ニュース

ビートニク文学の代表作『路上』がコッポラ製作総指揮で実写映画化、8月に日本公開

ジャック・ケルアックの小説『路上』を映画化した『オン・ザ・ロード』が、8月に東京・有楽町のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開されることがわかった。

1957年に発表された『路上』は、ボブ・ディランに「僕の人生を変えた本」と評されるなど、ヒッピーカルチャーなどの文化をはじめ、数々のミュージシャンや映画監督、アーティストたちに影響を与えたビートニク文学の代表作の1つ。

同作の映画化権を購入し、長年にわたって実現の機会を待っていたというフランシス・フォード・コッポラが製作総指揮を務め、コッポラが『モーターサイクル・ダイアリーズ』に感銘を受けたことからオファーしたウォルター・サレス監督がメガホンをとる。音楽は『ブロークバック・マウンテン』『バベル』などで知られるグスターボ・サンタオラヤ。

主人公のサル・パラダイス役には『コントロール』でイアン・カーティス役を演じたサム・ライリー、サルと旅に出るディーン・モリアーティ役にはギャレット・ヘドランドがキャスティングされているほか、クリステン・スチュワート、エイミー・アダムス、トム・スターリッジ、キルスティン・ダンスト、ヴィゴ・モーテンセンが出演者に名を連ねている。

※公開日を追記しました(2013年8月8日追記)

CINRA.NETでは、8月23日(金)18:30(開場18:00)から東京・ブロードメディア・スタジオ試写室(東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫2F)で行われる『オン・ザ・ロード』試写会に5組10名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年8月14日)

作品情報

『オン・ザ・ロード』

2013年8月30日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開
製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ
監督:ウォルター・サレス
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
出演:
サム・ライリー
ギャレット・ヘドランド
クリステン・スチュワート
エイミー・アダムス
トム・スターリッジ
キルスティン・ダンスト
ヴィゴ・モーテンセン
配給:ブロードメディア・スタジオ

(画像:©Gregory Smith)

『オン・ザ・ロード』 ©Gregory Smith
『オン・ザ・ロード』 ©Gregory Smith
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)