ニュース

小林聡美が犬たちの命を救う人々と出会う、映画『犬に名前をつける日』

映画『犬に名前をつける日』が、10月31日から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

同作は、2010年から犬の殺処分をテーマに1人で取材を開始し、これまでに『むっちゃんの幸せ 福島の被災犬がたどった数奇な運命』『生きがい 1000匹の猫と寝る女』といったドキュメンタリー番組を発表している山田あかね監督の作品。『犬に名前をつける日』は、ドキュメンタリー映像と山田監督自らが脚本を手掛けたドラマを融合させたドキュメンタリードラマとなる。

ドキュメンタリーパートは、動物愛護センターから犬や猫を救い出している人々や、東日本大震災後に置き去りにされた動物を保護している人々の活動を約4年間にわたって取材したという、200時間におよぶ映像から制作。ドラマパートでは、愛犬を亡くしたテレビディレクターの久野かなみを主人公に、犬や猫たちの保護活動を追う取材の中で揺れる心が描かれる。

主人公・かなみ役を演じるのは小林聡美。ドキュメンタリー『むっちゃんの幸せ 福島の被災犬がたどった数奇な運命』で福島の原発20キロ圏内から救い出された犬の「むっちゃん」の声を担当したことがきっかけで、小林の出演が決まったという。さらにキャストには、かなみの元夫役を演じる上川隆也、かなみを励ます先輩役を演じる映画監督の渋谷昶子が名を連ねている。主題歌にはウルフルズ“泣けてくる”、劇中音楽にはつじあやのが起用されている。

小林聡美のコメント

はじまりは、保護犬むっちゃんとの出会いでした。
横浜の老人介護施設で暮らすむっちゃんのドキュメンタリーで、私はむっちゃんの声をやらせてもらいました。
それがきっかけで、たくさんの保護犬、そしてかれらを助けようと奮闘する人々に出会いました。
ギリギリの命を全力で助ける人たちの情熱と行動力を目の当たりにして、私はただ圧倒されるばかりでした。
そうして助けられた犬たちは、私たち人間にまたいろいろな力や喜びをくれるのです。
どの犬もみんな幸せでありますように。

作品情報

『犬に名前をつける日』

2015年10月31日(土)からシネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督・脚本:山田あかね
主題歌:ウルフルズ“泣けてくる”
音楽:つじあやの
出演:
小林聡美
渋谷昶子
ちばわん
犬猫みなしご救援隊
上川隆也
配給:スールキートス

『犬に名前をつける日』 ©スモールホープベイプロダクション
『犬に名前をつける日』 ©スモールホープベイプロダクション
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)