って言われるけど、やっぱり、いまのCharaは恋かなって思ってる。

Chara

―無償の愛と異性に対する愛は別物ですか?

Chara:違うね。異性に対する愛はパッションで、それはやっぱり恋だと思う。自分にないもの、尊敬するものを求める気持ち。あとは単純に自分の細胞がさ、「そっちの細胞ほしい!」って求める神秘的な感覚。だって、犬は8キロ先でメスが盛ってるのがわかるっていうじゃない? 人間にだって、意識してないだけで絶対にある。そういう感覚を、恋するときは研ぎ澄ませたいなって思いますね。

―では、愛の不思議についての現時点での結論としては?

Chara:「神秘的なものに導かれて生きたい」ってずっと思っているから、お花みたいなものかな。言葉にはうまくできないけど、きれいだと思うもの、美しいと思うもの、可愛らしいと思うもの。果実でもいい。

「愛でる」とか、「愛くるしい」とか、「可愛らしい」とか、「愛」っていう字を使うでしょ。そうなると、「チャーミング」ということにつながってくる。でも、「愛」ってさ、基本的には自分を信じる力なんだと思ってる。自分を愛することができなかったら、人を愛する余裕もできないから。それが基本だと思うよ。

Chara

Page 4
前へ

リリース情報

Chara『Naked & Sweet』初回限定盤
Chara
『Naked & Sweet』初回限定盤(3CD+DVD)

2016年11月16日(水)発売
価格:5,400円(税込)
KSCL-30028~30031

[CD1]
1. No Toy
2. Break These Chain
3. Heaven
4. Sweet
5. No Promise
6. 愛の自爆装置
7. 恋をした
8. PRIVATE BEACH
9. Violet Blue
10. あたしなんで抱きしめたいんだろう?
11. 罪深く愛してよ
12. いや
13. Happy Toy
14. Tiny Tiny Tiny
[CD2]
1. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ / YEN TOWN BAND
2. Sunday Park / YEN TOWN BAND
3. 上海ベイベ / YEN TOWN BAND
4. ミルク
5. Junior Sweet
6. しましまのバンビ
7. タイムマシーン
8. やさしい気持ち
9. 光と私
10. Duca
11. あたしはここよ
12. 大切をきずくもの
13. 月と甘い涙
14. レモンキャンディ
15. キャラメルミルク
16. スカート
[CD3]
1. 初恋
2. みえるわ
3. 世界
4. ラブラドール
5. 片想い
6. kiss
7. ボクのことを知って
8. FANTASY
9. call me
10. あいしたいな
11. 才能の杖
12. 蝶々結び
13. せつなくてごめんね
14. 恋文
15. hug
[DVD]
『1994.11.11.Chara「Happy Toy Tour」in 武道館』

Chara『Naked & Sweet』通常盤
Chara
『Naked & Sweet』通常盤(3CD)

2016年11月16日(水)発売
価格:3,996円(税込)
KSCL-30032~30034

[CD1]
1. No Toy
2. Break These Chain
3. Heaven
4. Sweet
5. No Promise
6. 愛の自爆装置
7. 恋をした
8. PRIVATE BEACH
9. Violet Blue
10. あたしなんで抱きしめたいんだろう?
11. 罪深く愛してよ
12. いや
13. Happy Toy
14. Tiny Tiny Tiny
[CD2]
1. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ / YEN TOWN BAND
2. Sunday Park / YEN TOWN BAND
3. 上海ベイベ / YEN TOWN BAND
4. ミルク
5. Junior Sweet
6. しましまのバンビ
7. タイムマシーン
8. やさしい気持ち
9. 光と私
10. Duca
11. あたしはここよ
12. 大切をきずくもの
13. 月と甘い涙
14. レモンキャンディ
15. キャラメルミルク
16. スカート
[CD3]
1. 初恋
2. みえるわ
3. 世界
4. ラブラドール
5. 片想い
6. kiss
7. ボクのことを知って
8. FANTASY
9. call me
10. あいしたいな
11. 才能の杖
12. 蝶々結び
13. せつなくてごめんね
14. 恋文
15. hug

イベント情報

Chara
『Chara 25th Anniversary LIVE』

2017年1月22日(日)
会場:東京都 昭和女子大学人見記念講堂

プロフィール

Chara
Chara(ちゃら)

1991年9月21日にシングル「Heaven」でデビュー。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感で人気を得る。1997年のアルバム「Junior Sweet」は100万枚を超えるセールスを記録し、ライフスタイルをも含めた“新しい女性像”としての支持も獲得。一貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続け、今年デビュー25周年を迎える。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問