ニュース

羽生生純や花くまゆうさく参加の紙芝居フェスティバル『紙-1フェスタ'09』

紙芝居をテーマにそれぞれの独自の表現を繰り広げるイベント『紙-1フェスタ'09』が、3月1日に下北沢440で開催される。

同イベントはこれまで行われてきた『紙-1グランプリ』のスペシャル版として開催。『恋の門』の作者のマンガ家・羽生生純や、同じくマンガ家の花くまゆうさく、河井克夫、古泉智浩、大橋裕之に加え、落語家の川柳つくし、歌手の松倉如子などディープかつ個性溢れる出演者が予定されている。

過去の『紙-1グランプリ』では観客の投票で優勝者を決定するルールのもとで行われていたが、今回は勝敗をつけずにお祭りイベントとして楽しむことができるという。オフィシャルウェブサイトには「クラスの人気者とかではなく、隅っこにいる様な人に"紙-1"を知ってもらいたい」という目標が主宰のマンガ家・三本美治からの挨拶として掲載されている。

休日の下北沢で昼間から繰り広げられるユニークなイベント。少しでも気になった人は臆することなく足を運んでみてほしい。

『紙-1フェスタ'09』

2009年3月1日(日)OPEN 11:30 / START 12:00
会場:下北沢下北沢440

出演:
羽生生純
古泉智浩
田中六大
河井克夫
大橋裕之
川崎タカオ
花くまゆうさく
堀道広
キクチヒロノリ
松倉如子
川柳つくし

料金:前売・当日1,500円(別途1ドリンクオーダー)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)